オトコとオンナの間には永久に埋めることができない深い溝みたいなものが横たわってる。
でも残念なことに、恋愛最盛期である20代・30代のころにはそんなことが全く分からなくって、もがき苦しいんだり、泣き叫んだりしながら、おんなじ過ちを何度も何度も繰り返しながら誰かを愛せずにはいられなかったりする。

勿論、うんと大人になってからそのことが分かったって結局何の解決にもならないわけなんだけど、吹っ切るための材料があるだけ少しマシなような気がする。

オトコとオンナを隔てる最大の溝、それは「セックス観の違い」だと思う。そのオトコとオンナの違いを受け入れ、上手に駆け引きをし、あなたがカレにとって離しがたい存在になるための指南をしたい。

 

オトコとオンナを隔てる最大の溝、それはセックス観の違い…

 

オトコとオンナを隔てる最大の溝、それはセックス観の違いだと思う。
それは違いどころか、天と地ほどもエラくかけ離れているわけだけど、殆どの若い女性は、「カレとアタシはおんなじ思いで結ばれたはずなのに、どうしてこんなことになちゃうの…」と不思議に思ったり、嘆き悲しんだりするのだ。

男の人だって、好きになった女のコと「寝る」ということは勿論特別のことには違いないわけだけど、女性特有のセックスにこめられた「契る=チギル」という感覚はおおよそオトコには理解できないようだ。
時々1回寝てしまっただけで、すでに「結婚」に思いを馳せる女性がいたりする。
相手が長らく女性と縁遠かったモテないオトコの場合は別として、普通にもてて女性と恋愛経験を重ねてきたオトコにとって、「ちょっとそれは勘弁!」ということになるだろう。

だって、基本的にオトコは常に女性とセックスすることばかり考えている生き物だ。
スキあらばやりたい。
これがオトコの本性なのだ。
できるだけ好みのいいオンナを落としたい。
そんなゲーム感覚みたいなところさえある。
寝たオンナの数が自分の勲章みたいな感覚もありそうだ。
で、なんとか好みのいいオンナと深い仲になってしまって、そのあとその女性に情が移ったり、別れられない何か特別な出来事が起こったりして、オトコはその女性を愛し続けることになったり、あげくの果てに結婚というクモの糸に絡め捕られてしまうのだ。

こんな風な言い方をすると、オトコは逃げる生き物・女は追っかける生き物みたいに思えてしまうかもしれない。
ひたすらオトコが女性を追いかけるケースも結構あるわけだが、オンナというのはこれまたストーカー的なオトコを恋愛の対象から排除しようとする傾向にあるから、ハナから恋愛として成り立たないわけだ。
とにかくスキあらば寝ようとするのがオトコ、寝てしまったらもう離さないというのがオンナ。
個々のカップルによって色合いの違いこそあれ、これがオトコとオンナの基本構造であることには違いない。

 

カレにとって離しがたい存在になるためには

 

では、ここから私たち女性は何を学ぶべきなのか。
それは、一旦寝てしまったむしろオトコを縛らないことである。
さらに、ある程度の自由さ加減を持って泳がせてやるということだ。
もしこの人を一生離したくないと思えば思うほど、相手を縛らない。
するとオトコは不思議に思う。
自分とセックスしたオンナたちは何とか自分を縛りつけようとしてきたけれど、このオンナだけは違う。
いったい何を考えているんだろう……。
ひょっとして彼女にとっては自分の魅力は不十分なものなんだろうか。
そんなふうに悩んだあげく、オトコは彼女の仕掛けたクモの糸に自分からすごすごとつかまりに行くかもしれないのだ。
しかし、カレを縛らないというのはそれは無理して諦めることとは違う。
あなたを信じて愛しているから、ある程度の自由を認めているのというスタンス。
でも、最後は私のところに帰ってくるわよねというスタンス。

これが出来れば、あなたはカレにとって離しがたい存在になれるように思う。

南美希子の恋愛計算式「ワタシ+」
%%img:00000912:300%%

 

関連コラム

 

「プチ整形」との賢い付き合い方
恋愛下手女がときめけない2つの理由
客がいないラーメン屋=非モテ女の法則
「遺伝子」で理想の結婚相手がわかる!?
運気を上げるセックス術!?

 

おすすめ特集コラム

 

月間ランキングTOP10
「女って怖いな…」と思わずにはいられない記事5選
お腹が痛くなるほど笑っちゃう!「笑えるネタ記事5選」
女性の体は宇宙のように神秘的で奥深い!6選
南美希子の恋愛計算式「ワタシ+」

 

南美希子プロフィール

 

%%img:00000792:250%%
南 美希子
司会者、エッセイスト。
東京生まれ。
元祖女子アナ。
聖心女子大学3年生のときアナウンサー試験に合格。
テレビ朝日のアナウンサーを経て独立。
田中康夫氏との「OHエルくらぶ」、三宅裕司氏との「EXテレビ」などで司会をつとめる。
光文社のJJに「お嫁に行くまでの女磨き」、VERYに「40歳からの子育て」を長年にわたって連載し、熱烈な支持を受ける。
現在もワイドショーのコメンテーターやシンポジウムのコーディネーター、トークショー、講演、執筆などで活躍中。
化粧品「フォークイーンズ」の開発や美容医療情報のフリーマガジン「MITAME」の編集長もつとめる。
講談社「グラマラス」では「LOVE握力」というタイトルのブログエッセイを連載中。
近著に「オバサンになりたくない!」「美女のナイショの毛の話」(ともに幻冬舎文庫)がある。

恋愛・美容エッセイスト|南 美希子フェイスブックページ
南美希子フェイスブックページOPEN!恋愛や美容にまつわる情報や、近況など、元テレビ朝日アナウンサーによる、最上級の女になるための持論を展開中!
Written by 南美希子
Photo by josemanuelere

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • 思わず赤面!アンダーヘアにまつわる恥ずかしい体験談5選
  • 人気占い師・富士川先生イチオシ!恋愛運アップの縁結び神社4選!
  • 実は気が短い?O型女子の性格にゾッとする「10の本性」
  • 日本で「デーティング期間」を導入するメリット・デメリット
  • 何かに依存する恋愛は後で必ずツケを払うことになる
  • 受け身系女子だけど 恋愛したいんですけどどうしたらいいの? 〜負け続けたくない 女子たちへ〜
  • 巨乳は出オチ?自分の魅力を「サメの歯式」に繰り出す女性が強い理由
  • 恋愛に疲れた女性が「恋の休戦期間」にすべきことと、次の一手とは