かわいい顔して「ぶえっくしょん!!とおやじクシャミをしているのは、あなた?

クシャミって一瞬の出来事だから、取り付くしまもなく、あなたの可愛さが台無しになる可能性大。
しかも、家で思いっきり「ぶえっくしょん!!えいくそ!」とか悪態ついている人は、特に気をつけましょう。
癖ほど怖いことはありません。気を抜いた時に出てしまうあなたのクシャミが一瞬にして、あなたを“おやじ化”させてしまうのです。
今まで可愛い格好やメイクで女子力アップしてきたのに、一瞬のうちにすべてが、ぶち壊し。場合によっては、笑いを誘えるかもしれませんが、その後は笑いの路線で行くことになるかも。

 

「ぶえっくしょん!」はご法度。男から見たかわいいクシャミとは

 

衛生的にみても、クシャミは菌を撒き散らし、唾液を撒き散らし、誰もが「手で押さえろ」と思っているはず。そこで、あなたのイメージを損なわない、クシャミ対策を考えてみました。

◆ハンカチで押さえる
→クシャミが出そう・・・と分かっている時のみ有効

◆はっくちゅんと可愛くしてみる
→普段からの練習が必要、もしくはぶりっ子、不自然との批判が出そう

結局のところ、手で押さえ、あまり音を立てないようにするしかなさそう。そこで、どんなクシャミが可愛いかを男子に聞いたら、

◆両手で口を押さえ、脇を軽く閉め、目線は斜め下方向、控え目に“くしゅん”
だそうだ。

家では好きにやらせて〜と言う人も、クシャミは品格をも表すと肝に銘じ、5回に1回くらいに抑えるように。
そう、クシャミはあなたの品格が出ます。
例えば、芸人気質の女子が「ぶえっくしょん!!ってやんでー」と言っても、あはは〜ギャグ?となりますが、「この子はフォーマルな場所には連れて行けないな」と思っている男子は意外と多いはず。
しかし、どこに連れていっても恥ずかしくない、早く家族に紹介したいと思わせる女子は、どうでしょう?
さあ、もうお分かりですよね。
あなたのイメージをぶち壊すようなクシャミはご法度。でも、どうしても出ちゃう時は、脇をしめ、両手で控え目を忘れずに。

とはいえ、アレルギー性、スギ花粉、ハウスダストなどでクシャミは、ほぼ一年中出やすい状況。逆にクシャミをするな、控えめにと言われてもなかなか難しいもの。

そこで、花粉症をはじめクシャミ対策には、免疫=自然治癒力をアップさせるストレッチが有効。
なぜなら、体内にウイルスが侵入してきたときに戦う免疫細胞(特にNK細胞)が、軽めの運動をすることで、活発に働くようになるからです。

 

花粉症対策!免疫=自然治癒力をアップさせるストレッチ

 

では、早速ストレッチ紹介。

1.床に座り、足の裏を合わせる。

2.合わせた踵を自分の方に引き寄せられたら、引き寄せ、つま先もしくは、足首を掴む。
息を吸いながら、背筋を伸ばし、胸を開き、そのまま5呼吸鼻での呼吸を繰り返し、鼻に溜まったウィルスや老廃物を出すイメージで深い呼吸。

3.そのままゆっくり、上体を前に倒す。

このストレッチは、女子のほとんどが気持ちがいい〜と思うかも。
それは、股関節周辺や脚の付け根周辺を伸ばし、血行やリンパの流れがよくなるから。
特に女性の悩みである、生理痛などにも効果があるので、積極的に実践するようにしてみては?

◆さらに美しいBodyを目指したい方に!
%%img:00001547:300%%
メールマガジン 『森和世の美しく痩せる!ホメられBodyの作り方』

中級編エクササイズ・ヨガを音声付き動画でレクチャーいたします。森和世へ直接、質問や悩み相談などが出来るQ&Aも実施中!

 

関連コラム

 

「くびれ」に男がハマってしまう理由
「きりり美人」のつくりかた
ミラクルな「二の腕」できます!
目指せ“ぷるるん桃バスト”
勘違いを解消「小顔」に効果的なこと

 

おすすめ特集コラム

 

月間ランキングTOP10
2012年!絶対に読んでおくべき記事5選
「女って怖いな…」と思わずにはいられない記事5選
自分を売り込むプロ=芸能人に学べ!「恋愛の極意」7選
サボリ女子のホメられBodyの作り方

 

森和世プロフィール

 

%%img:00000812:250%%
ダイエット=減量という引き算の考え方ではなく、理想のボディをデザインできる「エクササイズ」という足し算の考え方に基づき、日常生活の中で出来る美しく痩せるエクササイズなどを多数考案。

現在、ヨガインストラクター・エクササイズディレクターとして活躍。

ビューティーヨガニスト|森 和世フェイスブックページ
森和世フェイスブックページOPEN。ヨガにまつわる情報や、近況など、ココロもカラダもキレイになりたい女子必見!
Written by 森和世

ライフスタイル】の最新記事
  • イタイ! いつまでも若者気分が抜けていない女性の言動
  • 「さすがにドン引き……」男性が漏らしたムダ毛にまつわる本音
  • 無意識にやってない? 周囲が気になる「おば行動」
  • GoTo!恋人との初旅行での失敗話
  • 30代になってからじゃ遅い!20代のうちにやっておきたいこと
  • 結婚したいなら女子会を辞めるべき!? 女子会によるまさかの弊害
  • 「アイツ生意気!」女性だらけの職場で起こるトラブルあるある
  • 自由に使えるお金はいくら? OLのリアルな金銭事情ランキング