今回は、20代から30代の男女に、プライベートの出来事がきっかけで仕事へのモチベーションが下がったきっかけを聞いてみました。
 

仕事のモチベーションが下がるプライベートの出来事1 失恋

 

「ベタな話なのですが、『〇〇は俺がいなくても生きていけるから』とふられてしまいました。
 
彼は私の方が収入が多いことも気に食わなかったみたいです。
仕事頑張ってるからってふられるなんて、と一時的にモチベーションが下がりました。今となっては別れてよかったと思います。
 
今は、お互いに尊敬できる人と付き合えているので、仕事へのモチベーションも高いです」(30代・医師・女性)

仕事のモチベーションが下がるプライベートの出来事2 夫の不倫

 

「私の夫はダンサーで、夫は私のお金で夢を追っています。
 
それなのにも関わらず、夫の不倫が発覚。なんで私は不倫までされながら、夫のために働かなきゃいけないんだ?と仕事をしているのがバカらしくなりました。
 
夫と別れてからは、自分のために仕事をするようになって、仕事の楽しさを思い出せました」(20代・会社経営・女性)
 

仕事のモチベーションが下がるプライベートの出来事3 仮想通貨で大儲け

 

「初期にビットコインを購入していたので、かなり儲けました。
 
結局、働いているのがバカらしくなったので仕事はやめました。
 
あと数十年は遊んで暮らせるお金があるので、仕事へのモチベーションはゼロです」(20代・IT企業勤務・男性)

仕事のモチベーションが下がるプライベートの出来事4 友達の遺産相続額を聞いて

 

「友達の遺産相続の金額を聞いたとき、本当に世の中って不公平だなあと思いました。
 
毎日10時間くらい立ちっぱなし、働きっぱなしでたいした給料をもらえない自分の立場が情けなくなりました。
こんな仕事しかできない俺って?俺がこの仕事する意味ある?なんんて考え始めて、仕事へのモチベーションが地に落ちました。
 
でも、それも一時的なことでした。よく考えたら、自分は接客業が好きなんですよね。
 
もし自分に遺産が転がり込んできても、きっと週2とかでこの仕事を続けてるだろうなと思うし、そう思える仕事につけてるってとてもラッキーなことだと今は思っています」(30代・アパレル企業勤務・男性)
 

仕事にモチベーションって必要?

 

今回は、仕事のモチベーションが下がるプライベートの出来事をご紹介してきました。
 
モチベーションが下がったところで、生活をするためには働かなければなりません。
 
そう考えると、大切なことは、「モチベーションが下がっても続けられる仕事」を選ぶことなのかもしれません。
 
「モチベーションが下がっても続けられる仕事」がどんな仕事かは、人によって違います。
 
あなたにとって、長く続けられる「モチベーションが下がっても続けられる仕事」とはなんなのか、この機会に考えていただければと思います。
 
今来 今/ライター
 
■ダイエットにめげそう! モチベーションを上げる考え方とは?
■視界に入るだけでイライラする! うちの職場のダメ男
■社畜さん乙です!ブラック企業にありがちなゴールデンウィーク

仕事】の最新記事
  • 仕事中はNG!気付いたらやってしまう癖8選
  • 仕事がうまくいかないと恋もうまくいかない人へのアドバイス
  • やりがいが見当たらない仕事を続ける意味とは?
  • 聞き分けのない部下が上司に対して思っていること
  • これで100%成功する!フリーランスから安定職に就くときに抑えておきたい3つのポイント
  • GW中も連絡をしてくる――職場にいる「嫌な人」のエピソード
  • 仕事において「プロ意識」を持つ人が得られるもの
  • 「仕事中心の生活」をしている人と「仕事は人生のサブ要素」という人の違い