生理前はムラムラする?排卵日は感情をコントロールできない理由

by 浅川有紀

2012年07月10日 16:00


女性は生理前になると、妙にムラムラすることがあります。

そのときばかりはなぜか、感情のコントロールがきかず、自分でも信じられないほどの恥ずかしい行動をしてしまうことも。

冷静になって後から思い出すと赤面ものの、「生理前のムラムラが原因で起こしてしまった珍エピソード」をご紹介します。

生理前は何をしでかすか分からない!?

生理前のムラムラ、それはちょうど排卵期に起こります。

いちばん妊娠しやすい日、いわゆる危険日などとも呼ばれていますね。このムラムラによって、赤面ものの失敗をしてしまうこともあります。


●その1:生理前は少女趣味になる

「これまでも、生理前は切ない系の映画にハマる現象が起きていました。その日は切ない系の少女マンガに感情が妙にシンクロ。好きなのに素直に伝えられない、という状況にハマってしまった。そして、そのとき片思いだった相手にポエムのようなメールを送りつけてしまった……。別人のしわざにしたいくらい恥ずかしい」(28歳/IT)


●その2:生理前は甘い雰囲気を出してしまう

「男友達と飲みに行ったら、ちょうど生理前のタイミング。ムラムラしていたのか、すごく甘い雰囲気になってしまって、誤解を与えたかも。あれは、気分が盛り上がっていただけで、あんたが好きなわけじゃないからね!」(30歳/派遣社員)


●その3:生理前は彼氏とうまういく

「彼氏がやたらステキに見えるなあ、と思ったら、ちょうど生理前の排卵日。いっそのことずっと排卵日なら、彼氏とも仲良くやっていけるのに……。感情の変わり身の早さが憎い」(30歳/出版)

このように、女性たちに聞いてみると、この排卵日は自分ではコントロールできない感情の変化を感じていると言います。

生理前のムラムラは女性ホルモンのせいだから仕方ない

生理前にムラムラしたり、感情のコントロールができなくなってしまう理由を、医学博士・川上智史先生に解説していただきました。

川上先生によると、「生理前の排卵日、女性ホルモンが活発化している時期。このとき、まるで何者かに感情を支配されていると感じるくらい、体内ではいろいろなことが起きています」とのこと。

女性ホルモンである卵胞ホルモン(エストロゲン)や、黄体ホルモン(プロゲステロン)は卵巣で作られいます。

排卵前にこのエストロゲンを多く分泌させて、視床下部と言うところにある性中枢を刺激。
そうやって本能的に男性を受け入れたいと言う感情を起こすしくみになっているので、ついムラムラしてしまうのは当然なのです。

さらに、エストロゲンの分泌をコントロールしているのは、脳にある下垂体から出るホルモン(FSH,LH)。

このホルモンもまた、脳の別の部位(視床下部)からの指令(GnRH)でコントロールされています。視床下部は、ひとの情動もつかさどっています。

つまり、排卵日でホルモン分泌が活発な状態は、視床下部も活発に動いていて、それにつられて感情豊かになっている、というわけです。

ちなみに、感情のコントロールができずにイライラしてしまうならPMS(月経前症候群)を疑ってみましょう。





【PR】急な出費で今月ピンチ!!

女性ホルモンと上手に付き合っていこう

生理前のムラムラ。
それは、改めて女体の奥深さを感じるできごとだったのですね。

ホルモンのせいで感情豊かになってしまう、という事実を先に知っておけば、失敗エピソードも事前に防げるはずです。
ホルモンと上手にお付き合いしていきましょう。

(取材協力:医学博士・川上智史さん)

関連コラム

性欲が異常に強くて困っている女子へのアドバイス
生理中にセックスはNG!無神経な彼氏の発言にドン引き!
婚活以前に知っておくべき!自分の卵巣年齢と妊娠力
魚をキレイに食べる男はセックスが上手!?食事でわかる性格診断

(取材)
医学博士 川上智史
北里大学大学院医療系研究科医学専攻博士課程修了
予防医学を専門とし、一般向けに学術講演を行い予防の重要性に対して啓発を続ける。
またアンチエイジングアドバイザー、メディカルアドバイザーとして医学的に「美と健康」を追求。
軽快な講義と巧みな話で聴講者を飽きさせず女性を中心に人気を集めている。

Written by 浅川有紀
Photo by Jack Batchelor

女性 生活

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

他の人に教える

ページTOP