バリバリ仕事をこなす日々により身についた高すぎるプライドと、長すぎるひとり身の生活で自分のリズムを築いてしまっているアラフォー独女たち。

そんな彼女たちにとっては何気ない一言でも、周りを一気に凍りつけてしまう事があります。

アラサー世代ですら恐怖を覚える、アラフォー独女たちの一言をご紹介します。

 

アラフォー独女たちの恐怖発言5選

 

アラフォーにもなると、言葉にもアクが出てきてしまうもの。

そんな一言は男性ばかりか女性からも冷ややかな視線を送られてしまいます。

たった一言でその場の空気を凍りつけてしまう、アラフォーたちの恐怖発言を調査しました。

● その1:「年収600万」で妥協

「彼氏なしのアラフォー上司と結婚の話題になった時、『もうさすがに妥協するべきだよね。年収600万でも許そうかな〜』と一言。男性社員から冷たい視線を送られていました」(26歳/事務)

● その2:自分のレベルを勘違い

「彼氏ができないままアラフォーに突入した友人のために合コンを企画したんですが、合コンが終わると同時に『レベルが違う男は疲れるよ。バカに生まれたら苦労せず結婚できたんだろうけど』と言われ、企画した事を本気で後悔しました。自分をどんなにイイ女だと思ってるんでしょうか」(32歳/公務員)

● その3:相談所を見下す

「40代に突入して、1人だけ結婚していない友人に『そろそろ妥協したら?』と提案したら『婚活パーティーや結婚相談所に参加すればすんなり男ができるんだろうけど、そういうガツガツしたことは恥ずかしいし、イヤ』と返ってきました。結婚は諦めたほうがいいでしょうね」(41歳/主婦)

● その4:美魔女ブームの勘違い

「同窓会に、茶髪の巻き髪につけまつ毛、ワンピースで登場した女がいました。『今は美魔女ブームだから、若い子は私らぐらいのお姉さんと結婚したがってるみたいよ。あんたもそんな所帯じみた格好してないで、頑張りなよ(笑)』と言われ、ドン引き。若い子から見たら、私たちはもうただのオバサンでしょう」(45歳/自営業)

● その5:自分へのご褒美

「うちの部署のアラフォー上司は、とにかく自分にお金をかける人なんです。持ち物はほとんどブランド物、週末のエステは欠かせないのだそう。『イイ女は、自分へのご褒美が絶対必要なのよ』とアドバイスされたけど、いい歳してそんなお金の使い方をしてたら男は逃げていきますよね」(28歳/金融)

 

目指すは素敵なオバさん

 

アラフォーという年齢を受け入れられていないイタい発言の数々に、「こうはなりたくない……」と思ってしまいますね。

プライドが高く、自分のリズムを崩さないアラフォー独女たちの発言こそ、結婚を遠ざけている大きな原因なのかもしれません。

彼女たちの恐怖発言を反面教師に、年齢に応じた「素敵なオバさん」を目指していきましょう。

 

関連コラム

 

メディアに踊らされすぎ!モテ期到来と勘違いするアラサー女5選
デパート、ガビーン…周囲を氷付かせる!アラサー独女の死語録集
便秘や美容の悩みを解消…忙しい女性の味方「ユーグレナ」の凄さ
肌の悩み第一位は毛穴?悩み解決でエイジングケアもできる方法
Written by カシミヤ・ユタ
Photo by Veronica Gomez Pola

pickup!
ライフスタイル】の最新記事
  • ノーブラでおっぱいは大きくなる? さまざまな説を考察
  • 人の幸せがムカつく!アラサー女子が友人の幸せに嫉妬する瞬間5選
  • 人から「典型的なA型だよね」と言われたら…本当の意味とは?
  • 周囲を不快にさせる「外国かぶれ女子あるある」10選
  • 【血液型別】仕事のやる気を出す方法
  • 7月5日は「ビキニの日」!男性が大好きなビキニの歴史とは?
  • 20代後半に訪れる人生の迷走期!「クオーターライフ・クライシス」とは?
  • 「実はゲイなんだ」友達からカミングアウトされたらどうする?