ダメ男に引っかかって失う一番大きな資産は「友達」です!

 by トイアンナ

友達を失う

こんにちは、トイアンナです。昔は「人脈を広げる」という言葉がちょっと苦手でした。相手を利用するためだけに出会いを増やしているような自己中さを感じたわけです。

それから年を取って私もふてぶてしくなり「互いに付き合って良さのない相手なら友達とは呼べないわな」と思ってからスッキリした覚えがあります。特に昔から付き合いのある友人は貴重。腹を割って話せる相手はお金に代えがたい資産です。

で、友人という資産は溶かすのも簡単です。年月がたつとライフスタイルに差が出てきますし、そこで「やっぱり合わないかも」と疎遠になってしまうこともあれば、「この子、こんなヤバい子だっけ」とドン引きの上、静かに絶縁されることもあります。

友人をドン引きさせ、あなたから遠ざけてしまう行為の代表例が「ダメ男とグズグズ付き合い続ける」ことです。

不幸から抜け出そうとしない人から、幸せな人は離れていく

もう完全にハラキリのつもりで話しますが、かつて生活費を貢いだ上に浮気された相手と別れきれず、グズグズ友達へ愚痴を言いながら1年ほど関係を続けてしまいました。最初は笑顔で聞いてくれていた友達も数か月で「またその話か」感が漂うように……。

相談させてくれた友人には感謝してもしきれませんが、結果として何人もの友達を失う結果になりました。そりゃ、「いくら私が別れろと言ってもクズ男を手放さず、何度も愚痴を繰り返す人間とは一緒にいたくない」と思うよな、と今になっては思います。

それが当時は「友人にさえ話を聞いてもらえればまだ堪えられるから大丈夫」なんていうバカアホ間抜け、聞いてる側の身にもなってみろ!な考え方をしていたのです。その行為が友人という代えがたい資産を溶かしているとも知らずに。

友達を溶かさぬよう、私の屍を越えてゆけ

ずっと彼氏の愚痴を言っているのに別れない、やっと別れたと思ったら次もクズ男を捕まえる、別れると言うばかりで行動しない……全部昔の私ですが、そういう人の愚痴を聞くのは苦行です。何度も同じ映画を見させられて感想を求められるようなもの。「もういいから続編をはよ出せ」と聞いてる側は思っています。代わり映えのしない恋愛相談は、仕事でもなきゃやってられないストレスを友達へ与えているのです。

ですからダメ男と過ごすことで失う一番の財産はあなたの時間でもお金でもありません。友達です。将来幸せな恋愛を手に入れたとき祝福してくれるはずの友達を「聞いて、また彼が浮気してたの」とLINEするたびに失っています。





【PR】急な出費で今月ピンチ!!

今からでも間に合う! 彼の愚痴はSNSへ放流しよう

ここまで読んで「やばい」と思った方もいらっしゃるかもしれません。でもそこで「ダメ男とも別れられないし、友達にも迷惑をかける私なんて」と自己卑下することはありません。人生ちょっとつまずくこともあります。人に頼りたいときもある。この恋愛沼さえ抜けたら原っぱが広がっているかもしれないんだから、沼の中で諦めなくても大丈夫。

友達にLINEで愚痴る代わりに匿名のSNSで流しましょう。愚痴を見知らぬ世界で放流している限りは、いくらクズ男と付き合おうが友達は減りません。「最近どう?」と友達に聞かれても「あまり進展がないから、また何かあったら話すね。いつも気にかけてくれてありがとう」と返せばOK。

たまに、愚痴を聞くことを生きがいとする友達もいます。しかしこれはメサイア・コンプレックスといって「不幸な人を助けることで自分は幸せだと信じたい」というゆがんだ感情から来るもの。相談しなくなったことで疎遠になる友達が万が一いたとしても、相手の方が病んでいた可能性すらあります。

将来幸せな恋愛をしたい、結婚式に来てほしい友達がいる。それなら、まずは友達へ「これまで気にかけてくれてありがとう」と伝えてみましょう。そしてこれからの愚痴はSNSへ。最後に、匿名のSNSへ流すときは個人情報やプライバシーが漏れないよう気を付けてくださいね。あなたの友情にグッドラック!

婚活戦略バックナンバー

●第40回目 なぜモテる?日本人が国際結婚に向いている残酷な理由
●第39回目 別れる力こそ結婚に必要!結婚できない女性はダメ男と別れない
●第38回目 それ、結婚できなくなるよ!合コン後の反省会が楽しみな女子
●第37回目 バツイチ男子は優良物件!見逃して婚活を終えることなかれ
●第36回目 結婚に必要なのは「焦り」じゃなくて「覚悟」です

トイアンナプロフィール


外資系企業で消費者インタビューを数年経験後、ライターとして独立。
500人を超えるヒアリングの結果からバリキャリ女子の楽しさも悲しさもぎゅっと詰め込んで文章にしています。現在はアラサーの恋愛とキャリアを中心に多くの媒体で連載中。


●ブログ | トイアンナのぐだぐだ

Written by トイアンナ