ワード「女性」

  • 新着
  • 人気ランキング

結局女子力を磨いている女性が結婚していく事実と向き合う

 by トイアンナ

こんにちは、トイアンナです。いきなりですが「女子力」という言葉には自己研鑽というより、やや押しつけがましい響きはありませんか? 特に人から「もっと女子力磨いたら?」なんて言われるとムっとくる方も多いはず。 ちょうど先日、朝日新聞の調査で「女子力」という言葉に対するイメージ調査が行われました。その結果は「男性にとって都合の良いもの」「耳にする度、イライラする」と否定的なコメントだらけ。むしろ女子力をポジティブに使う人って残ってるのかしら、ってくらいのインパクトでした。 女子力からイメージされる家事能力やおしとやかさは男女平等をうたう私のような人間から見ると超前時代的。女子力が悪い…

続きを読む

初セックスでびっくり! アソコの毛のドン退きパターン5つ

 by Gow!Magazine編集部

お互いがセックスを楽しむためにもアンダーヘアの処理は重要なポイント。日本人にはアソコの毛を整える習慣があまりありませんが、欧米やヨーロッパでは身だしなみと同じように考えられています。今回は男性読者に、女性とのプレイでドン退きしてしまったアンダーヘア体験を聞いてみました。

続きを読む

時代はここまで来た!?男をヤリ捨てにする女性が増加するワケ

 by ハラカナエ

恋愛抜きでもセックスできる男たちが、あちこちに出没しては女性を食い物にしていた時代は終わりを告げつつあるようです。 なぜなら「ヤリ捨てされた……」と嘆く男性が増えているから。 いったい女子たちのなかで、どんな変化が起こっているのでしょうか?

続きを読む

バレンタインに出没! 男を惑わす罪な女5選

 by 柚木深つばさ

いよいよバレンタインデー目前。 株式会社イプサが20〜35歳の働く未婚男性200人に「バレンタインには、普段と違うドキドキ感がありますか?」と聞いたところ、20代男性の約4割が「ある」と回答。30代男性でもバレンタイン当日は、3人に1人が内心ドキドキしていることがわかりました。 ほかにも、男性の6人に1人が「女性のメイク・ファッションで、バレンタインデーの予定の有無を推測」していることが判明。反面、女性は予定の有無にかかわらず、バレンタイン当日は4人に1人が「メイクやファッションを気にする」と回答しています。 そんな男女の意識が違うバレンタインですので、もしかしたら誤解や勘違…

続きを読む

それ、結婚できなくなるよ!合コン後の反省会が楽しみな女子

 by トイアンナ

『冷恋婚活〜私に彼氏がいない理由〜』 こんにちは、トイアンナです。「婚活ブログ」ってご存知ですか? 婚活で出会った男性への感想や葛藤を日記にすることで、同じ婚活女子と交流したり「こういうのあるある〜」と共感できるブログです。 最近はTwitterでも婚活ネタを書き込むためにアカウントを作る女性がいます。もしTwitterをしていたら「婚活中」でユーザー名を検索してみてください。単なる日記に留まらず、中には『冷恋婚活〜私に彼氏がいない理由〜』のように書籍化される方も! ところが婚活や合コンを楽しくネタにしすぎると、かえって婚活が長引くことがあります。 おもしろコンテン…

続きを読む

働く男性が「彼女にしたくない!」と思った職場女子の特徴8選

 by かぎあな

著者の周りの男たちにリサーチしたところ「よほど外見がひどくない限り、職場の女子との恋は大歓迎」だということが判明した。そのわりには付き合ったという話を聞かないじゃないか、という素朴な疑問をぶつけてみると、「カワイイと思ったけど……」「結構イイ線まで行ったが……」と言葉を濁す。 その先にあった男たちの本音とは!?

