「女は愛されて綺麗になる」そんな言葉をご存じでしょうか? 恋愛において、相手の愛情を一身に受け“愛されている”と実感する。女性にとってこれほどの喜びはありませんよね。“もっと愛されよう”と美にも磨きがかかり、綺麗になることにも繋がるでしょう。

しかし本当にそれだけが女性の幸福でしょうか? 今回は、いわゆる「愛される恋愛」をしてきたKさん(28歳女性)のエピソードを通して、女性を本当に幸せにする「愛する恋愛」について考えてみましょう。

 

勇気を出して心のドアを開くきっかけが……

 

 私はこれまで恋人と長く付き合った経験がなく、最長でも1年半。原因がどこにあるのか自分ではわかりませんでしたが、そもそも知らない他人同士が分かり合うなんて不可能だと思っていた私は深く考えることもしませんでした。

 別れる時はそれなりに心が痛みましたが、「どうだっていいや」と強がってその悲しみを蔑ろにするような恋愛を続け、気持ちはいつもどこか寂しかったのを覚えています。

 そんな私を変えたのは当時付き合っていた彼氏です。これまでの人も私をとても大切にしてくれていましたが、彼ほど本当に私を思って接してくれた人はいませんでした。

 “大事にしたい”初めてそう思える相手が出来たのに、私はどうしても素直になることが出来なかったのです。もし、またすぐ離れて行ってしまったら? そう思うとすべてを見せることが怖くて、予防線を張り、いつ嫌われてもいいように彼を蔑ろに扱いました。

 それでも、彼はそんな私を「泣いたっていいんだよ。ツラいなら、時には逃げたっていいんだよ」と優しく包んでくれるのでした。私はそのたびに、申し訳なくて胸が空っぽになるような思いでした。

 そんな頃、仲間うちで「当たる!」と話題になり流行った占いがありました。それがメール占い「開運の言霊」です。

 まさかその出会いが私の価値観を大きく変えることになるなんて思いもしませんでした。みんなと一緒になって試した占いの返信メールは次の日すぐに届きました。

 遊びのつもりだったのですが、その占い結果がこれまでの私の性質をピタリと言い当てたのです! 本当に驚きました。そして、もちろん現在の彼との関係も占い師さんはお見通しでした。

 傷付くことを極端に怖がっていた私に占い師さんは、「初めから“傷付かない恰好のいい大人”になんてなれません。まずは怖がらずにその心のドアを開けることが大事です」とおっしゃり、さらに、「あなたが一歩を踏み出せば、彼と本当の絆を結ぶことが出来るでしょう、勇気のでる方法をお伝えしますね」とアドバイスをくれました。

 私はそのアドバイスに従い、勇気を出して心のドアを開けようと決意。その時、これまでの“嫌われたくない傷付きたくない”という「愛されたい」恋愛から、彼を真剣に「愛したい」という恋愛に変わっていることに気付いたのです。

 自分を曝け出して彼を愛せるようになるまでまだまだ時間はかかるかもしれませんが、相手の幸せを願う事それこそが【本当の幸福】なんだということに気付くことができました。それを教えてくれた占い師の先生には心から感謝しています!

 

なぜか恋愛がうまくいかないときはご相談を……

 

 「愛すること」が本当の幸福だという事に気付いたKさん。現在も当時の彼氏と幸せな日々を送っているそうです。本当によかったですね。皆さんも、なぜか恋愛がうまくいかないと感じた時は一度メール占い「開運の言霊」に相談してみてはいかがでしょうか?
きっと素敵な明日へ進むための確かな道しるべになることでしょう。

【関連サイト】あなたも本当の幸福を掴める⇒メール占い「開運の言霊」

 

関連コラム

 

本当にツライ失恋から立ち直れる2つの方法とは?
30歳まで絶対結婚…崖っぷち女子が幸せを手にした方法
不倫相手の奥さんに嫉妬…ツラい恋から得た「本当の幸せ」
「運命の人」の見極め方…忘れていた気持ちが生んだ奇跡
Written by Gow! Magazine編集部/PR記事
Photo by A Vahanvaty (改変 gatag.net)

pickup!
恋愛】の最新記事
  • 夢見すぎ? 高く持っていていい理想と、持ってはいけない理想とは?
  • 背徳感は、蜜の味? 背徳感いっぱいの恋愛経験
  • 好きだと勘違いされた!正直、困る勘違い男への対処法
  • 現役東大生ライターに聞く! 年下男子が夢中になる大人女子とは?
  • 思わず赤面!アンダーヘアにまつわる恥ずかしい体験談5選
  • 幸せな結婚をしたいなら!自分の欲望に正直になろう
  • 「優しい」とはちょっと違う。女性から見た本当の男性の優しさ
  • 彼氏から「距離を置きたい」と言われた。正しい対処と思考方法