「嫉妬心」とうまく付き合う、たった一つの方法

 by 南美希子

これだけは肝に銘じてほしい。 恋人を得ると同時に背負い込まなければならないのが、嫉妬という厄介な感情であるということを。 そう、本物の恋にもれなくついてくるのが嫉妬心なのだ。 だから、恋をするには相当の覚悟も必要なのである。 嫉妬心の湧かない恋はすでに朽ちてしまった恋か、疑似恋愛にすぎない。 そんなものはほとんど価値のないものなのであって時間の無駄にすぎないから、嫉妬心の 伴わない恋なんてものはさっさとゴミ箱に捨ててしまうべきである。

続きを読む

男性の7割がエッチしたくなる「秘密のスイッチ」?

 by Gow!Magazine編集部

クリックで詳細ページに 最近、彼氏がマンネリ気味で……。もしくは、いつでもOKで本当は強引に奪ってほしいのに、彼がじれったい奥手過ぎて……。そんなお悩みをお持ちの女性も多いのではないでしょうか。自分から好きになった弱みで我慢してきたけど、やっぱり大好きな彼にはいつでもオンナとして見られたいし、時にはガバッと力強く抱きしめて欲しい! でも、付き合っている相手が草食系ゆえに、付き合い始めた時よりも、キスやスキンシップの回数が減り、やがては「マンネリ」「セックスレス」という悩みに繋がってしまいます……。

続きを読む

本気で結婚したいなら合コンに行ってはいけない本当の理由

 by Gow!Magazine編集部

最近では相席居酒屋や気軽に出会えるBar、街コンや合コン喫茶店など、出会いに積極的な市場になっています。 でも出会いの場はあっても、なかなか結婚につながる相手を見つけるのは難しい……。 出会いの場へアクティブに参加できるあなたも、なかなか出会いの場に積極的に参加できないあなたも、もっと「結婚相手」を見つける確率を上げてみませんか?

続きを読む

ゴックン!女性が使うとオトコが喜ぶイヤらしい「擬音」10選

 by 佐々木英造

普段の何気ない会話のなかで、「あれ、いまなんかイヤらしく聞こえた」と思う言葉があると思います。その最たるものが擬音ではないでしょうか。 擬音とは、ある物音を言葉にしたもの。例えば、犬の鳴き声を「ワンワン」と表現したりするものです。なぜ擬音がイヤらしく聞こえやすいのかといえば、性的な表現に用いられることが多いからにほかなりません。意図的に使うことで、相手を興奮させることも可能です。 今回は、元No1.キャバ嬢で、男性心理にも詳しいナナミ・ブルボンヌさんに「女性が使うとオトコが喜ぶイヤらしい擬音」についてお聞きしました。

続きを読む

経験人数3桁は当たり前!?ゲイの赤裸々セックス事情

 by 鈴掛 真(すずかけ しん)歌人

こんにちは、歌人の鈴掛真です。5・7・5・7・7の短歌の作家です。 昨年から毎週連載してきた本企画も、早いもので30回目を迎えました。 今回はいよいよ、皆さんが最も気になるであろう『ゲイのセックス』についてお答えします! 詳しく知りたいけど、なかなか知る機会のない“同性愛”の話題。 【ゲイだけど質問ある?】では、オープンリー・ゲイの鈴掛真が、みなさんの気になる疑問・質問にお答えしていきます!

続きを読む

見抜かれてる!SNSの使い方で警戒されるのはこんなオンナ4選

 by 佐々木英造

SNSの普及により、興味のある人の環境について、知りやすくなったところがあります。どこに行って、どんな人たちに囲まれているのかなど、生活スタイルがリアルに伝わってきます。 好意のある男性に自分をアピールするのにも使えますが、見ている側は、それを素直に受け止めているわけではありません。男性はその裏に隠された危険性を素早く察知します。そして、自分に降りかからないよう距離を置こうとします。 今回は、元No1.キャバ嬢で、男性心理にも詳しいナナミ・ブルボンヌさんに「SNSの使い方で警戒されるオンナ」についてお聞きしました。

続きを読む

コーヒーを高く売る戦略!スターバックス型婚活テクニック

 by マツタヒロノリ

「もうアラサーだから夢も見てられないし、早いとこ適当な男みつけて結婚しなきゃ!」なんて焦って、自分を安売りしてはいませんか? そんな発想では幸せな結婚は遠ざかるばかり。 変な男を捕まえてしまい、後悔するのが目に見えていますよ。 自分の値打ちを高めて本当にイイ男をゲットする方法は、『スターバックス・コーヒー』の販売戦略が参考になります。

続きを読む

猛威を振るうウイルス…風邪を引いた彼をお見舞いする心得

 by ハラカナエ

インフルエンザやノロウイルスが、猛威を振るう季節になって来ました。国立感染症研究所が「今年のインフルエンザウイルスは、タミフルなどの抗ウイルス薬に耐性を持っている」と発表していることから、爆発的な流行も予想されているのだとか。 手洗いうがいで予防を心掛けるほかありませんが、彼が風邪をひいたと聞いて、思わず「チャンス!」と思ってしまうのは、乙女心ではないでしょうか? 体調を崩した彼を看病し、好感度を上げようという気持ちはよく分かりますが、そこには危険な落とし穴が潜んでいるようです。

続きを読む