続きを読む

大人女子なら知っておきたい!一目置かれる「酒の席でのマナー」

 by Gow!Magazine編集部

記憶がなくなるまで酒を飲み、他人に迷惑をかけるのは言語道断。 醜態は見せないまでも、酒の席で常識破りの行動を起こしてしまった経験を持つ女性もいるのでは? そこで今回は、大人の女性なら知っておきたい酒席のマナーを紹介します。

続きを読む

ゴックン!女性が使うとオトコが喜ぶイヤらしい「擬音」10選

 by 佐々木英造

普段の何気ない会話のなかで、「あれ、いまなんかイヤらしく聞こえた」と思う言葉があると思います。その最たるものが擬音ではないでしょうか。 擬音とは、ある物音を言葉にしたもの。例えば、犬の鳴き声を「ワンワン」と表現したりするものです。なぜ擬音がイヤらしく聞こえやすいのかといえば、性的な表現に用いられることが多いからにほかなりません。意図的に使うことで、相手を興奮させることも可能です。 今回は、元No1.キャバ嬢で、男性心理にも詳しいナナミ・ブルボンヌさんに「女性が使うとオトコが喜ぶイヤらしい擬音」についてお聞きしました。

続きを読む

見抜かれてる!SNSの使い方で警戒されるのはこんなオンナ4選

 by 佐々木英造

SNSの普及により、興味のある人の環境について、知りやすくなったところがあります。どこに行って、どんな人たちに囲まれているのかなど、生活スタイルがリアルに伝わってきます。 好意のある男性に自分をアピールするのにも使えますが、見ている側は、それを素直に受け止めているわけではありません。男性はその裏に隠された危険性を素早く察知します。そして、自分に降りかからないよう距離を置こうとします。 今回は、元No1.キャバ嬢で、男性心理にも詳しいナナミ・ブルボンヌさんに「SNSの使い方で警戒されるオンナ」についてお聞きしました。

続きを読む

コーヒーを高く売る戦略!スターバックス型婚活テクニック

 by マツタヒロノリ

「もうアラサーだから夢も見てられないし、早いとこ適当な男みつけて結婚しなきゃ!」なんて焦って、自分を安売りしてはいませんか? そんな発想では幸せな結婚は遠ざかるばかり。 変な男を捕まえてしまい、後悔するのが目に見えていますよ。 自分の値打ちを高めて本当にイイ男をゲットする方法は、『スターバックス・コーヒー』の販売戦略が参考になります。

続きを読む

猛威を振るうウイルス…風邪を引いた彼をお見舞いする心得

 by ハラカナエ

インフルエンザやノロウイルスが、猛威を振るう季節になって来ました。国立感染症研究所が「今年のインフルエンザウイルスは、タミフルなどの抗ウイルス薬に耐性を持っている」と発表していることから、爆発的な流行も予想されているのだとか。 手洗いうがいで予防を心掛けるほかありませんが、彼が風邪をひいたと聞いて、思わず「チャンス!」と思ってしまうのは、乙女心ではないでしょうか? 体調を崩した彼を看病し、好感度を上げようという気持ちはよく分かりますが、そこには危険な落とし穴が潜んでいるようです。

続きを読む

目指すはタートルネック美人!ほっそり首&小顔をつくるエクサ

 by 森和世

ビューティーヨガニストの森和世です。 タートルネックを美しく着こなすにはスッキリとした首を手に入れたいところ。そして、もう1つ気をつけなくてはいけないのが、むくんだ顔はご法度! そう、首元を隠したら普段以上に顔のサイズが強調されてしまいます。「あれ? あの人あんなに顔大きかった?」と言われないために、タートルネックの似合う、ほっそり首周り&キュートな小顔作りを始めましょう!

