ワード「生活」

  • 新着
  • 人気ランキング

幸せの秘訣は1日106分の●●!勤務時間の3倍SEXで幸福に

 by きつたなお

セックスが美容と健康に良いとされていることは、医学的にも証明されていることであり、過去に『Gow!Magazine』でも何度かご紹介してきました。 ところが、ある研究で現代人はまだまだセックスをする時間が足りていないということが判明したのだとか……。 と言うのも、幸せになるためには1日106分のセックスをすることが必要だという、新たな説が浮上したから。 この調査内容について詳しくご紹介します。

続きを読む

キレイな人は溜めてない!?女子の悩み「便秘」を解消する方法

 by 森和世

女子にとって便秘は、悩みの種。 この便秘が原因で、ポッコリお腹や、肌荒れ、意外にも肩こりといった症状まで引き起こされるから、本当に勘弁して欲しい!  意外に思われる肩こりも、便秘のせいで腸内に毒素が溜まり、腸壁から毒素が血液に流れることで、血行不良という最悪の流れの結果と言うことも。毒素が体内に廻っていると想像しただけでも、体に悪そう……。 でも、なぜ女子ばかりが、毒素を貯めなくてはいけないのか? でも、あまり男子で「俺便秘でさ……」という声を聞かないのはなぜ?

続きを読む

大人女子なら知っておきたい!一目置かれる「酒の席でのマナー」

 by Gow!Magazine編集部

記憶がなくなるまで酒を飲み、他人に迷惑をかけるのは言語道断。 醜態は見せないまでも、酒の席で常識破りの行動を起こしてしまった経験を持つ女性もいるのでは? そこで今回は、大人の女性なら知っておきたい酒席のマナーを紹介します。

続きを読む

猛威を振るうウイルス…風邪を引いた彼をお見舞いする心得

 by ハラカナエ

インフルエンザやノロウイルスが、猛威を振るう季節になって来ました。国立感染症研究所が「今年のインフルエンザウイルスは、タミフルなどの抗ウイルス薬に耐性を持っている」と発表していることから、爆発的な流行も予想されているのだとか。 手洗いうがいで予防を心掛けるほかありませんが、彼が風邪をひいたと聞いて、思わず「チャンス!」と思ってしまうのは、乙女心ではないでしょうか? 体調を崩した彼を看病し、好感度を上げようという気持ちはよく分かりますが、そこには危険な落とし穴が潜んでいるようです。

続きを読む

結婚に焦りを感じてない女性が、焦らざるを得なくなった瞬間

 by ウラバナツミ

届いた年賀状を見ると、友だちが結婚や出産をしていたり、両親や親戚から「結婚はまだか?」と急かされたり……。 年末年始、実家に帰省して改めて結婚を意識させられたというかたもいるのではないでしょうか。 実際に、世の中のアラサーのどれくらいが結婚に焦りを感じているのでしょうか? Gow! マガジンが行ったアンケート調査によると「結婚への焦りがある」と答えたのは全体の48%で、「焦っていない」というひとのほうが多い結果になりました。 「仕事が楽しいから」「結婚がすべてではないと思う」ということが理由のようです。

続きを読む

ハッピーのもと、足りてる?寒さからくるプチうつを防ぐ方法6選

 by ウラバナツミ

太陽の光が減る冬は、うつ病にかかりやすい季節です。 冬にかかるうつ病は冬季うつといわれ、うつの症状が劇的に変化します。 冬期うつの症状が発症するのは10月初め〜11月の寒くなってきた頃。 だんだんと症状は悪化し、12〜1月には症状のピークを迎えます。 2月〜4月中旬の春を感じられるころになると症状は軽くなるそうです。 病院に行くまでではないけれど、冬の寒さからくる「プチうつ」にかかっている自覚のあるかた、いませんか?

続きを読む

「女子力ヤバくね?」男の本音炸裂!女子部屋でガッカリしたモノ

 by 池田園子

部屋に置くものに気を使っていますか? それらは部屋の主を体現しているといっても過言ではありません。 女子の部屋で見たくなかったもの、「本当に女子かよ?」とツッコミたくなってしまうものを、男子の皆さんにリサーチしてみました。

続きを読む

ガキ使よりも紅白!?正月の話題に見るオバサン度チェック!

 by フランクひらがな

年末から新年にかけての時期は、一年の中でも一番伝統的な行事が続く期間です。 この時期をどのように過ごすかは、年齢によってかなり差がでます。 そのため、この時期の行動はおばさん具合をはかるのにもってこい。 休暇中に自分のおばさん度をチェックして、新年からのランチタイムでの話題に備えましょう。

続きを読む

福袋を買ってオバサン化に歯止め!?初売りセールの極意とは

 by かぎあな

冬のクリアランスセールの季節になりましたね。 服装とオバサン化の関係はわかりやすく見た目に表れるもの。 自ら望んでオバサン化したわけではないのに、なぜ知らず知らずのうちに、服装がオバサン化してしまうのでしょうか? あなたのクリアランスセールへの姿勢から、オバサン度をチェックします。

続きを読む

それ、大丈夫?男性を部屋に上げる前にチェックすべきマイルール

 by ウラバナツミ

1人暮らしが長くなればなるほど、他人には見せられないマイルールが増えてきますよね。 「自分しかいないんだし、いっか」と少しの怠け心で生まれたマイルール。 いつしかそれが当たり前になり、変だと感じなくなってはいないでしょうか? 時期は年末。クリスマス前の合コンで出会った男性を急に部屋に上げることだってあるかもしれませんよ。 そんなとき、「ちょっと待って」と相手を待たせることなく男性を部屋に上げられますか? 今回は、今すぐチェックすべき! やっていたら男性に引かれること間違いなしのマイルールをご紹介します。

