スタンフォード大学教授が突き止めた『運命の相手との出会い方』

 by 杉本レン


周りにいいオトコがいない、出会いがない……そうお嘆きの女子のみなさま。このコラムに出会ったあなたはラッキーです。

スタンフォード大学教授が「偶然を運命に変える方法」を理論的に解明してくれました。その方法をしっかり理解すれば、あなたの運命は変わります。

人生の成功は実力ではなく偶然?

世の中には、富と名声を手にいれ、人生において大成功を収めた人たちがたくさんいます。1999年にスタンフォード大学のクランボルツ教授らは、その成功者たち数百人を対象に、成功の秘訣を徹底的に分析したのです。

すると、成功者のうち約8割の人は、今の自分の成功は「予期せぬ偶然によるもの」によってもたらされたと答えたというのです。
「目標に向かって寝る間も惜しんで頑張った結果だ」とか、「普通以上の能力・実力があった」などといった回答が出揃うだろうと予測されていた中、この結果は意外だったようです。

この結果をもとに成功の法則を導いた理論を『プランド・ハップンスタンス(planned happenstance)理論』と呼びます。日本語に訳すと『計画された偶然』『意図された偶然』となります。

偶然、といっても、ただ棚ボタ的に運が良かっただけの人が成功しているわけではありません。この理論は次の3つから成り立っています。

●1.人生の成功は、予期しない偶然によってその8割が形成される。

●2.ただ偶然を待つのではなく、自分にとって良い偶然が起きやすくなるように行動したり、偶然が起きそうな気配を敏感にキャッチすることでラッキーチャンスを増やすことができる。

●3.その偶然を、当人が積極的に活用し努力して、成功へつなげていく。

そう、偶然を運命に変える力を持った人だけが人生を掴み取ることができるのです!

偶然を運命に変える資質とは

偶然を運命に変える人と、偶然がただの偶然で終わる人の違いは、その人の資質にあるとクランボルツ教授は言っています。

●好奇心:なんでもとりあえず興味を持ってやってみる
●持続性:ちょっとくらい失敗してもめげずにチャレンジを続ける
●楽観性:何事も「必ずうまくいく」「できるはず」とポジティブに考える
●柔軟性:自分の考えに凝り固まらずに、その時その場で対応を変える
●危険性:多少のリスクは承知でやってみる

そう、よく言われるポジティブ・シンキングが「予期しない偶然」を呼び込むのです。

この理論はビジネスキャリアの作り方として大変な反響を呼びましたが、人生において勝利することとは、最高の伴侶に出会うことでもあります。
運命の人に出会って人生に勝利したい女子の皆様は、上記の「資質」を熟読し、自分に足りない部分を自覚した上で、以下を実践してください。





【PR】急な出費で今月ピンチ!!

運命の相手と出会うために必要なこと

「私は甘えんぼだから、お相手は年上の人じゃないとダメ」
「私は身長が160センチだから、10センチ以上背の高い人じゃないとイヤ」
「将来専業主婦になりたいから年収600万以下の人は問題外」

このような考えを持つ女性は、たった2割の確立でしか幸福になれない事を知ってください。そして自分の考えに凝り固まることが、ラッキーチャンスを減らしているのだと知ってください。

そんな女性がすべきことは、まずどんな集まりにでも顔を出すこと。あまり興味のないことでも、とりあえずやってみることです。楽観的に、楽しくトライしてください。

そうすることで、さまざまな異性と交流する機会が増えるでしょう。この後が肝心です。
「タイプじゃないわ」と思うような相手でも、お誘いがあれば一度会ってみる、一度食事してみる。こういった「偶然を受け入れる」体制が出来ていれば、思わぬ運命に拓けるものです。

実際に結婚した女性たちに聞いてみれば、案外「最初はタイプじゃなかったんだけどね……もちろん今は幸せだよ」という場合が多いものですよ。

また、人に紹介を頼むときは、自分の希望の条件を並び立てるのではなく、「私に合う人いないかな?」と言うことです。あとはその人の判断に任せてしまいましょう。
紹介された相手がイマイチだったとしても、めげてはダメです。
そう、イマイチだった相手のようなタイプと出会う「危険性」も承知で動かないと、「偶然」を「運命」に変えることはできないのです。

運命の相手と出会ったA子の行動

A子は30歳を過ぎて大失恋を経験しました。
「もう結婚はムリ」と一度は諦めそうになりましたが、友達に「カップリングパーティーに行かない?」と誘われ、参加してみることに。
何度が行ってみたのですが、どうもぴんとくる相手にめぐり合いません。

これが最後! と参加したパーティーではまったく興味を引く相手がいず、A子と友人は二人で途中退場しようとエントランスに向かうと、そこに二人の男性が入ってきました。
彼らはパーティー参加者ではなく、一般のお客さんでした。「あれは何をやってるのですか?」と聞かれたことがきっかけで4人で食事することに。

二人の男性のうち一人はかなりのイケメンで、A子の友人は目がハート型。それでA子は必然的に地味なほうの男性と話すことになりました。
すると、この男性は地味でぱっとしないけれど、しっかりした考えを持った人だと思いました。
男性は最初、自分は派遣社員だと言っていました。しかしA子は彼の様子から、この人はいい加減な気持ちで派遣社員でいるのではないと感じたそうです。そして付き合いが深くなってくると、男性がこう告白したのです。

「僕は実は医師です。でも本当のことをいうと、肩書き目当てによってくる女性が多くてこりごりしていたんです。もっと僕自身を見て欲しかった。A子さんは僕が派遣社員だと言っても変わりなく接してくれた。僕が求めていたのはA子さんのような人なんです」

ウソのようなこの話は、本当にあったこと。
A子が大失恋によって結婚を諦め行動をやめていたら、おそらく今も独身だったことでしょう。

偶然を運命に変えることが大切

いかがでしたか?
友達とパーティーに参加してからの彼女の行動は、まさに『プランド・ハップンスタンス理論』そのもの。偶然を柔軟に受け入れ、自分のカンと感覚をたよりに自ら偶然を掴み、最後には大変な運命を引き寄せてしまいました。

A子さんだけでなく、こうした話は世の中に山ほどあります。
そのたびに「あの人は運がいいわ。神様は不公平だ」などとぼやいていませんか?

もう一度いいますね。このコラムに出会っても、「ふーん」と読んで流してしまう人は「偶然を運命に変える」ことはできません。
この出会い=「偶然」を運命に変えるには……もうお分かりですよね?

◆SNS時代の風雲児たち…
SNS時代が生み出した「コンサル男子」がウザい理由

Written by 杉本レン
Photo by hello, beautiful