ワード「恋愛計算式「ワタシ+」」

  • 新着
  • 人気ランキング

時代が変わってもありえない!初デートで割り勘の男がNGな理由

 by 南美希子

「食事でも行かない?」 恋は往々にしてこの一言からスタートする。 その気があって男性から女性を食事に誘った場合。 あるいは、初めての2人だけのデートのとき。 そんなときに、食事代を割り勘にしようと言い出すオトコは恋人失格とみていい。

続きを読む

「嫉妬心」とうまく付き合う、たった一つの方法

 by 南美希子

これだけは肝に銘じてほしい。 恋人を得ると同時に背負い込まなければならないのが、嫉妬という厄介な感情であるということを。 そう、本物の恋にもれなくついてくるのが嫉妬心なのだ。 だから、恋をするには相当の覚悟も必要なのである。 嫉妬心の湧かない恋はすでに朽ちてしまった恋か、疑似恋愛にすぎない。 そんなものはほとんど価値のないものなのであって時間の無駄にすぎないから、嫉妬心の 伴わない恋なんてものはさっさとゴミ箱に捨ててしまうべきである。

続きを読む

50歳からの老化現象はすさまじい!アンチエイジングの限界も…

 by 南美希子

「25歳過ぎたら、もうオバサンよ……。」 心の底からそうは思っていないにしても、こんな台詞を吐いたことをあなたはきっと後悔することだろう。 実際には生まれ落ちたときから、細胞の老化は始まっているわけだから、25年も生きていれば、それなりにオバサン化しているというのは、間違ってはいないのかもしれない。 しかし、その倍の年齢、つまり50歳を迎えたときのオバサンぶりは、実際のところ、それはもう救いようがないくらいすさまじいものなのである。

続きを読む

元彼を忘れるためにがんばった思い切った行動アレコレ!

 by Gow!Magazine編集部

大好きな彼と別れてしまった。彼と過ごした日々、彼との思い出、早く忘れなきゃいけないのに、忘れようにも忘れられない。どうしたらいんだろう。そんな元彼への気持ちを忘れるためにした、思い切ってがんばった行動を集めてみました。みんな涙ぐましい努力をして、元カレのことを忘れようとしています。

続きを読む

歳の差は壁にならない!年齢差カップルが心得るべき点とは?

 by 南美希子

恋愛における年齢の壁は果たして存在するのだろうか? 当然のことながら、愛の力は簡単に年齢差の壁など超えてしまうものである。 好きになった相手がたまたまうんと年上だった、あるいは、かなり年下だったということで、基本的に年齢が障壁になる可能性は低いといっていい。 中には年上の男性としか付き合わないという女性もいて、年上好みの女性は10歳以上も年上の男性を求めるものである。

続きを読む

見栄を張らない男なんてつまらない!彼が本物か偽物か見抜くコツ

 by 南美希子

すべてのオトコは見栄っ張りである。 ミエを張ることで男を張っているようなところがオトコにはあるのだ。 そして、オトコの言葉はすべて大言壮語であると言っていい。 大きなことをまずぶち上げて、あとから必死でそれに追いつこうとする。 それが男というものだ。 だから、大言をはけないようなオトコはつまらない。 自ら大言を吐き、それに追いつき、追い越したとき、達成感に酔いしれるのが男というものなのだ。

続きを読む

愛されすぎて不安?常に一緒にいたがる彼との付き合いに愛はない

 by 南美希子

愛し合う恋人たちは時間さえあれば、隙さえあれば、自分たちだけの世界に入り込もうとする。 たとえ人目の多い雑踏の中にあっても、恋する2人はあたりの状況はまるで目に入らないかのように、見つめ合い今にも抱き合わんばかりの素振りを見せる。 愛する人となら、密室の中にたとえ何日間閉じ込められても何の退屈も感じないだろう。 誰もがそう思うに違いない。

続きを読む

恋愛に作戦は不要!駆け引きのできる恋愛は偽物の恋である理由

 by 南美希子

人は他人からガツガツしていると思われることを極端に恐れるものだ。 だから恋愛に限らず、メールや電話をわざと数時間寝かせておいて返したりする。 「私はそんな暇人じゃあないんですよ。だからすぐに返事は期待しないでください」 そんなサインを相手に送ることで自分自身のメンツを保とうとする。 愚かなことだ。 本当にデキる人こそ、即効即決。レスポンスが実に早い。 恋愛も実はこれとまったく同じ理屈なのだ。

