おひとり様などと言う言葉を耳にするようになってから、独身でいることが何となく気楽になってしまったという女性も多いのではないでしょうか。

 

おひとり様こそ実践すべき3つの習慣

 

 一人カラオケ、一人飯、一人旅行。一人で楽しめることがこの世にはあふれています。結婚をしなくてもそれなりの収入があって自分のやりたいことができる時期はもちろん限られていますから、楽しみたいというのもわかります。

 ですが、気付いた時にはすでに婚期を逃していたなんてことも少なくありません。
おひとり様を楽しむのはとても素晴らしいことだと思いますが、おひとり様の期間を延ばさないためにも、今すぐできることは始めていくのもいいと思いませんか?

●その1:男性と2人きりの時間を作る
 ひとりが楽になると、男性はおろか友達ともなかなか会わなくなってしまうこともあるようですが、おひとり様の期間を最小限に抑えるためには、面倒くさいという気持ちがあってもできる限り月に2〜3回は男性の友人でも構いませんから、二人で食事をしたり飲みに行く時間を作るようにすると良いでしょう。
 デートとまではいきませんが、男性と食事をするということで女性らしさを引き出したりモチベーションをあげることができるので、恋人ができやすくなります。

●その2:自分が女であることを常に意識する
 干物女ではありませんが、誰だってプライベートはだらけてしまうところはあります。オンとオフを分けるという意味では、プライベートがだらけていても問題になることはありません。
 しかしながら、ある程度日常生活の中で緊張感を持ちながら生活をするようにすると、努力をしている女性というのは男性から見るととても魅力的に見えるため、異性と恋仲になれる可能性を高めてくれるのです。

●その3:女らしくあろうと努力する
 魅力的な女性でいるためには、女性らしさを持ち続ける努力も必要です。時間も労力もそれなりに使うことにはなります。しかしながら、晩婚化が進んでいる昨今、結婚適齢期と言われている年齢を過ぎて結婚されている女性の多くは、女性らしさを失わせないよう、出来る努力はしている方が多いのです。

 ひとりで出かけることが今まで以上に気楽になっている今、わざわざ面倒なことをしてまで結婚をしたいと思わなくなってきている女性も多いのが現状にはありますが、いざ結婚をしたいと思った時にはすでに手遅れ……なんてことになりかねません。
 とにもかくにもまずは「女性らしさを忘れない」という思いを習慣にできるようにしていきましょう。

 

関連コラム

 

気になる彼への恋は成就…意中の彼を射止めた方法とは?
モテ女の共通点!男から愛される女の三原則って?
結婚できない女の共通点、チャンスを逃してしまう行動って?
追うよりも追われろ!男に結婚を意識させるテクニック
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by Freud Gong

結婚】の最新記事
  • 「結婚するなら医者がいい」は危険? 医師奥様のリスクとは
  • これが男性の本音!「好きだけど彼女とは結婚できない」と思った理由とは?
  • モテ女子から“かつてモテた女”にならないために「モテるのに結婚できない」6つの理由
  • 結婚相手は「2番目に好きな人を選ぶべき」って本当?
  • ウザすぎる姑をぎゃふんと言わせたスカッとエピソード:後編「お義母さん私に感謝してくれるんですよね?」
  • いつプロポーズしてくれるの!? 乗り気でない彼に結婚を迫る方法
  • 結婚適齢期の女性は「理想の男性」に出会える? それとも諦めるべき?
  • ウザすぎる姑をぎゃふんと言わせた!スカッとエピソード:前編「万事文句を言う意地悪姑」