狙い撃ち!男がエッチのときに刺激して欲しい部位はココ!

 by 佐々木英造


エッチのとき、男性が責めで女性が受けというのが、一般的な構図です。これがときおり入れ替えられ、充実したセックスになっていきます。

さらにもっと高めていくためには、お互いがどこを刺激されると気持ちいいかを伝える必要があります。でもそれは、女性には言えても、男性はプライドが邪魔をしてなかなか言い出しにくいもの。なので女性はそれを察し、的確な部位を刺激してあげましょう。

今回は、男性のカラダや恋愛事情に詳しい看護師の大木アンヌさんに、「男が言いたくても言えない本当は刺激して欲しい部位」をお聞きしました。

男が言いたくても言えないエッチのときに刺激して欲しい部位

■1:乳首

「ここは、男性からもかなり人気の高い部位です。乳首は刺激したいし、自分もされたいと思っています。乳首は男女ともにとっても敏感な部分なんですね。

刺激の仕方は簡単です。相手がやるのと同じようにすればいいだけ。相手がしている行為が、して欲しい行為だと思ってもらって構いません。強めだったり弱めだったり、焦らしてみたりと、相手の愛撫をよく観察して試してください」


■2:耳

「これもまた、とても感じやすい部分です。ふっと息を吹きかけてみて、カラダがビクッと反応するようなタイプの男性は、きっと好むはずです。

耳への愛撫は、触れた感覚だけでなく、音からの刺激も与えることができます。舌で舐めたときの、ピチャピチャッと唾液が混じるような音が耳を通ってダイレクトに脳に届き、カラダを震えさせます」


■3:裏筋

「裏筋というのは、陰茎の裏側のことです。亀頭ばかりに意識が向きがちですが、男性はこの部分の刺激を求めています。陰嚢から裏筋にかけての愛撫は、亀頭よりも気持ちいいと言う人もいるほど。

方法としては、舌の平でなぞるようにおこなってください。両の玉を弄んでもいいでしょう。ただ気をつけて欲しいのは、あまり刺激を強めないこと。やはり男性の急所でもあります。あまり刺激が強すぎると我に返ってしまうので注意しましょう」


■4:アナル

「ここは、好きな人も嫌がる人もいる極端な部分です。そんな汚い部分を舐めて欲しくないと思う人と、汚い部分を舐めさせていることに優越感を覚えるタイプの人がいます。

どっちのタイプかを見極めるには、さりげなく指で刺激してみることです。抵抗を示さないようであれば、もう少し責めて様子を見ましょう。問題なさそうであれば、脚を広げるなり、四つ這いにするなりして、舐めてあげてください」


■5:背中

「背中は多くの人がないがしろにしてしまう部位です。しかし、背中はカラダのなかでもっとも面積の大きい箇所でもあります。となると、感じるポイントも多いということになります。

背中を爪や指先でなぞってみてください。そのうちどこかに強く反応を示す部分が見つかるはずです。それは、本人も認識していなかった部分である可能性もあります。このように探求心を持って、カラダを開発していってあげてください」



いかがでしたか?

こうしたポイントを、相手の表情や反応を見ながら責めてあげてください。また、同時に数箇所を責めるのもありです。多点責めで脳を混乱させましょう。次第に意識が遠のき、快感に身をゆだねるはずです。たまには女性が主導権を握るようなセックスも、いいものですよ。


【取材協力】
※大木アンヌ・・・ルーマニア人ハーフの看護師。家庭や恋人同士で使える簡単な医療の知識を少しでも伝えていくため、ライターとしても活動中。

Written by 佐々木英造