あなたの彼氏は大丈夫!?ヒモ男予備軍が取りがちな言動4つ

 by 佐々木英造


自分では働かず、彼女にお金をせびり、養ってもらおうとするヒモ男。どうしてそんな人を好きになるのだろう、と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

確かに、初めからヒモ丸出しで近づいてくる男性のことは、よっぽど他に良い所でもない限り、好きにはならないでしょう。しかし彼らのほとんどは、決して最初からヒモ男だったわけではありません。真面目そうな人だったのに、化けの皮が剥がれていくのです。

それでは、どうすればヒモ男を見極めることが出来るのでしょうか。今回は、そんな潜在的ヒモ男をチェックするために、彼らが取りがちな言動についてご紹介いたします。

ヒモ男が取りがちな言動チェックリスト4つ

■1:結婚をほのめかす言動を頻発

女性にとって、結婚はとても神聖なもの。交際する彼氏とは、結婚前提で付き合っているという方がほとんどなのではないでしょうか。
そんな女性の結婚観を利用するのが、ヒモ男の手口です。

「結婚したら財布は一緒じゃん?」という言葉には要注意。
これが出てきた時点で、“ヒモ男度”は急上昇。かなりブラックになったと言ってよいでしょう。

ヒモ男は、女性が結婚をいかに重要視しているかを知っています。その上で、結婚をちらつかせれば大抵のことは許されると考えているのです。
結婚するとなるとお互いのお金は共通の財産になります。そのことにつけ込んで、徐々に彼女のお金を使えるようにしてしまおうという魂胆です。


■2:財布を頻繁に忘れる

一度や二度なら、誰しもにある失敗です。次に会ったときにでも、貸したお金を返してもらえばよいでしょう。
しかし、それが頻発するようならば要注意。

彼氏が何度も忘れて、あなたが何度もお金を貸しているうちに、「彼氏にお金を貸す」という行為が常習化してしまいます。これではヒモ男の思う壺です。
ヒモ男は、あなたの「お金を貸すことへの抵抗」をなくすために、虎視眈々と財布を忘れているのです。


■3:車の免許を持っていない

男女が車で出かけています。どちらが運転している姿を想像しますか?
一般的には「男性が運転している」と答える方が多そうです。

それでは、食事のお会計は、どうでしょう。
こちらも、ほとんどの場合は男性が支払う場面を想像するのではないでしょうか。

このような、世の中に一般的な価値観として根付いている男女の役割を覆したいのがヒモ男のホンネ。
もしもあなたが車を運転してでかけていると、そのまま会計の価値観まで徐々にひっくり返り、ゆくゆくはお会計まで支払わされかねません。
中には、本当は運転免許を持っているのに、この逆転の価値観を根付かせるためにわざとウソを付いているヒモ常習犯もいます。注意しましょう。


■4:基本的にどんぶり勘定

彼氏を含めた数人で飲みに出かけたときなど、みんなでお金を出し合う機会があれば、彼氏のお会計をチェックしてみましょう。
基本的にどんぶり勘定な男性には、注意が必要です。

多めに支払っていると、なんだか男らしいような気がしてしまいます。しかし、それはただ雑なだけ。
お金に細かすぎる男性もイヤですが、どんぶり勘定ばかりでも、それはお金にだらしないだけで、いつでもヒモ男に豹変する素質を秘めていると言えます。

気付いてからでは遅い、ヒモ男の罠

売れないバンドマンや芸人など、夢を追いかけているお金がない男性がヒモ男の典型だったのは、とっくに昔の話。
いまでは、会社員など普通の職業の男性が急に仕事を辞めてヒモ化するケースが増加しています。

そんな長年連れ添っていた彼氏がヒモになってしまった場合、情が湧いてしまっており、どうしてもスパッと別れられなくなってしまいます。これがダメンズにハマってしまう女性の心理です。

相手の男性がヒモ男だとわかってからでは遅いのです。新たな男性と付き合い始めたら、きちんと相手のヒモ度をチェックしておく必要がありそうです。

佐々木英造プロフィール


佐々木英造
ネットや実話誌などで執筆をするライター。趣味はゲームやネットなどかなりのインドア派。ひきこもりから一転、人間関係を学び、コミュニケーションデザイナーとしても活動を始める。

Written by 佐々木英造