携帯などで自分を撮影する「自撮り写真」。みなさん、もちろん経験済みですよね。
ただ「自撮り」は自分酔いが過ぎると、他人からはウザがられてしまいます。自撮りもほどほどにしておきたいところですが、その一方で、自撮りにはまって抜け出せなくなっている女性陣もいるようです。
 
そこで「普通に自分を撮影するだけではもう物足りない」という女性たちの声を集めてみました。
 

その1:自撮りパーティーを開催

 

「久々に学生時代の女友だち数人と宅飲みをしていたときです。Facebookに自撮り写真ばかりを投稿している友だちの提案で、急きょ、自分撮影会が始まりました。最初はバカにしていたけど、音楽をかけながら自撮りするのは最高に盛り上がります。これは勢いで投稿しちゃうわ」(25歳、商社)
__PAGE_FEED__

その2:彼氏に煽らせて自撮り

 

「自撮り、大好きです。最近は彼氏にヒューヒュー煽ってもらいながら、撮影を楽しんでいます。たまにサービスでセミヌードも。彼氏もけっこう楽しんでくれていますし、撮った写真を2人でチェックするのも楽しい」(28歳、金融)
 

その3:自撮りを画像アプリで若返り

 

「自撮りした写真で、Facebookのプロフィール写真を変更しまくってます。画像アプリで肌をキレイにして、目を強調させて……最終的には別人のようになるんですけど『キレイ』とか『また若返った?』とかほめられると病みつきになっちゃうんです。でも修正した画像以外は絶対載せません」(35歳、美容師)
 

その4:ドレスをレンタルして自撮り

 

「私は自撮りのためだけに、ドレスレンタルを利用したことがあります。本当は撮影までしてもらえるプランもあるんですが、少ししか写真データをもらえない上に高いので、ドレスをレンタルして自撮りしました。海外ブランドのドレスばかりピックアップして、気分はサラ・ジェシカ・パーカー。次のボーナスが出たら、またやります」(32歳、広告)
__PAGE_FEED_02__

おわりに

 

最近では、実際よりもキレイに見えるアプリを利用して自撮りをするのは当たり前になっていますよね。
男性の顔を女体化するアプリや、動物の耳を生やしたり、アニメのような加工をしてくれるアプリまで、さまざまなバリエーションがあるので、年齢や性別を問わず自撮りが楽しめるようになっています。
 
誰でもやっている自撮りですが、個性を出すためにいろいろ工夫してみるのも楽しいかもしれませんね。
 
(yummy!編集部)
 
■世代診断|あなたはどれ?自撮りのポーズで検証!
■写真加工しすぎ!?SNSでリアル友達に引かれてしまう行動5つ
■現代女子がプリクラを撮り続ける理由とは?~プリクラ今昔物語~
 

ライフスタイル】の最新記事
  • どこの職場にもいる! 周囲から「迷惑がられている人たち」の特徴&対処方法
  • 女子たちの恐ろしすぎる本音…友だちの彼氏が大嫌いな理由5選
  • 無理すぎ! 男性が気づいていない「無意識セクハラ」4選
  • 人肌恋しい季節…誰かの温もりを感じたい! 不安を解消する特効薬とは?
  • 女性にはわからない男性の痛み! 急所直撃珍エピソード
  • 男をがっかりさせる女性のおじさん行動
  • 猫被り女性はもうたくさん! 本性を見抜く方法
  • 上手にストレス回避! 女上司からのパワハラを跳ね返す対処法