続きを読む

傷が深くなる前に見極めるべき!社内男性の「脈ナシ」サイン

 by かぎあな

どう見ても脈ナシなのにも関わらず、諦めがつくまでとことん突き進み、最終的には傷ついてボロボロになってしまう女子がいます。 とくにそのお相手が社内の男性だった場合、社内での立場や周囲の目も考慮しなくてはいけませんから、相手から脈ナシをほのめかされるくらいでスッパリ諦められるのが賢い女というものです。 とは言っても、実際に渦中にいると冷静になれないのが現実です。 筆者が実際に目にした同僚の社内恋愛を参考に男性が発する脈ナシサインの見分け方をご紹介します。

続きを読む

スキー、スノボー…冬スポーツでアラサー女子が恋を実らせるテク

 by ウラバナツミ

冬といえば、ウィンタースポーツ! ウィンタースポーツ最盛期のこの時期、これからスキーやボードに出かける予定を立てているというひともいるのではないでしょうか? 一面銀世界の非日常な空間では、恋のエンジンのかかり方も激しくなるものです。 しかしながらスキー場には、アラサー女子の恋活にとって大きな障害ともなり得る落とし穴があったのです!

続きを読む

ガキ使よりも紅白!?正月の話題に見るオバサン度チェック!

 by フランクひらがな

年末から新年にかけての時期は、一年の中でも一番伝統的な行事が続く期間です。 この時期をどのように過ごすかは、年齢によってかなり差がでます。 そのため、この時期の行動はおばさん具合をはかるのにもってこい。 休暇中に自分のおばさん度をチェックして、新年からのランチタイムでの話題に備えましょう。

続きを読む

セミナー、お守り…スピリチュアルおばさん化する女子の特徴

 by 池田園子

占いや祈祷、ヒーリング、デトックス……など、長年続いているスピリチュアルブーム。 「自称占い師」にすがる芸能人も出てくるなど、迷っているひとや弱っているひとの心を、強く捉えて離さないのがスピリチュアルの持つ大きな特徴です。 とはいえ、抜け出せなくなる可能性もありますから、依存しすぎは禁物。 スピリチュアルにハマりすぎているイタい女子の特徴を聞いてみました。

続きを読む

マトモな男なのに…合コン後の「ピンとこない」の真意とは!?

 by かぎあな

あなたの周りにもこんな女友達はいませんか? 「相手に求める条件はとくにない」「普通のひとでいいから誰かいない?」と言うわりに、合コンでアプローチされた男性にはまずなびかない。 見た目はマトモっぽい男だし、せっかくアプローチされているんだから、一度くらいデートしてみればいいのに……。 そんなとき、決まって彼女たちが言うセリフが「なんかピンとこないんだよね」この言葉の真意を計ってみました。

続きを読む

これがあるとビッチ認定!?SEXにまつわる男のホンネ

 by Gow!Magazine編集部

男性が女性を脱がしたときに、やっぱり気になるのが「乳首」と「デリケートゾーン」。普段は隠れてみないところで、脱がしてみて初めて見ることができる場所。 そこでやっと見た「乳首」と「デリケートゾーン」がキレイだと、彼の感動もやる気もきっそのまま伝わってくるはずです。 そこで気になるのが印象。特に乳首やデリケート部分の「黒ずみ」は何とかケアしたいです。 「乳首が黒ずんでいる女性は遊んでいる」という俗説を信じる男性は少なくなっているとはいえ、肌を重ねる期間や回数が増えてくると、なんとなく使った分だけ黒く感じてしまうこともあります。キレイな女性らしいピンク色をした乳首に、やっぱり…

続きを読む

ヤダッ恥ずかしい!濡れすぎる女子の上手なごまかし方

 by 佐々木英造

大好きな彼とのエッチ。いっぱい気持ち良くなりたいし、相手にも気持ち良くなって欲しいと思いますよね。 お互いにエッチを楽しむためには、不安要素をなくすことが大事。ニオイなどは誰しも気を使うところかと思います。 でも、どうしても隠せないのが、アソコの濡れ具合。あまりに濡れすぎると、彼にいやらしい女だと思われそうで怖い。 そこで今回は、女性の肉体や心理に詳しい看護師の大木アンヌさんに、「濡れすぎる女子の上手なごまかし方」をお聞きしました。

続きを読む

おすすめ!!Gow!Magazine スマートフォン版サイト

スマートフォンで、『ガウマガジン』を検索!

もしくは、以下URLへアクセス
http://magazine.gow.asia/