歌手の華原朋美が1月15日発売の雑誌『Pen』(阪急コミュニケーションズ)の表紙を飾り、紙面にはその激動の半生を語るロングインタビューが掲載されています。

華原朋美といえば、昨年12月5日に放送された「FNS歌謡祭」(フジテレビ)で5年半ぶりにメディアに復帰したことは記憶に新しいですよね。

全盛期以上に艶のある歌声を披露し、注目を集めました。

 

朋ちゃんが女っぷりを上げて復帰!

 

デビュー当時はプロデューサー小室哲哉の恋人として、傍若無人のわがまま放題が許された朋ちゃんも、小室氏と別れてからは、お騒がせスキャンダルが相次ぎ、転落人生まっしぐら。

だれも復帰を期待してはいませんでした。

しかしこの挫折期間こそが、現在の彼女の女っぷりを上げる結果につながったのです。

彼女の歌声を聴いて、思わずグッときてしまった筆者。

その歌声から、彼女が無駄に5年半過ごしていなかったことが想像できました。

恋愛の挫折を糧に女っぷりを上げて復活した、彼女の軌跡を紹介しましょう。

 

華原朋美の挫折ヒストリー

 

そもそもの歌手デビューは、グラビアアイドル時代に出演していた深夜番組。

番組を観た小室哲也に見初められて、交際を始めたことがきっかけでした。

アメリカなどでは、プロデューサーが恋人をデビューさせるケースは珍しくありませんが、当時の日本では異例のシンデレラストーリー。

飛ぶ鳥落とす勢いの小室プロデュースで、彼女は普通の女の子からあっという間にスターダムにのし上がります。

持ち前の天然キャラで一世を風靡するも、しだいに強くなる恋人の七光り感。

徐々に、やっかみやバッシングの対象になっていきます。

そして約4年間の交際期間の後、小室氏と破局。

この別れが華原朋美の人生を一転させます。

当時、まだ25歳だった彼女。

芸能生活の大半を共に過ごしたパートナーの喪失はかなりの痛手でした。

公私に渡り小室プロデュースだった彼女にとって、小室氏のバックアップなしで人生を送ること自体がありえなかったのでしょう。

失恋のショックから相次ぐお騒がせ騒動を起こし「お騒がせ朋ちゃん」と呼ばれた時期もありました。

その後も、地道にミュージカル出演や番組司会などのタレント活動を続け、なんとか失恋から立ち直ったかにみえましたが、仕事をドタキャンするという不祥事を起こして、所属事務所から契約を解除されてしまうのです。

 

挫折を糧にして、再出発

 

一旦、芸能界から退いたことで、一般人として自分を見つめなおした彼女。

家族に支えられながら、芸能人としての再出発を図ります。

フィリピンでボランティア活動をしたり、日本の介護施設での体験を通して、苦しんだり悩んでいるひとの存在を知り、「そうしたひとたちの役にたてないかと一念発起した」といいます。

そう、「苦しんだり悩んだりして がんばってる」(Hate tell a lie/作詞作曲:小室哲也)ひとはたくさんいるんです。

失恋は本人にとっては世界の終わり級に辛いものですが、実際には失恋よりも辛い事態なんてごまんとありますからね。

復活まで時間がかかりましたが、本気の恋愛ほど後を引きずるもの。

FNS歌謡祭で披露した「I'm Proud」は、彼女の人生を象徴するかのような歌詞でした。

「どうしてあんなに夢が素直に見れなくなってた?」「街中で居る場所なんてどこにもない」(I'm Proud/作詞作曲:小室哲也)破局後はまさにこんな心境だったんでしょうね。

 

若いうちの挫折は買ってでもしろ

 

挫折を乗り越えて表舞台に帰ってきた彼女の姿に、かつてのわがまま朋ちゃんの面影はありませんでした。

本人も「最後のチャンス」と言うように、再起をかける強い意志と、歌い終わって涙する謙虚な姿に、胸を打たれた視聴者も多かったはずです。

確かに挫折は辛いものですが、人生の機微に触れてこそ、人間深みが出るってもんです。勝ちっぱなしのアラフォー女に、面白みなんてありません。

アラサーはまだまだ失敗が許される時期。恋愛も仕事もやり直しがききます。

「もし失敗したら」と二歩足を踏んで無駄に時間を過ごしているなら、思い切って次の一歩を踏み出してみませんか?

 

関連コラム

 

質の高い恋愛を目指す女子にFacebookが欠かせない理由
ダメンズ、ドラッグを乗り越え…歌姫ブリちゃん頂点に返り咲き!
「いい男」かどうか見極められない女子に読んでほしい記事5選
2013年充実させたい事。第1位は恋愛
Written by フランクひらがな
Photo by foxandfeathers

エンタメ】の最新記事
  • 男性が思う昔のエロメディアの“エロおくゆかしさ”
  • 海外のめっちゃ笑えるエロ動画3選
  • VRAV(VRを使ったアダルトビデオ)ってどんな風に見えるの?
  • おっさんずラブに学ぶ、恋愛を成就させるために大切な3つのポイント
  • 女性が観ても意外と面白い!特に推せる歴代ウルトラマン3選!
  • NYC在住のライターが教える!ニューヨークのイケてるクラブ
  • 「顔の天才」ってなに? 顔の天才だと思う芸能人紹介
  • 漫画でしかありえないけど、好き♡な男性キャラ7選