イヤミ、陰口、派閥にイジメ、パワハラ…オンナの多い職場は、なにかとドロドロしがちです。

うまくやってるつもりでも、ちょっと気を抜くと自分がターゲットに…、なんてことも。

でも、実はちょっとした態度や言葉に気をつけるだけで、同性からの印象をよくすることができるのです。

性格を変えるより、生きかたを変えるより、テクを身につけた者が勝ち!

オンナ社会を賢く生き抜く「ノウハウ」をお勉強しましょう。

 

レッスン1 .基本は「姿勢」

 

人は、とくに女性は「見た目」で相手を判断する生き物です。

たとえば、同じ女性が違う姿勢で写っている写真を3種類用意し、それぞれの印象を尋ねる実験をすると、次のような結果になります。

1 .まっすぐな姿勢で正面を向き、目線をレンズに合わせ、ほほえんでいる写真
  →「性格が良さそう」「感じがいい」

2 .胸を張ってななめを向き、アゴをあげている写真
  →「上から目線で嫌なオンナ」「人を馬鹿にしている」

3 .背中が丸まって、目線が下に落ちている
  →「ヤル気が無さそう」「性格が悪そう」

そう、性格が良かろうが、マジメに仕事をしていようが、それほど親しくない間柄では関係ナシ。

姿勢や目線こそが、あなたの印象を決めているのです。

さらに、人は「キライだな〜」と思っている人の前に出ると、無意識に背を丸めて縮こまったり、目線を合わせないようにするという習性を持っています。

それゆえ、人間の脳は、姿勢が悪い人を見ると、「あっそ〜、アナタ私のこと嫌いなのぉ」と理解する訳です。

「たんに猫背なだけ」とか、「私って恥ずかしがり屋さんだから〜」とか言ってる場合ではありません。

オンナ社会をスイスイ渡っていくには、まずは「姿勢」!さらに「目線」!

大丈夫、むずかしいことはありません。イケメンの前でアナタが無意識にやっている、美しい姿勢とキラキラお目々のアレをやればいいのです。
  
ちなみに、姿勢が大事なのは座っているときも同じ。

いくらマジメに仕事をしていても、丸まった背中でパソコンに向かっていると、「何ダラダラ仕事してるのよっ」と思われることに。

まっすぐな姿勢でパシャパシャっとキーボードを叩いていれば、たとえ同僚とチャットをしていても「がんばってる」ように見えるから不思議です。

 

レッスン2 .言葉づかい

 

誰もがついやってしまいがちな、しかもたったひとことで嫌われる恐怖のNGワードがあることをご存知でしょうか?

その恐ろしい言葉とは、「え」と「は」です。

いま、「え?」と思ったアナタ、「は?」と思ったアナタ、それです。

先輩が早口でなにかいったとき、「え?」と聞き返していませんか?

女上司の指示の意味が分からなかったとき、「は?」と言ってしまっていませんか?

これをいわれた側の気持ちは、「トモダチかっ!」「何様!?!?」です。

ためしに、後輩からこういわれるシーンを想像してみましょう。

ね、なんだかイライラしますよね?

あまりに一瞬で、無意識に発せられるため、先輩も上司も、その場ではスルーします。 が、胸のなかは不快感でいっぱい。

つぎに誰かとあなたの話題になったときには、「あのコ、言葉づかい知らないからー」とか、「○○さんって、ちょっとカンチガイ入ってるのよね」となるのです。

聞き逃してしまったときには、「すみません、もう一度お願いします」ぐらいはいえるようになっておきたいもの。(出来れば、申し訳なさそうな表情つきで)

たとえ相手がカミカミでも、滑舌が悪くても、「え?」「は?」は、厳禁と心得ましょう。

 

レッスン3 .会話

 

女性は会話が大好きです。しかも、「わたし」の話が。

同僚も、先輩も、お局様も、女上司も、しゃべりたいのは、自分の話。

ならば、女だらけの職場で生き抜くコツは、ずばり「聞き役に徹すること」。

「えー、本当ですか〜、すごぉ〜い!」と、ノリノリで聞いてあげているつもりでも、その後に「でも、わたしだったら…」、「わー、偶然ですね!わたしも…」「わたしのときは…」と、つい「わたし」の話をしていませんか?

これは、オンナたちがいちばん嫌いなこと。「今は、わたしの話をしてんのよっ!」とムカつかれること間違いなし。

そんな事態を避けるため、会社の雑談では、いっそ「わたし」という言葉を発することをやめましょう。

「聞き上手」になって、職場のドロドロを回避し、サッサと帰ればいいのです。

「わたし」の話はアフター5に思うぞんぶんどうぞ。

いかがでしょうか?ぜひ明日から実践してみましょう。

「めんどくさい」と思ったそこあなた、オンナを敵にまわす恐ろしさに比べれば、微々たる努力ですよ!

 

関連コラム

 

愚痴を聞かされたときのカンペキな対応法
自分のミスが原因でプロジェクトがポシャったときの対処法11選
たった1分で仕事がデキる女になる6つの方法
『ツレがうつになりまして。』に学ぶ、がんばらない生き方
近年増加中の「不二子ちゃん女子」が男を捕えて離さない理由

Written by きたがわさい
Photo By Michael Kelly - construct photographic

 

おすすめ関連コラム

 

[9月]最も読まれた記事TOP10
「結婚」が頭をちらつく未婚女性が読んでおくべき記事7選
「いい男」かどうか見極められない女子に読んでほしい記事5選
みんなの知らない!有名人の強烈エピソード7選
 

ライフスタイル】の最新記事
  • 現代女子がプリクラを撮り続ける理由とは?~プリクラ今昔物語~
  • 愛していない年収1億の男は生涯的には「0円以下」の理由|エマちゃん
  • 夏は特に要注意!変態すぎる事件簿3つ
  • 浴衣ならなんでもいいってことはない!男子ウケ最悪なNG浴衣4選
  • 恥ずかしすぎる!プールで起きた屈辱珍事件5選
  • 女性に聞いた! 人生で一番「目から覇気が消えた瞬間」っていつ?
  • 好印象を与えたい!彼氏の実家に招かれたときの「必勝マナー」
  • 顔面偏差値が仇になる!?美人が性格悪く見られる6つの理由