「不倫」とは、常に日陰の存在、世間から悟られてはならぬ秘めごと……。
のはずが、自身のブログに赤裸々すぎる不倫を書き綴り、大炎上してしまった女性がいます。

同じ女性として恥ずかしい、だけど見ている分にはちょっと面白い(笑)、そんな事件をご紹介いたしましょう。

 

実名入りの不倫ブログが話題に

 

昭和の文豪、太宰治は代表作「斜陽」の中で主人公にこう言わせました。

「お母様、人間にだけあって、他の生き物にないもの、なんだかごぞんじ? ……それはね、秘めごとというものよ」

秘めごと、なんだかとても淫靡でステキな響きの言葉です。
世の中には不倫をしている人々が、残念ながら大勢いると思うのですが、この人たちはやはり不倫を「秘めごと」として誰にも言わずに黙っていることが多いはず。

そんな、本来「秘めごと」であろうはずの不倫を、自分の本名、相手の本名&勤務先、相手の妻子の名前、さらには当事者達の写真まで披露したブログで話題となった女性がいます。

 

なぜ不倫の詳細をブログに書いたのか?

 

彼女(仮名・Sさん)はご丁寧にも、自分が青山学院大学に通っている学生だと言うことまで披露し、不倫相手の40代男性との赤裸々な内容をブログにつづります。

その中にはデートの内容を細かく記したものもありました。
ドライブ→ラブホで一発、それどころか一泊したあとドライブスルーで朝マック、などと言う、「え? 貧乏学生同士の行動じゃね?」とツッコミを入れたくなるような、40代男性との付き合いにしてはショボいデートもあり、ブログ閲覧者の涙を誘います。

他にも、「彼の奥さんが死ねば自分が正妻になれるのに」と言ったニュアンスのことや、「彼が子どもと話しているのを見ると辛い」と言ったようなことをグダグダ書き散らしたりと、なかなか痛い内容です。きっと不倫の恋に酔いまくっていたのでしょうね。

ブログには、Sさんの長姉(Sさんは三人姉妹の末っ子)も同じく不倫をしていると言うことまで書かれています。
そして、次女の姉には不倫を知られたくないので次女のいない隙を見計らって、長姉に不倫の相談をするのです。
でも、そんなに次女の姉に知られたくない内容を、誰でも閲覧できるブログで細かく記録しておくのって、なんだか矛盾してますよね。

 

2ちゃんねるに目を付けられたが最後

 

そんなプライベートダダ漏れブログは、2ちゃんねるのかっこうの餌食となります。
なんせこのブログは彦摩呂が見たら「個人情報の宝箱や〜!」と絶叫しそうなぐらい様々な情報が詰まっていましたので、ネット住民達の詮索欲を大いに掻き立てました。

ネットに晒された主な情報はこちら。
●Sさんの本名、年齢、大学、学部、プリクラ、顔写真、出身高校・中学、高校での活動、卒業アルバム、ミクシーアカウント
●不倫男性の本名、勤務先、寝顔写真、半裸写真、その妻子の名前、自宅住所、電話番号
●Sさんの友達(同じく不倫中)の名前、プリクラ
●Sさんの姉妹の名前、勤務先
●Sさんの実家が営むペンションの住所、電話番号

このように、Sさんにまつわるあらゆる情報がネット上のいたる所に拡散されました。
男の職場やSさんの大学、長姉の勤務先などに電話をかけて問い合わせる人などが出て、すでにネットの中の出来事だけでは済まされない状態になっています。
こうなってはブログを慌てて閉鎖してもあとの祭りです。
とうとう紙媒体の東スポにまで記事が載る始末。
つい数日前までフツーの大学生だったのに、一気に時の人になってしまいました。

しかも、これらはもう自分では回収不可能なのです。

 

不倫をするリスク、ご理解いただけましたか?

 

小学生の頃避難訓練で「おかしの約束」を覚えませんでしたか?
「おさない かけない しゃべらない」

不倫も同じです。
「おおっぴらにしない (ブログに)かかない (人に)しゃべらない」
……いや、それ以前にやっちゃいけないんですけどね。

彼女はなぜ、“やってはいけない”ことのオンパレードを次々とやってしまったのでしょうか?
若いから? 無知だから? 自己顕示欲? でも、こんな大惨事を起こしてしまっては、どんな理由でも言い訳にはならないと思うんですけどね。

そして相手の男性。まだ世の中をよくわかっていないハタチそこそこの女の子と付き合って、オイシイ思いもしたのでしょうが、そのしっぺ返しが今の状態でしょう。
これに懲りて、もう当分、いや二度と不倫に手を出すのは控えてほしいですね。

ブログに写真や実名、その他個人情報を書いてしまうのももちろん危険なことなのですが、それ以前に不倫はしちゃいかんと思うのです。イスラム教なら下手をすれば死刑です。

日本でも民法によって、不倫は離婚の事由として認められています。
不倫をした人間は離婚の有責者になるので、配偶者に慰謝料をキッチリ払わないといけません。
しかも、自分が既婚男性と交際している事が相手の奥さんにバレると、奥さんから慰謝料を請求されることもあります。
「払いたくない!」と裁判でも起こしてみましょう。確実に負けます。不倫は法的にアウトなことなのです。

この記事を読んだ方々が、ちょっとだけ笑えて、そして不倫の怖さを感じていただければ幸いです。

 

関連コラム

 

浮気男に制裁を!調査のプロが明かす「ケータイチェックの極意」
うっかり不倫撲滅!彼氏が妻子持ちかどうか調べる方法
寂しい女性がハマりやすい!「女・ネトゲ廃人」のコワ〜い話
リアルな恋愛とは無縁?疑似恋愛にハマる男女の特徴5選
「セックスフレンド」との正しい付き合い方10カ条

 

おすすめ特集コラム

 

[10月]最も読まれた記事TOP10
「いい男」かどうか見極められない女子に読んでほしい記事5選
「結婚」が頭をちらつく未婚女性が読んでおくべき記事7選
女性の体は宇宙のように神秘的で奥深い!6選
みんなの知らない!有名人の強烈エピソード7選
Written by 海猫
Photo by Corey Ann

恋愛】の最新記事
  • 男性の7割がエッチしたくなる「秘密のスイッチ」?
    男性の7割がエッチしたくなる「秘密のスイッチ」とは?
  • 付き合う前に「ホテルに誘う男性」に流されないための心得3箇条
  • 好きな人に告白してはいけない? 脈ナシ男性を振り向かせる秘訣
  • 浮気、ヒモ、DV…ダメ男にはまった女性が陥る「不幸志向症」
  • 告白文化はレア?欧米ではスタンダードな「デーティング期間」
  • 容姿?性格?価値観?恋人に対してもっとも重視するべき要素TOP3
  • 一筋縄でいかない恋にハマる! AB型女子の隠れたセックス観
  • 「好きやねん!」大阪府民の恋愛傾向と相性を徹底解説!