恋愛において、様々な格差があるカップルたちを“ぎゃっぷる”と呼びます。
男とは? 女とは? カップルとは? という世間の先入観を痛快なほど逸脱した人々に、ある種の清々しさを感じるのは著者だけでしょうか。

意外と身近に存在するぎゃっぷるたち。
著者の周りにいるぎゃっぷるをリサーチしてみました。

 

“ぎゃっぷる”たちの実話8選

 

●その1:虚弱彼氏(28歳)×元気すぎる彼女(31歳)

もやしのように白くてひょろ長い彼氏と、サーファーで真っ黒に日焼けした元気で強そうな彼女。

彼女が彼氏のことを「〜サン」と呼び、彼氏が彼女を呼び捨てにする光景には違和感を覚えます。

●その2:怖がり彼氏(26歳)×肝っ玉彼女(26歳)

同棲中のカップルですが、彼氏はゴキブリが大の苦手。

ゴキブリを見た部屋にはひとりでいられず、玄関前で彼女の帰りを待っていることがあるらしい。

これでは、彼女はますますたくましくならざるを得ません。

●その3:几帳面彼氏(31歳)×食べこぼす彼女(32歳)

彼はテレビを観ながらコロコロ、枕に髪の毛を見つけてコロコロ、彼女の食べこぼしをコロコロ……。
無言の圧力を感じながらも、屈することなく大好きなポテチのり塩味を食べる彼女。

彼氏の方が片づけ上手、きれい好きなんて素敵ではないですか。

●その4:ピンク好き彼氏(36歳)×地味好き彼女(31歳)

男性にして無類のピンク好きである彼氏。
どこにいても目立つのは結構便利らしい。

もちろん2人の部屋にあるピンクの歯ブラシは彼氏のもの。
彼女の歯ブラシは水色です。

●その5:スィーツ彼氏(29歳)×酒飲み彼女(27歳)

外食に行くと、ビールを頼む彼女とスイーツを食べる彼氏。
彼は全くお酒が飲めないため、スイーツがお酒がわりなのだとか。

しかしおつまみ好きの彼氏とは、食の好みが意外と合うらしい。

 

“ぎゃっぷる”共存のコツ

 

多種多様には違いない人たちですが、全ての“ぎゃっぷる”に共通する点がひとつだけありました。
それは相手のありのままを受け入れ、尊重していることです。

これこそが“ぎゃっぷる”共存のコツなのではないでしょうか。

本当は無理しているんじゃ? という外野の声など無視し、どこまでも手を取り合って我が道を突き進んでくださいね!

 

関連コラム

 

セックス好きの不倫県1位!岩手男子との正しい付き合い方
まだ気づいてないだけ!?あなたの中の同性愛が目覚める瞬間
奥深くに快感が!? セックスはマンネリ化した方がいい理由4つ
独身女性ドン引き!結婚した友達の変貌ぶりに戸惑ったエピソード
Written by かぎあな

恋愛】の最新記事
  • 付き合う前にエッチするorしない?しちゃいけないのはこのパターン
  • 良いセックスはキスで決まる!男を悶々とさせるキスとは?
  • ゲイ風俗で働いていたあたいが見てきたいろいろな恋愛事情|もちぎ
  • 純粋な愛情表現が魅力!夢女子に学ぶたくましさと深い愛 
  • 熱い夜を過ごしたい! マンネリ彼氏、草食系男子を欲情させるテク6選
  • 社内恋愛は注意は必要!新卒に手を出すときの心構え
  • 私の性欲は異常⁉ 女性の性欲の理由とコントロール方法
  • ゲイ風俗とゲイバーで働いていたオカマだけど質問ある? 〜ゲイの恋愛事情編〜|もちぎ