夏と言えば、何を思い浮かべますか?
まばゆい日差しと、揺れる蜃気楼、アスファルトに染み入るセミの鳴き声。
涼しげな風鈴の音が聞こえてきそうな夏の風景ですが、何か忘れていませんか?
そう、恋です。「ひと夏の恋」という言葉もあるほど、恋はもはや夏の風物詩と言っても過言ではありません。

そんな欲望が開放的になる夏。せっかくですから、今しかできない熱〜い経験をしたいものですよね。
そこで今回は、恋の始まりともいえるキスから、夏だからこそオススメしたい興奮度MAXのシチュエーションや方法をご紹介いたします。

 

せっかくの夏だから、欲望を解放させたエロいキス4つ

 

■1:ひんやりエロく「氷の口移しキス」

うだるような暑さを解消してくれる、夏の風物詩の一つでもある清涼アイテム「氷」。
ドリンクにいれてクールダウンさせたり、そのまま口に含んだりと、夏場に大活躍しますよね。

この氷、口に含んだまま口移しをすると、とってもエロい!
口の中の温度によって氷が溶けてゆき、それがキスのたびにひんやり唇を濡らすと、何とも言えない高揚感に包まれます。
また、氷を含んだまま舌を絡めると、温度差からいつも以上に彼の体温を感じることができます。
氷が完全に溶けてなくなるまで、濃厚なキスになること間違いなしです。

ちょっとエッチで、普段はなかなか言い出せない願望かもしれませんが、暑さにまかせた勢いで、大胆にチャレンジしてみましょう。氷を口に含んだ拍子にキスをして、有無を言わさず口移してみてはいかがでしょうか。

ただし、潔癖症に口移しは厳禁。相手をドン引きさせてしまわないように、性格をしっかりと見極める必要があります。お互いを熟知した、ロングカップルにオススメの夏キスです。

■2: 背徳感が癖になる!「お祭りでこっそりキス」

花火大会に、海に、バーベキューに、夏は大勢の人たちでわいわい楽しむイベントが盛りだくさんですよね。
そんなたくさんの人が集まるイベントの中でも、特に「お祭り」でオススメしたいキスがあります。

まず重要なのが、二人だけでなく、よりたくさんの友人を連れていくということ。
お互い普段着ることのない浴衣姿を見せ合ったら、二人だけ抜け駆けして、人気の少ない場所へ……。
そこでひっそりと唇を交わしましょう。
秘め事を共有している背徳感と、「もしも知り合いに見つかったら!?」という緊張から、普段は味わえない興奮を得られること間違いなしです。

付き合いたてでも手軽に実践できるため、特に若い学生カップルにオススメの夏キスです。

■3:真夏の火遊び「ワンナイトキス」

夏の定番デートと言えば、海。
きらめく水面や沈む夕日など、綺麗な景色を恋人と眺めながらのキスというのも、ロマンチックで良いものです。
しかし、今回オススメするのは、夏の解放感に乗っかり、本能のままに突き進む「ワンナイトキス」。
さっき会ったばかりの人とキスをしているという非現実的なシチュエーションが、普段は味わえない刺激を運んでくれます。

高い気温や、広く開放的な場所は、人間の本能もオープンにすると言われています。まさに真夏の海は、そんな突発的な火遊びにぴったりの場所なのです。ビーチでナンパされた際など、頭ごなしに断らず、思い切って応えてみてはいかがでしょうか。

■4:ぎりぎりのせめぎあい「キスマーク」

唇で相手の肌を吸い、赤く小さな斑点を残す「キスマーク」。
自分のキスで相手の身体にしるしをつけられる快感から、ひそかな愛好家が多くいます。
衣服で隠れるスペースの多い冬につけがちですが、肌の露出が増える夏だからこそ、見えるか見えないか、ぎりぎりのラインにキスすると、スリリングで興奮度が高まります。

ふしだらに見えてしまい、生活に差支えが出てしまうことには注意しなければならないキスマーク。長期休みの多い夏は、これまでキスマークをつけ合ったことのないカップルが試してみるのに適しているとも言えそうです。

 

せっかくの夏、もっと自分を解放させましょう!

 

いかがでしたか?

今回ご紹介したキスの中には、恥ずかしかったり、抵抗があったりと、人によっては自制してしまいそうなものもありました。

しかし、せっかくの夏です。少しくらいハジけたって、良いじゃありませんか。
普段は大人しく控えめなキスばかりしているあなたも、今回の記事を参考に、是非情熱的な熱いキスに挑戦してみてください。

 

佐々木英造 バックナンバー

 

あなたはどっち?「キスしたい女」「セックスしたい女」チェック
結婚して後悔!離婚経験者だけが知る意外なチェックポイント4つ
セックスしたのに!彼があなたと会った後すぐにひとりでする理由
名前も住所も嘘だった!他人事じゃない、彼氏の仰天ウソ6選!
本当はアナタと付き合いたい!?男子がワンナイトラブを誘う心理

 

佐々木英造プロフィール

 

佐々木英造
ネットや実話誌などで執筆をするライター。趣味はゲームやネットなどかなりのインドア派。ひきこもりから一転、人間関係を学び、コミュニケーションデザイナーとしても活動を始める。
Written by 佐々木英造

オトナ】の最新記事
  • いつまでも愛される女に!彼の“エロスイッチ”を入れる方法とは?
  • ああ、エロくて最高……♡ 女性が思わず男性に見とれる瞬間
  • 色っぽい女になりたい!秘めたエロさをまとうには?
  • 女性が男性に対してエロいと感じる仕草・言動
  • もしかしてエッチしたことないの?童貞を見抜くチェックポイント
  • むっつりスケベはここで見極めろ! 男女それぞれの特徴
  • バレてる!日常生活のところどころににじみ出る性癖の特徴
  • 「エロい」と「セクシー」の境界線を学ぼう!男性が好きなのはどっち?