“恋わずらい”は薬物中毒と同じ!?知られざる恋煩いの魔力とは

 by つん子

恋煩い【恋わずらい】それは、誰かを好きになったことによって、まるで病気にかかったような症状が出ること。いわば“恋の病”。 彼のことを考えると、食事も喉を通らず夜も眠れない……ちょっとしたことで舞い上がったり、落ち込んだり……。 いったい何故、恋をするとこんな症状が現れるのでしょうか? その秘密は、なんと“脳内麻薬”にありました!!

続きをヌむ

【カナウ】日本最大級の無料占い&コラムサイトがオープン!

 by Gow!Magazine編集部

命短し恋せよ乙女……使い古された言葉ですが、いつの時代も女性にとって「好きな人と結ばれること」「愛する人と結婚すること」は、最重要課題です。 だって、オンナですもの。幸せになりたいじゃないですか! 女性としての魅力を存分に認められて、好きな男性から可愛がられて、いつも愛に包まれていたいですよね。 そんな、女性たちの恋愛と結婚の願いを叶えるサイトが、遂にオープンしました。 その名も……【カナウ】!

続きをヌむ

結局女子力を磨いている女性が結婚していく事実と向き合う

 by トイアンナ

こんにちは、トイアンナです。いきなりですが「女子力」という言葉には自己研鑽というより、やや押しつけがましい響きはありませんか? 特に人から「もっと女子力磨いたら?」なんて言われるとムっとくる方も多いはず。 ちょうど先日、朝日新聞の調査で「女子力」という言葉に対するイメージ調査が行われました。その結果は「男性にとって都合の良いもの」「耳にする度、イライラする」と否定的なコメントだらけ。むしろ女子力をポジティブに使う人って残ってるのかしら、ってくらいのインパクトでした。 女子力からイメージされる家事能力やおしとやかさは男女平等をうたう私のような人間から見ると超前時代的。女子力が悪い…

続きをヌむ

ダメ男に引っかかって失う一番大きな資産は「友達」です!

 by トイアンナ

こんにちは、トイアンナです。昔は「人脈を広げる」という言葉がちょっと苦手でした。相手を利用するためだけに出会いを増やしているような自己中さを感じたわけです。 それから年を取って私もふてぶてしくなり「互いに付き合って良さのない相手なら友達とは呼べないわな」と思ってからスッキリした覚えがあります。特に昔から付き合いのある友人は貴重。腹を割って話せる相手はお金に代えがたい資産です。 で、友人という資産は溶かすのも簡単です。年月がたつとライフスタイルに差が出てきますし、そこで「やっぱり合わないかも」と疎遠になってしまうこともあれば、「この子、こんなヤバい子だっけ」とドン引きの上、静かに…

続きをヌむ

結婚の憧れも吹っ飛ぶ…挙式前に起きてしまった悲惨なトラブル

 by 柚木深つばさ

パーマの失敗で結婚式が台無しになった、というニュースがネット上で話題になっています。なんでも高松市の女性が3回に渡り、県内の美容室でパーマを受けたところ、毛先から25センチ以上がチリチリに。やむなく15センチ分、髪の毛を切らなきゃいけない状態になってしまったのだとか。 これに対し、女性は結婚式を控えており、お色直しの計画を変えざるを得ないとして、美容院に約490万円の損害賠償を求めているよう。挙式前のトラブルが裁判に発展してしまう、なんとも悲惨な事件ですが……。結婚式は一生に一度のイベントだけに、その分こだわりが強い女子も多いのでは? 今回は、そんな不幸にも挙式前に起きてしまっ…

続きをヌむ

これさえあれば夜は満足♪イケメンに襲われ放題の無料マンガ特集

 by Gow!Magazine編集部

みなさんは“TL”というジャンルをご存じですか? TLとは『ティーンズラブ』の略で、少女マンガでありながら、セックスシーンが大胆に描かれているコミックのことを意味します。 「ティーンズってことは、オトナが読んでもつまんないんでしょ?」とあなどってはダメ。 王子様みたいなイケメンキャラが強引に押し倒してきたり、昼ドラさながらの泥沼展開になったり……むしろアラサー女子の心をわしづかみにするオトナ要素が満載なんです!! 今回はそんなTLコミックの中から、全巻無料で読めるオススメ名作をご紹介しましょう☆

続きをヌむ

初セックスでびっくり! アソコの毛のドン退きパターン5つ

 by Gow!Magazine編集部

お互いがセックスを楽しむためにもアンダーヘアの処理は重要なポイント。日本人にはアソコの毛を整える習慣があまりありませんが、欧米やヨーロッパでは身だしなみと同じように考えられています。今回は男性読者に、女性とのプレイでドン退きしてしまったアンダーヘア体験を聞いてみました。

続きをヌむ

くう!やられたい!思わず惚れる肉食系アプローチ8選

 by フランクひらがな

女性の肉食化が進む昨今、「やっぱり、肉食系のアプローチをしてほしい」というのがアラサー女子の本音。 とくに、まだ付き合ってない曖昧な関係の時には、肉食な誘い文句に思わず落ちてしまったという意見も多く聞かれます。 そこで女子会で話題にのぼった「こんな風に迫られたらやばかった」、「あのアプローチは惚れちゃった」という体験談をご紹介します。

続きをヌむ