続きを読む

年齢を重ねても大人になれない女性たちへ…潔く生きるということ

 by 南美希子

単に年を重ねれば素敵な大人の女性になれると思ったら大間違いである。 年を重ねるということは、誰しも経験を重ねることである。 経験を重ねてもそこから何も学ばない人。 経験を重ね、ズルさだけ学び取る人。 経験を重ねても、自分で決断できない人。 周りを見渡すと男女と問わずそんな人も少なくなく、 そういう人は素敵な大人の女性とはいいがたい。 人が生きていくということは、常に自分で自分の落とし前をつけて生きていくことである。

続きを読む

恋に必要なのは少しの背伸び!身の丈に合った恋愛は成長しない

 by 南美希子

男女関係とはずばり、合わせ鏡のようなものである。 つまり、恋人同士とはうまくしたもんで、まるで鏡に映したように、お互い現在の自分の身の丈に合っているということだ。 はたから見ると片方がえらい玉の輿に乗ったように見えても、ふたりの知性・品性・感性のバランスはおそらく同等なのだ。 外から見るとは美女と野獣のようなカップルであっても、内容的にはぴったりフィットしているから一緒にいられるのだ。

続きを読む

キャリアと恋愛は両立可能!「恋する女」だけが本当の成功を掴む

 by 南美希子

忙しすぎて恋ができないというのは言い訳に過ぎない。 恋愛に恵まれないのは、決して仕事を与えすぎる上司のせいではなく、 あなた自身の問題なのである。 むしろ、恋愛と仕事の関係はエンジンとモーターのようなもので、両方が全開でフル稼働しているからこそ車が全力疾走できるのである。

続きを読む

「出会いがなくて…」なんてウソ!恋愛できない理由は●●にアリ

 by 南美希子

恋愛できない理由として、だれもが口にするのは「出会いがない」の一言だ。 しかし、出会いがないから恋愛できないというのはウソである。 いや、出会いがないという薄弱な理由で恋愛しないのは、怠慢以外のなにものでもない。 一日何百人単位の男性と対面しているコンビニの女性店員さんは果たして恋愛において圧倒的に優位だろうか……? 女性警察官や女性自衛官も同様だ。 男性に囲まれた職場の女性が常に恋愛勝者であると限らないように、出逢いはセットされたものではなく、あくまで自分でつかむものなのである。

続きを読む

「結婚できない女」なんて存在しない!一度は結婚をすべき理由

 by 南美希子

結婚は一度はしてみるものだ。なぜならば、俗にいう結婚適齢期をとうに過ぎてしまったり、周りの女友達の大多数が妻になり母になるのを見るにつけ、どんな女性も焦らずにはいられない。 そして、とんでもない妄想にかられるからだ。 その誤った妄想を吹き消すためにも一度結婚生活を体験すべきである。

続きを読む

「冷凍マグロ女」は卒業!男が求める“与える女” になるために

 by 南美希子

モテる女性でいたかったら、人に対して気を働かせること。 これに尽きるのである。 美貌や色気も女の武器であるに違いはないが、美人でそこそこSEXYなのに、今ひとつモテない女性がいる。 こういう女性の共通項は「冷凍マグロである」ということだ。

続きを読む

「大人の女」ってどんな女?長く男に愛される為に自立すべき理由

 by 南美希子

大人の女性の条件はズバリ、自分で自分の落とし前がつけられるということだ。 失敗しても、決して他人のせいにしない。 潔く自分自身で責任がとれる。 いざという時、矢面に立って戦える。 これができなくて、どうして大人のいいオンナと言えるだろうか。

続きを読む

エロとは天と地の差!アラサーだからこそ引き出せる色気とは?

 by 南美希子

色気はよくエロさとはき違えられる。 でも、実は天と地ほども違うものなのである。 エロさとはストレートな性的表現であって、過剰な肌の露出や誘えばすぐに落ちそうなたたずまいなど、下世話な劣情とチューニングしやすい。 分かりやすく言うと、男たちが「ヤリたい!」と思う雰囲気を充満させているのがエロい女性といえるかもしれない。

続きを読む

おすすめ!!Gow!Magazine スマートフォン版サイト

スマートフォンで、『ガウマガジン』を検索!

もしくは、以下URLへアクセス
http://magazine.gow.asia/