しばらく彼氏がいないと、ふと「恋ってなんだ?」と考えてしまったことはありませんか?

恋なんていう感情だけでは食っていけなくなってしまった大人の女性にとって、これはかなりの難問です。

そんなあなたは、ピュアの代名詞、蒼井優さんがインタビューで語った「恋のはじまり」にハッとさせられるはず。

 

恋愛できない女性が増えている?

 

「独身女性の70%に恋人不在、そのうち半数以上は3年以上恋愛をしていない(電通総研調べ)」
こんな調査結果が出ています。
現代の女性はなぜ彼氏がいないのでしょうか?

人をどの程度好きになったら恋が始まるのか、そもそも好きってなんなのか。
しばらく彼氏がいなかったり、真剣に結婚を意識しだすと、こんな悩みをかかえることがあります。

「いい人なんだけど経済力が……」
「話は合うんだけど身体の相性が……」
「一緒にいて楽しいけど、あいつ女たらしだから彼氏にはしたくない」

あっちを立てればこっちが立たず、恋とはなんと複合的な感情なのでしょうか。

ある程度、男性との出会いがあれば、短所だらけの男性なんて逆に少ない人種で、それなりにいい人はたくさんいます。
彼氏候補である男性の知り合いが増えれば増えるほど、本命にするべき決定打のようなものが分からなくなってきます。

やっとこさお付き合いにこぎ付けたとしても、交際がはじまる=恋がはじまる、という答えはなんだか納得できません。
なぜなら、お付き合いに至る過程とはだいたいこんな感じじゃないでしょうか。

1)お互いフリーで、他にいい感じの人もいなそう
2)ルックスも合格点だし、仕事もまあまあ
3)話のノリも合うし、ちょっと連絡先交換してみよう
4)2人で飲みに行ってみたら趣味の話で盛り上がった
5)好きになれそうだし、いっちょ付き合ってみる?

これは恋というより、面接→採用という流れに似ています。
4の肯定で、採用通知をすっとばして身体で内定を勝ち取るというパターンもありますね。

 

恋のはじまりってどんな感情?

 

そんな、味気ない“恋の悩み”を抱えていたところ、興味深いインタビュー記事を発見いたしました。

『BRUTUS(9/15号)』「特集:恋の、答え。恋と、蒼井優。」

純真無垢そうなつやつやしたほっぺたをした蒼井優さんの、ピュアなお言葉にぜひ導かれたい! さっそく読んでみましょう。

●恋っていちばん不思議なものです
「恋というキーワードは、自分にとって本当にわからないもの。いちばん不思議なものです。
私は、友だちからの相談はたくさん受けるのに、いざ自分が渦中の人になると全然だめ。恋心にフタをするタイプなんです」

なるほど……みんな恋なんて分からないものなんですね。
しかも「男性の長所と短所を比べすぎて恋心が分からない」と言うよりも、「自分の恋心にフタをしちゃうタイプだから恋心が分からない」と言ったほうが好感度が高そう。
さっそく参考になります。

●次に会うとき同じ服を着ないようにって
「でも私って、カッコ悪いことに、恋に落ちそうな相手に会ったときは自分がどんな服を着たのかメモしてるんですよ。次に会うときに同じ服を着ないようにって。
そんなことまでしてるのに好きだと気づかないなんて、ほんと、恋にはめっぽう不器用です(笑)」

なるほど……これはカワイイ。無意識にやっているという点がさらにカワイイですね。
確かに、私も通勤時の服装はめっぽう手抜きなのですが、週末に遊びに出かける時は遅刻するほど時間をかけて服を選びます。会社の中に新しい出会いはないし、と油断しているので平日に急な打ち合わせが入ると困るぐらい手抜きです。

●急に胸が痛くなりそれが恋だと知った
「初恋の思い出もぼんやりしていました。
小学校6年生のときよく遊んでいた同じ班の男の子に、転校生の女の子を好きになったと打ち明けられたとたん、急に胸が痛くなり、彼がふられて痛みがすっと治まった。
私が、あれが恋する気持だと知ったのは高校生のときでした」

なるほど……これはそうとう、なるほどですね。
“胸の痛み”という症状をすっかり忘れてしまっていました。
職業、年収、交友関係、趣味特技、そのようなもので「恋」をしようとしていたのが間違いでした。

「どんな性格の人か知らないけどなんか気になる」
「疲れてるけど、あの人もいる飲み会だし出かけてみようかな」
「雰囲気がもろタイプなんだよね、とりあえず抱かれたい!」

今までの恋愛の失敗を繰り返さないように、などと考えるあまり、“なんかドキッとする”という感情を抑えていたのかもしれません。

あなたも心当たりはありませんか?
結婚まで考えるとココが不合格とか、○○ちゃんが狙ってるしとか。

 

考える前に行動しちゃう、それが恋心

 

蒼井優さんの恋心を参考にさせてもらうと、理屈で考え出す前に恋心は行動を変えているのです。
新しい出会いがあってから、こんな行動を取ったらそれはもう「恋のはじまり」です。

●髪型を変えてみたくなった
●新しい服が欲しくなった
●次に会うときまでに肌荒れをなんとしてでも治したい
●相手の血液型が何型で星座は何座か知りたくなった
●相手の下半身のサイズが短小だったらどうしようと心配になった

恋愛にブランクがあるあなたも、行動を見つめてみれば意外と恋する乙女な自分に気が付けるはず。
気づきさえすれば、女性は身体を重ねれば簡単に人を好きになれるという特性もありますし、この先は難しくありませんね。

まずは恋心を意識することで、恋がはじまり、彼氏ができ、結婚への第一歩となるのです。
みなさんが、その第一歩を踏み出せることを心から願っています。

 

関連コラム

 

男ウケ抜群の吉高由里子っぽい女子になる方法
近年増加中の「不二子ちゃん女子」が男を捕えて離さない理由
麻木久仁子(48)が赤裸々に語る恋愛に大切なこと。女子必読!
映画ブラック・スワンに学ぶ『背徳のエロス女子』になる方法
映画モテキ公開!アラサー女子のモテキ集

 

おすすめ特集コラム

 

[10月]最も読まれた記事TOP10
「いい男」かどうか見極められない女子に読んでほしい記事5選
「結婚」が頭をちらつく未婚女性が読んでおくべき記事7選
女性の体は宇宙のように神秘的で奥深い!6選
みんなの知らない!有名人の強烈エピソード7選
Written by 田中ゆい
Photo by ~ I P O X s t u d i o s ~

蒼井洋菓子店
〜大好きスイーツ・ベスト88〜

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • 「好きになること」「愛すること」って、どういうこと?|エマちゃん
  • 「ひとりの人とだけ恋愛もセックス もする」以外の恋愛の形もある
  • 思わず赤面!アンダーヘアにまつわる恥ずかしい体験談5選
  • 人気占い師・富士川先生イチオシ!恋愛運アップの縁結び神社4選!
  • 実は気が短い?O型女子の性格にゾッとする「10の本性」
  • 日本で「デーティング期間」を導入するメリット・デメリット
  • 何かに依存する恋愛は後で必ずツケを払うことになる
  • 受け身系女子だけど 恋愛したいんですけどどうしたらいいの? 〜負け続けたくない 女子たちへ〜