キレイな人は溜めてない!?女子の悩み「便秘」を解消する方法

 by 森和世

女子にとって便秘は、悩みの種。
この便秘が原因で、ポッコリお腹や、肌荒れ、意外にも肩こりといった症状まで引き起こされるから、本当に勘弁して欲しい! 
意外に思われる肩こりも、便秘のせいで腸内に毒素が溜まり、腸壁から毒素が血液に流れることで、血行不良という最悪の流れの結果と言うことも。毒素が体内に廻っていると想像しただけでも、体に悪そう……。
でも、なぜ女子ばかりが、毒素を貯めなくてはいけないのか? でも、あまり男子で「俺便秘でさ……」という声を聞かないのはなぜ?

男子に比べ、女子が便秘になりやすい理由

まず、男子に比べ腹圧が弱いから。つまり腹筋が弱いため、押し出す力が弱い。
次に、繊細な性格と生活習慣によるもの。朝が弱くてメイクするだけで精いっぱいと言う低血圧女子も多いため、トイレにゆっくり座る時間なし。会社に到着後、ヨーグルトや野菜ジュースなどを飲み始めると、お腹がゴロゴロ動き始めるけれど、なかなかトイレに籠るのは勇気がいるという悪循環が、遂には習慣になり、便秘への道まっしぐら。本来午前中は体の排出タイムなので、果物や野菜ジュースなど胃に負担のないモノを摂るのが理想的。そして、タイミングを逃さずトイレに行ければいいのだけれど、なかなかそうはいかないのが働く女子の辛いところ。
更に、生理も影響すると聞けば、便秘は女子の宿命なのか!と思えるほど。排卵後から生理前に便秘になりやいなと思ったことありませんか? 月経前には「黄体ホルモン」という女性ホルモンが多く分泌され、その結果、腸の蠕動運動が低下し、便秘がちになります。これらの主な理由からみても、男子に比べ女子は便秘アドバンテージが高いのです。

「蠕動(ぜんどう)運動」を促進!便秘解消エクササイズ

便秘を解消するには、食物繊維を多く含んだ食事改善や、トイレにゆっくり座る習慣などが挙げられますが、「蠕動(ぜんどう)運動」を自分で起こす方法もありです!
「蠕動運動」とは、腸が食べ物を排出するために収縮したりする運動をいいます。イメージとしては、ミミズなどの虫のように動く運動です。
例えば、お風呂でお腹を温め、ゆっくり円を描くようにマッサージするのも「蠕動運動(ぜんどう運動)」を促進する上では、効果的です。

そこで、今回は「蠕動運動」を促す、簡単ねじりポーズをご紹介します。
椅子に座っても、お風呂の淵に座ってもどこでも気軽に出来るので、今日はまだ……と気になったら、いつでもトライして下さい。もちろん、正しい姿勢で深く捩じれば、ウエストもくびれてきますよ。

では、早速動きを紹介。
1.椅子に浅く腰かけ背筋を伸ばし、姿勢を整える。



2.左足を右膝に乗せ、足を組む。右手を左膝の外に出し、ねじる。
この時、右手で膝を押し、膝は押し返すイメージでお腹を捩じる事を意識。
その後、左肩を後ろに引き、胸が気持ちよく開くように、最後に右目で斜め下床を
見るイメージで右首筋の伸びも感じるように。
ゆったりとした呼吸をしながら、10秒キープ。



3.反対側も同様に。




最後に、便秘って出なくなってから、何日目から言うのか? と言えば、実際には人それぞれという、かなりアバウトなもの。腹部膨満感、全身倦怠感、腹痛が起きなければ、必ずしも、毎日出さなきゃ、即便秘ではないのです。要は、例え2〜3日に1回でも、出た後スッキリ!であればOK。あまりナーバスに考えず、気持ちよさを味わえるように、ねじりの動きを習慣にしてみて下さい。


◆さらに美しいBodyを目指したい方に!

メールマガジン 『森和世の美しく痩せる!ホメられBodyの作り方』

中級編エクササイズ・ヨガを音声付き動画でレクチャーいたします。森和世へ直接、質問や悩み相談などが出来るQ&Aも実施中!





【PR】急な出費で今月ピンチ!!

森和世プロフィール


ダイエット=減量という引き算の考え方ではなく、理想のボディをデザインできる「エクササイズ」という足し算の考え方に基づき、日常生活の中で出来る美しく痩せるエクササイズなどを多数考案。

現在、ヨガインストラクター・エクササイズディレクターとして活躍。

ビューティーヨガニスト|森 和世フェイスブックページ
森和世フェイスブックページOPEN。ヨガにまつわる情報や、近況など、ココロもカラダもキレイになりたい女子必見!

Written by 森和世