今回は、仕事中はNGの癖をご紹介します。
 

仕事中はNG! ついついやってしまいがちな癖1 貧乏ゆすり

 

貧乏ゆすりが癖になっている人は要注意です。
集中しようとしている人にとって、貧乏ゆすりはイライラの元になります。
 

仕事中はNG! ついついやってしまいがちな癖2 強すぎるタイピング

 

強すぎるタイピングは、雑音となり、周囲の人の集中力を妨げている可能性があります。
 
タイピングの音がうるさいという自覚がある人は、キーボードにカバーを被せるなどの工夫をしてみるとよいでしょう。

仕事中はNG! ついついやってしまいがちな癖3 なるほどですね。

 

目上の人に向かって、タメ口で話すのは当然NGですが、丁寧語や敬語であったとしても、不快感を与えてしまう可能性はあります。
 
たとえば、「なるほどですね」は、親しすぎる印象を与えてしまうので、不快だと感じる人もいるようです。
 
目上の人と話すときは、砕けた話し方は避けるようにしましょう。
 

仕事中はNG! ついついやってしまいがちな癖4 スマホチェック

 

現代人はスマホ中毒になっている人も多いのが実情です。
 
ですが、仕事中にあまりに頻繁にスマホをチェックするのはやめておきましょう。
 
こういった例もあります。マッチングアプリ中毒になっていた人物が、アプリからのメッセージを確認しているところを同僚に見られ、上司から注意を受けた、という例です。
 
そんなことになったら恥かしすぎますから、スマホ依存の自覚がある方は、注意してください。

仕事中はNG! ついついやってしまいがちな癖5 話を途中でさえぎる

 

人が話しているときに途中で遮るのはNGです。
上司や先輩の話をさえぎったら、相手を不快にさせるでしょう。
 
部下や後輩の話を遮ったら、「この人には話を聞いてもらえない」と見放されるかもしれません。
 
いずれにせよ、相手の話は最後まで聞いた方がいいことは確かでしょう。
 

仕事中はNG! ついついやってしまいがちな癖6 調べる前に質問

 

わからないことがあるからといって、なんでも質問してしまってはウザがられます。
 
自分で調べられることは調べましょう。
 

仕事中はNG! ついついやってしまいがちな癖7 自虐

 

年齢を自虐するのはやめましょう。
 
こういった例もあります。
ある女性が、若い派遣の女性たちの前で、「若いっていいね。私たちはもうおばさんだから」と自虐を始めました。
 
私たち、とは、同僚のことです。
彼女の言葉は同僚を不快にさせただけではなく、近くにいた、より年齢の高い人たちの気分も害することになったのです。
 
年齢自虐にとどまらず、あらゆる自虐は、多くの場合、自分以外の人も貶めます。
 
百害あって一利なしですから、職場では自虐をする必要はありません。
 

仕事中はNG! ついついやってしまいがちな癖8 マイナス思考に浸る

 

仕事でミスすることもあるでしょう。うまくいかないこともあるでしょう。
ですが、ネガティブになっているだけでは、仕事は進みません。
 
後悔するべきところは、しっかり後悔し、次に繋げましょう。
 
今来 今/ライター
 
■仕事で気持ちが「ポキッ」と折れてしまったときに考えたいこと4選
■デキる女が見せる「仕事ができる女に見える」社内での行動5パターン
■「仕事が忙しい」という理由で振られた! 男性の本当の気持ちは何?

仕事】の最新記事
  • 「今の環境を変えたい」やりたいことの見つけ方
  • 上司の部下のジェネレーションギャップ集
  • 勝ち組キャリア女性になるために重要なポイント
  • 数秘術|誕生日でわかる!生まれ持った仕事運
  • 仕事中はNG!気付いたらやってしまう癖8選
  • 仕事がうまくいかないと恋もうまくいかない人へのアドバイス
  • やりがいが見当たらない仕事を続ける意味とは?
  • 聞き分けのない部下が上司に対して思っていること