これは「ブラハラ」だ!B型が世間の偏見に物申したいこと6選

 by かぎあな

性的嫌がらせを指す「セクハラ」、上司などから受ける「パワハラ」、体臭に対する「スメハラ(スメルハラスメント)」まで、様々な嫌がらせがあるハラスメント。そのなかの一種で血液型への偏見からくる「ブラハラ(ブラッドハラスメント)」をご存知だろうか?  自他共に認めるブラハラの被害者であるB型が、世間に向けて「こんなのただの偏見だ!」と言いたいことをまとめてみた。

続きをヌむ

「他の男に渡したくない!」彼が手放さない“モテ膣”の作り方

 by Gow!Magazine編集部

エッチの時、どんな言葉をかけて貰ってますか? 「可愛いね」「好きだよ」など、エッチ中の彼からの言葉は、なによりも愛おしさを感じてしまうのではないでしょうか。 でも、エッチ中に「気持ちいいよ…」と褒められているうちは、実は彼がまだまだ余裕がある状態。言葉では「気持ちいい」と言っていても、実際は“余裕の顔”をしている男性も少なくありません。 そんな理性的な彼でも、「あれ、今日ヤバイ…」「もうイキそう…」「動いちゃダメ!」などと言わせてみたいですね。

続きをヌむ

男性の7割がエッチしたくなる「秘密のスイッチ」?

 by Gow!Magazine編集部

クリックで詳細ページに 最近、彼氏がマンネリ気味で……。もしくは、いつでもOKで本当は強引に奪ってほしいのに、彼がじれったい奥手過ぎて……。そんなお悩みをお持ちの女性も多いのではないでしょうか。自分から好きになった弱みで我慢してきたけど、やっぱり大好きな彼にはいつでもオンナとして見られたいし、時にはガバッと力強く抱きしめて欲しい! でも、付き合っている相手が草食系ゆえに、付き合い始めた時よりも、キスやスキンシップの回数が減り、やがては「マンネリ」「セックスレス」という悩みに繋がってしまいます……。

続きをヌむ

女子会の時短テク!ノロケ話を聞き流すときに使えるフレーズ6選

 by 餅月かおる

友人から「恋愛相談があるの……」と、深刻な雰囲気で呼び出されたと思ったら、なんてことはない、最近お気に入りの男とのノロケ話。「どうしよう、ねえ、どう思う?」とは言うものの、とくに相談ごとはないようです。こういう話は真剣に聞くだけ時間のムダ。しかし、無碍にするのは大人気ない。 そこで、友人のノロケ話を聞き流すときに便利なフレーズをご紹介します。

続きをヌむ

もう貧乳とは言わせない! 効果的にバストアップする方法

 by Gow!Magazine編集部

 胸の小さい人にはさまざまなメリットがあります。肩がこらない、洋服をスマートに着こなすことができるなど、胸の大きな人からしてみればうらやましいと思うことも多いのです。しかし、女性に生まれたからには、やはり豊かな胸に憧れてしまいますよね。特にビキニを着るときは胸が大きくなければかっこよく着こなすことはできません。そこで今回は、自宅で手軽にできるバストアップ法をご紹介します。

続きをヌむ

アラサー女子に垂れ乳警報を緊急発令! あなたの胸は大丈夫?

 by 森和世

ビューティーヨガニストの森和世です。 若い頃は全く気にしなかったけれど、近ごろ胸のハリがなくなったような……。最近、そんな声をよく耳にします。 ということで今回は、アラサー女子に?垂れ乳警報?を発令して、ハリのあるバストをキープできるエクササイズをご紹介します。 とはいえ「私には関係ないし……」と、まだ自身の身体の変化に実感が持てない人も多いのではないでしょうか? そこでまず、20代後半から約10年間の間に起こるであろう、ボディラインの変化をお伝えしておきます。

続きをヌむ

彼氏が途切れないモテ女になる秘訣3

 by 南美希子

世の中にはなぜか恋人の途切れない幸運な女性がいる。なぜ彼女たちは、あんなよい思いができるのか?とびっきり強運な星のもとに生まれてきたからだろうか? いや、そうではない。 大きく言って3つの理由があるのだ。

続きをヌむ