「最近、全然ときめかない!」
「恋のときめき方さえ忘れちゃたわ。」
そんな声を少なからず耳にします。

ある意味、自分から恋愛に入っていけない「恋愛下手女」とも言えるでしょう。

そんな女たちが「ときめけない」のには2つの理由があります。
その理由をみると共に、皆さんが「ときめく」ためのちょっとしたアドバイスをいたしましょう。

 

ときめけない理由その1

 

ひとつは、恋愛のブランクが長くて、本当にときめき方を忘れちゃった場合です。

手痛い失恋のトラウマなどあると、自分自身でときめきを封印してしまうようなところがあって、その代償として仕事に熱中したり、いつも女友達と群れているうちに、いつの間にか異性にときめく感覚を忘れていくのです。

だって、別にときめかなくても人は十分生きていけるわけですからね。
でも、怖いのはときめかないまま年を重ねてしまうことです。

恋愛談義が話題の中心である世代、10代から30代くらいまででしょうか、その時期には
何かときめかない自分が取り残されたような気がして、何とかときめく努力をします。

ところが、いわゆるオバサン年齢になると、今度はときめいている人のほうが異端になります。
オバサンにとっては、ときめきより、たこ焼きの口どけ感や、温泉につかった時の解放感のほうが強い快感刺激になるわけで、さらに悪いことにときめきなんてあんな邪魔くさいもの! と開き直ったりします。

たとえ結婚しなくても、そこそこの財力さえあれば、ときめきと縁を切り、実質的な快感刺激だけを糧に生きていく方法だってあるわけです。傍でみていても結構楽しそうではありますが、やっぱりオンナとしてどうよ?ということになりませんか。
どうせ同じ生きるならオンナを精一杯開花させて生きていきたいですものね。

 

ときめけない理由その2

 

ときめかない理由のもうひとつは、のびきったパンツのゴムみたいな目一杯慣れきったパートナーがいる場合です。
異性や恋人というより、相棒という感じ。
SEXするより、二人で焼肉つついていたほうが快感刺激がより大きいという、そういう関係です。
パートナーがいないときは一猪前に焦ってみたりしますが、一応手の届くところに自分とは違った身体の構造をした人間がいるだけなお始末が悪い。
新たなときめきをみつけるのは、面倒だし相手を振り切るのは何とも申し訳ないという状態です。

勿論どんなカップルにでも熟れ合いはありますが、全くSEXの対象外の異性とつるむことを当たり前にして欲しくないと思います。
すくなくとも65歳になるまでは……。

 

ときめくために必要なこと

 

でも……、
ときめけときめけって言われても、そんなに簡単にときめくことなんてできませんよね、当然。

でも、恋愛の成就もときめきなくして成り立たないわけですから、やっぱりときめきは必要です。

あまたいる男性の中でたったひとりの存在だけが特別で、何人もの男性の中に混じっていても彼の輪郭だけがくっきり別次元でみえてしまう。
地球上にはこんなにたくさんのオトコがいるというのに、カレだけには発情できてしまう。
そんなときめきを持てたら、素敵なことだと思いませんか?

よく、オーラが見える見えない、もっと極端なことをいうと霊が見える見えないってありますけど、ときめきってこれに似ていると思います。
見えない人には全く見えないけど、私にははっきり見える。
つまり、カレがとびっきりにいいオトコだということが自分にはしっかりと見える状態のこと。

例えるなら、特定の相手にだけときめくことができる「恋愛霊媒師」であればいいのです。その心得はもしかしたら、本物の霊媒師に通じるものがあるかもしれません。

ときめきたければ、常に心の目が開いているという状態でいるべきです。
まずは、「心配や雑念、トラウマというものをなるべく引きずらないで日々ピュアでいること。」
さらに、「オンナとして自分磨きは怠らないこと。」恋する構えはときめきの必要十分条件ですからね。

そうしていると、見えないものがきっと見えてくるはずです。
あいつだけにはときめけるって状態になれるはずです。

一方、腐れ縁は思い切って整理するっていう方法もありそうです。
しがらみを断ち切って、違う地平が開ける世界に思い切って飛び込んでみる。
ときめきには、思いっきりも必要なことを忘れてはいけません。

いかがでしたでしょうか。
皆さんが、恋愛成就の第1歩である「ときめき」を思い出し、「恋愛下手女」を卒業できる日がくることを心から願っています。

%%img:00000912:300%%

 

関連コラム

 

客がいないラーメン屋=非モテ女の法則
おバカな女に「恋愛かけ引き」は無理
アラサー女におばさんを感じる瞬間6選
人気マンガに習う「告白セリフ5選」
日給40万!?こんなにある「高額求人」

 

おすすめ特集コラム

 

先月最も読まれた記事TOP10
恋愛を理屈で考えてみる!高偏差値恋愛記事5選
「女って怖いな…」と思わずにはいられない記事5選
自分を売り込むプロ=芸能人に学べ!「恋愛の極意」7選
南美希子の恋愛計算式「ワタシ+」

 

南美希子プロフィール

 

%%img:00000792:250%%
南 美希子
司会者、エッセイスト。
東京生まれ。
元祖女子アナ。
聖心女子大学3年生のときアナウンサー試験に合格。
テレビ朝日のアナウンサーを経て独立。
田中康夫氏との「OHエルくらぶ」、三宅裕司氏との「EXテレビ」などで司会をつとめる。
光文社のJJに「お嫁に行くまでの女磨き」、VERYに「40歳からの子育て」を長年にわたって連載し、熱烈な支持を受ける。
現在もワイドショーのコメンテーターやシンポジウムのコーディネーター、トークショー、講演、執筆などで活躍中。
化粧品「フォークイーンズ」の開発や美容医療情報のフリーマガジン「MITAME」の編集長もつとめる。
講談社「グラマラス」では「LOVE握力」というタイトルのブログエッセイを連載中。
近著に「オバサンになりたくない!」「美女のナイショの毛の話」(ともに幻冬舎文庫)がある。

恋愛・美容エッセイスト|南 美希子フェイスブックページ
南美希子フェイスブックページOPEN!恋愛や美容にまつわる情報や、近況など、元テレビ朝日アナウンサーによる、最上級の女になるための持論を展開中!
Written by 南美希子
Photo by il_Morta

恋愛】の最新記事
  • 「好きになること」「愛すること」って、どういうこと?|エマちゃん
  • 「ひとりの人とだけ恋愛もセックス もする」以外の恋愛の形もある
  • 思わず赤面!アンダーヘアにまつわる恥ずかしい体験談5選
  • 人気占い師・富士川先生イチオシ!恋愛運アップの縁結び神社4選!
  • 実は気が短い?O型女子の性格にゾッとする「10の本性」
  • 日本で「デーティング期間」を導入するメリット・デメリット
  • 何かに依存する恋愛は後で必ずツケを払うことになる
  • 受け身系女子だけど 恋愛したいんですけどどうしたらいいの? 〜負け続けたくない 女子たちへ〜