「他の男に渡したくない!」彼が手放さない“モテ膣”の作り方

 by Gow!Magazine編集部


エッチの時、どんな言葉をかけて貰ってますか?

「可愛いね」「好きだよ」など、エッチ中の彼からの言葉は、なによりも愛おしさを感じてしまうのではないでしょうか。

でも、エッチ中に「気持ちいいよ…」と褒められているうちは、実は彼がまだまだ余裕がある状態。言葉では「気持ちいい」と言っていても、実際は“余裕の顔”をしている男性も少なくありません。

そんな理性的な彼でも、「あれ、今日ヤバイ…」「もうイキそう…」「動いちゃダメ!」などと言わせてみたいですね。

アソコに自信が無かったのに「じっとしてて」と言われるほどに!


そういえば、「相性が良すぎ!」なんてセリフも言われたことがありません。もしかして私のアソコってユルイのでは…!?

そんなふうに心配している女性は、実は少なくないようです。LCラブコスメのアンケートによると、「自分の『アソコの締まりに自信がありますか』という問いに対し、「NO」と答えたのは53%。

●「正直自信がありません。彼に『もっと締めて』って言われてしまってから、さらに自信がなくなり、エッチの回数が激減しています」

●デスクワークが多く、さらに出産を経験したので、もう締まりには自信がありません…!

●混雑中のトイレでは尿意との戦いです。膣圧がゆるくなってきたのか、気を抜くと尿漏れすることも…

一方、アソコの締りに自信を持っている女性は約21%で、「付き合ってきた男性に『やばい』と言わせなかったことがありません」「中に挿れると『締まる』と言われる」など、彼に頻繁に褒められているケースが多いようです。


できれば愛している彼には「お前のアソコ、たまらなく気持ちいい!」「他の男に渡したくない!」なんて思われたいものですよね。

約5割の女性が「アソコの締りに自信が無い」と回答した女性のなかで、アソコの締りケアをいち早く取り入れた女性たちもいます。アソコに悩める女性たちも「ある方法」で、男性に「この子との相性ヤバすぎ!」「すごい、気持ち良すぎ!」を言わしめるほどの「モテ膣」になったそうです。その一部をご紹介いたします。

続きはこちら







【PR】急な出費で今月ピンチ!!

Written by Gow!Magazine編集部