32歳で結婚したアラサーの星、優木まおみに学ぶ5つの恋愛法則

 by 池田園子


元旦にお茶の間を賑わせた優木まおみの電撃結婚報道。

お相手は3歳年上のイケメン美容師で、今年6月に挙式予定だそう。

2002年に芸能界デビューして以来、キャスターや女優、グラドルなどマルチタレントとして活躍してきた優木は、「エロかしこい」という“新枠”にいつの間にか収まっていた。

良い意味でしたたかな女だ。

アラサーになって急にモテ始めた過去を持つ優木。

これまでに熱愛が報じられたのは「次長課長」の井上聡、誤報(?)として闇に葬られた「しずる」の村上純、タレント・歌手のDAIGO、某地方局のスタッフ、某人気司会者など、明らかになっているメンツだけでも、かなりゴージャスな男遍歴だといえよう。

優木まおみから学ぶべきアラサー恋愛の法則

そんな彼女がついに人妻になった。彼からは昨年6月、わずか交際1ヶ月でプロポーズされていたという。

このスピード感、アラサー女子にとって理想的なパターンではないだろうか。

恋愛に関して一途で「今まで4年付き合った人も5年付き合った人もいる」と明かしている優木。

彼女の恋愛語録から、アラサー女子が勝つための戦略を紐解いていきたい。


●その1:好きなタイプは曖昧に答える

2011年6月に行われた男性用化粧ブランド「AXE」のPRイベントでのこと。

男子学生らに「恋愛特別講義」を行った優木は「好きな男性のタイプは、自分に自信がある人」と自身の恋愛観を語った。

さらに詳しく「自分に自信のある人が好き。私は心配性だから、ポジティブで前向きになれる人がいいですね」と言及。

極めつけは「一途に相手を思う気持ちのある人であれば、楽しく過ごしていけそうですね」とコメントした。

これなら、どんな男性をも「俺でもいけるかも?」と期待させることができる返答だ。

間違っても「好きな男性のタイプは妻夫木聡似で、年収800万以上で、次男」などと、該当者が瞬時にいなくなる返答をしてはいけない。

男性に夢を与えることがポイントだ。


●その2:常に恋をしている

2012年10月に行われた「第25回 日本メガネベストドレッサー賞」の授賞式でのこと。

芸能界部門で選ばれた優木は、恋人の存在を問われると「恋はいつもしています」と、現在進行中で恋愛していることを明かしていた。

しかし、詳しくは語らず「片思いかどうか? できればうまくいきたいと思ってますよ」と意味深な笑みで締めた。

片思いであれ、交際中であれ、いつでも恋をしておくことで、恋愛感度はアップする。

男性は、恋をしている女特有の潤いやキラキラ感を敏感にキャッチするのである。

決して枯れてはいけない。


●その3:男性を立てる

2012年11月に行われたJRA「ジャパンカップ競走」開催記念キャンペーン発表会でのこと。

騎手と馬との関係を引き合いに独自の恋愛観を語った優木。

「私はリードされる馬タイプで、男性にリードされたいかな。コントロールをうまくして私が幸せでいられるように支えてほしい」と話した。

男性の心の奥底にある「俺が引っ張っていきたい」という思いを、気持ち良くくすぐってあげることが重要だ。


●その4:恋愛に積極的な姿勢を見せる

2009年7月に行われた映画『アイスエイジ3』のジャパンプレミアでのこと。

イベント終了後の取材で「自分は肉食系女子なので、草食男子が好き。でも今は“獲物”がいない。私、自分で(男性を)落としたいんですよ」と恋愛に積極的な一面を明かしていた。

ちょうど「肉食女子ブーム」が来始めていたタイミングで、肉食女子っぷりをアピールしたものと思われる。

その2〜3年後には「リードされたい」と、コロッと草食系女子に転じている。

時代のニーズに合った見せ方をしつつ、決して恋愛に消極的ではない雰囲気を醸し出すことが大事だ。


●その5:付き合ったら一途

2009年5月に行われた『NUMBERS 天才数学者の事件ファイル』DVDリリース記念試写会でのこと。

報道陣から恋愛観についての問いかけを受け、「私は肉食系」「オラオラ系の人が好き」と過激発言をしたものの、「好きになったら一直線」と付き合い始めると一途であることを強調した。

草食男子の増加した現代、恋愛に消極的な女子よりも、恋愛に積極的な女子の方が求められる。

一方、そういった“攻め系女子”でいながら、付き合うと一途な淑女に変身するという二面性に、男性はコロリと落とされるのである。

アラサー女子よ、優木まおみに続け!

デビューしてすぐに“エロかしこい”新枠におさまり、最初から最後までキャラを壊さず、抜け目ないエロかしこさを披露した優木まおみ。

とはいえ、これらの心構えはすべてシンプルなもの。

アラサー女子の皆さんにも参考にしていただき、優木まおみに続いてほしいと思う。





【PR】急な出費で今月ピンチ!!

Written by 池田園子
Photo by ▲ lucy maude