続きを読む

クリスマスムードが高まって…雰囲気に踊らさた失敗デート7選

 by フランクひらがな

もうすぐクリスマス! 本命の相手とのデートに気合いを入れて臨むかたも多いのではないでしょうか。 ネットも雑誌も、クリスマスコーデだの、ディナーだの、クリスマス特集を組んでいて、いやでもクリスマスを意識せざるを得なかったこの1か月。 そんな雰囲気に流されて、失敗してしまった経験はありませんか? 今回はクリスマス企画に踊らされ、失敗してしまった女性たちのエピソードをご紹介します。

続きを読む

セミナー、お守り…スピリチュアルおばさん化する女子の特徴

 by 池田園子

占いや祈祷、ヒーリング、デトックス……など、長年続いているスピリチュアルブーム。 「自称占い師」にすがる芸能人も出てくるなど、迷っているひとや弱っているひとの心を、強く捉えて離さないのがスピリチュアルの持つ大きな特徴です。 とはいえ、抜け出せなくなる可能性もありますから、依存しすぎは禁物。 スピリチュアルにハマりすぎているイタい女子の特徴を聞いてみました。

続きを読む

イルミネーションが美しすぎ!心を癒す海外のクリスマス風景8選

 by Gow!Magazine編集部

もうすぐクリスマス。クリスマスと言えばイルミネーションですよね! でも、仕事が忙しくてイルミネーションを見に行くヒマがない、ひとりじゃ寂しくて行けない……そんなあなたに、光り輝く海外のステキなクリスマス風景をご紹介します。

続きを読む

豪快、毒舌…一生の友達作るなら “ガサツ女子”が狙い目な理由

 by Gow!Magazine編集部

筆者の周りでよく「友だちがいない」や「友だちが欲しい」といった声をよく耳にします。 たしかに女の友情とは儚いもので、アラサーに突入し、周りが続々と結婚していく中「私たちは一生友だちだからね」なんて言っていたあの子も、急に「結婚することになりました」と幸せそうに微笑むのです。 一度は嫉妬に狂ったこともあったでしょう。 苦しかったですね、もう大丈夫です。あなたに正しい友達の人選を伝授します。

続きを読む

ケチ?倹約家?男子がドン引きした“節約女子”の実態

 by 池田園子

大人になると何についても自分なりの「やり方」が確立されてくるもの。 同じことをするのでも、他人の行動を見て「えっ、こんなことするの?」と、良くも悪くも驚いてしまうことがあるのではないでしょうか。 自分では常識だと思っていたものが、女子との間で家庭環境のギャップを実感したエピソードを男性に聞いてみました。

続きを読む

あなたはもう若くない!?「オバちゃんチェックシート」で判定!

 by Gow!Magazine編集部

女性として生まれたからにはいつまでも若々しくいたいものですが、同じ年でも若く見えるひととそうでないひとがいるのはいったいなぜなのでしょうか? もちろん外見というどうしようもない問題もありますが、一番大きな原因は、実はあなたの立ち振る舞いにあったのです。 あなたが「これぐらい、いいでしょ?」と普段何気なくとっている行動が、気づかないうちにオバちゃん扱いされてしまう原因になっているかもしれません。 そこで、独自の観点から「オバちゃんチェックシート」を作ってみました。あなたはいくつ当てはまるかチェックしてみてください。

続きを読む

あなたの職場にも…30代独女のドン引き“困ったちゃん”まとめ

 by ハラカナエ

上司や後輩、同僚といろいろな力関係が交差するのが職場。仲良くなり過ぎるのも、終始無言なのもイヤなので付かず離れずの距離を保ちたいところ。 しかし、そうはさせてくれないのが職場の「困ったちゃん」。とくにアラサー独女はとても面倒くさく、彼女らを敵に回すほど恐ろしいことはありません。 そんな困ったちゃんに振り回された、トホホなエピソードを紹介します。

続きを読む

晩産化時代だから受けたい、35歳以上の新出生前診断

 by 楓

厚生労働省が発表した「人口動態統計」によると、初産の平均年齢が30歳を超え、35歳以上での出産が約4分の1を占めているという現状が明らかになっています。 日本国内の晩婚化・晩産化が進むなか、母親の血液を検査することで三つの染色体異常がわかる、新出生前診断の臨床研究が行われようとしています。

続きを読む

鍋奉行が性格豹変?本当にあった壮絶な鍋パーティー7選

 by Gow!Magazine編集部

日に日に寒くなり、いよいよ鍋の美味しい季節がやってきました! 女子会、合コン、忘年会……どんなパーティーでも鍋があれば盛り上がれて、楽しい時間が過ごせるもの。 トマト鍋やカレー鍋といった変わり種鍋が昨年は大流行し、今年は濃厚な「海鮮トマト鍋」がブームの兆しを見せています。 そんな、楽しいはずの鍋パーティーですが、どうしても「自宅」が舞台となるだけに残念すぎる失敗談も多く生まれてしまいます。

続きを読む

おすすめ!!Gow!Magazine スマートフォン版サイト

スマートフォンで、『ガウマガジン』を検索!

もしくは、以下URLへアクセス
http://magazine.gow.asia/