多くの犠牲者を出した東日本大震災。そのなかで、津波に襲われたにも関わらず、子どもの生存率が99.8%だった地域があります。
なぜ、このような奇跡が起こったのでしょうか?
その背景には、わたしたち大人が深く考えさせられるポリシーが隠されていました。

 

津波被害にあったにも関わらず奇跡の生存率

 

東日本大震災において、地震のみならず津波の被害にあった岩手県。しかし、沿岸部にも関わらず釜石市内では小中学生ほとんどが押し寄せる巨大津波から逃れて無事でした。その生存率、99.8%。
なぜこのような高い生存率となったのでしょうか。

同市では、震災以前から群馬大学の片田敏孝教授らによって、防災教育が徹底されてきました。震災当日も、教授が提唱した「想定にとらわれるな」「最善を尽くせ」「率先避難者たれ」という「避難の3原則」を、子どもたちが忠実に守った結果、この奇跡が起こったと言われています。

 

震災当日の子どもたちの行動

 

この「避難の3原則」は、“あの日”どのように実践されたのでしょうか?

2011年3月11日の午後。
大きな地震の揺れがおさまり津波警報が発令されると、市内の中学生の子どもたちは即座に避難を開始。常日頃から中学と合同訓練をしていた小学校児童たちも、中学生の姿を見て、すぐさまこれに続きます。

釜石市にはギネスに登録された世界一の大堤防があり、加えて、釜石の学校は安全な場所だと予測され、津波警報の避難地域に指定されていませんでした。
それでも、子どもたちはそういった「想定」などお構いなしに、大人からの指示を待つことなく自発的に避難したのです。

さらに、避難の過程で身体の不自由な同級生を背負い、低学年の児童や幼稚園児の手を引いて逃げる……といった行動をとりました。
そして、逃げようとしない大人を説得し、避難するよう必死に頼みます。片田教授によると、「大丈夫だ」と言ってなかなか動かないおじいちゃんにしつこくまとわりつき、最後は泣きじゃくり、やっとの想いで避難させた子どももいた……と言います。

「避難の3原則」は、緊急時のマニュアルながらも、自分一人が助かればよい、という身勝手な原則ではなく、進んで弱者に手を貸してあげることを教えていたのです。
結果的に、子どもたちだけでなく、多くの大人たちの命も守られることになったのでした。

 

防災だけでなく人生で重要なポリシー

 

あの大震災を境に、多くの日本人の防災意識は劇的に変化。日常的に防災グッズを携帯するとか、非常時の連絡方法を決めておくとか、いざというときの備えをしているかたも多いでしょう。

それに加え、どんな状況でも想定や初期情報を過信せずに、「まず逃げる」。
そして、自分の安全を確保したうえで「他者にも手を差し伸べていく」といった根本的な意識改革も必要だと実感します。
釜石の子どもたちの成果が「奇跡」という希少事例として語られることなく、広く浸透し、災害時の基本姿勢として認知・実践されることが望まれます。

また、「先入観や想定にとらわれず、常に最善策をとれるようベストを尽くすこと」……これは、防災に限らず、人生において重要なポリシーと言えるかもしれません。

震災によって様々な角度から「新たな価値観」を突きつけられた私たちにとって、子たちのしなやかで純粋な姿に学ぶべきことは、たいへん多いと思われます。

 

関連コラム

 

1年たって福島は、今…。
震災の絆!台湾旅行が爆発的に増えた
進化する防災対策まとめ
カッコよすぎる支援活動をした5人の男
これって私だけ!?人に聞きにくい話

 

おすすめ特集コラム

 

月間ランキングTOP10
2012年!絶対に読んでおくべき記事5選
「女って怖いな…」と思わずにはいられない記事5選
自分を売り込むプロ=芸能人に学べ!「恋愛の極意」7選
サボリ女子のホメられBodyの作り方
Written by 小宮山蘭子
Photo by renee.hawk

ライフスタイル】の最新記事
  • オカマ流 ポジティブに生きる方法|もちぎ
  • 自分をプラス思考にマインドコントロールをすると、本物のプラス思考になれるのか?
  • 男性だけじゃない…!身近にある女性のジャイアニズムとは
  • コンプレックスとの向き合い方。|エマちゃん
  • 【年代別】女性が自分の年齢を実感する瞬間とは?
  • 痩せてるのにメタボ判定!?栄養バランスが悪い女の怖い話
  • 女って怖い…勝手に流された「嘘のうわさ」
  • 「いい人ですね」は侮辱?男性が嬉しくない褒めことば6選