年収600万円以上の独身男性の数をご存じでしょうか?わずか100人に3人です。
こうなると「年収が高い男性と結婚」するよりも「年収が低いけど節約上手な男性と結婚」するのが賢い道。
 
そんな婚活に役立つ、『男性の金銭感覚を見極める方法』をご紹介いたします。
 

気にするべきは「年収」ではない!

 

「やっぱり結婚相手にするなら、最低でも年収600万円以上の男がいい!」多くの独身女性はそう考えます。
しかし、残念なことに年収600万円以上の独身男性は、東京都内でわずか3.5%。
100人に3人しかいないのです。
 
結婚をしているほとんどの夫婦は、理想より低い年収で節約生活をしているようです。
そう考えると、重要なのは年収ではなく「金銭感覚」なのではないでしょうか。
 
というわけで、男性の金銭感覚を見極める方法をご紹介したいと思います。
__PAGE_FEED__

その1:服装で彼の金銭感覚チェック

 

高価なものを身につけているかどうかは、あまりアテになりません。
ブランドものを着ていても、いいものを買って大切に使う倹約家の可能性もあるからです。
 
問題なのは、いつも見慣れない服を着ているタイプ。
 
そういう男性は飽きっぽく、すぐに新しいものを買う傾向があります。
たとえ古着やファストファッションに身を包んでいても、浪費家の可能性アリです。
__PAGE_FEED_02__

その2:食べ物で彼の金銭感覚チェック

 

いつもいいレストランで食事をごちそうしてくれるからといって、浪費家とはかぎりません。
そういう男性はお金の使い方にメリハリをつけている場合が多く、逆に堅実なタイプです。
 
浪費家かどうかがわかるのは、ふだんのなにげない食事。
コンビニ飯が多く、ちょっとした買い物が頻繁にある。100%外食で、ラーメン屋やファミレスのファストフードを好む。
デートのときも、高いお店には行こうとしない。
 
こういう男性は、ちょこちょこ浪費しているケースがほとんど。
毎月の食費は相当な額になっているはずです。
 

その3:財布で彼の金銭感覚チェック

 

財布はその人の金銭感覚を映しだすアイテム。
レシートや割引券をグチャグチャに突っ込んでいる男性は、やはりお金にもだらしないタイプ。
財布を丁寧に使っているようなら、お金の使い方も丁寧です。
 

その4:趣味で彼の金銭感覚チェック

 

ゴルフやスキーなどの趣味であれば、お金はかかりますが、相応の収入があるはずなのでOK。
逆にダメなのは、飲み歩き、ギャンブル、DJなど、お金があればあるだけつぎ込んでしまうような趣味。
収入がいくらあっても追いつきません。
__PAGE_FEED_02__

その5:もしも話で彼の金銭感覚チェック

 

男性に「もしも宝くじが10万円当たったらどうする?」と聞いてみましょう。
10万円というリアルな価格をどう捉えているかで、金銭感覚が丸わかりです。
 
具体的に欲しいものが挙がる男性は、計画的にお金を使えるタイプ。
10万円に浮かれて夢物語を語る男性は、毎月の収入さえも計画的に使えていないでしょう。
 

なるべく金銭感覚が近い相手を結婚相手に

 

浪費家の男性と結婚するともちろん苦労しますが、ケチ過ぎるのも考えもの。
それゆえ、自分と金銭感覚が近いのが理想的です。
ここでご紹介したポイントを参考に、自分と照らし合わせながらチェックしてみてください。
 
(yummy!編集部)
 
■切実!彼との金銭感覚の違いをどうしたらいい?
■素敵なお金の使い方とは? 金銭感覚に現れる人生観|エマちゃん
■男性が彼女に求めるものと、結婚相手に求めるものは違う?
 

恋愛】の最新記事
  • 12星座別|2022年下半期の恋愛運ランキング
  • 「性欲の強い男性、事前に見極める方法はあるの?」実はこれ、あります!
  • 恋愛上手がみんなやっている「ギブアンドギブ」ってなに?
  • 出世間近?将来有望な「超多忙男子」を落とすコツ6選
  • わがままな人が相手を思いやりながら恋愛をするコツ3つ
  • ※要注意※アラサーになると似合わなくなるファッション3選
  • 真面目で性格がいいけど、冗談がいえない人との付き合い方
  • 恋人関係が長続きしない「屈折した愛の伝え方」