「起きている時間の半分以上は職場で過ごすのだから、嫌な仕事はすぐに辞めた方がいい、人生を無駄にするな」という人がいます。ですが辞めたあとどうなるかを考えたら、簡単には辞められませんよね。今回は仕事を衝動的に辞めた人が、その後どうなったのかという実例をご紹介します。
 

嫌な仕事はすぐ辞めた方がいい?ケース1 社長とケンカして会社を飛び出した人の末路

 

理恵子(仮名・27歳)は、社員40人の小さな編集プロダクションで編集者として勤務していました。
働き始めてから1年経ったある日、社長のワンマンなやり方や、残業代無し・ボーナス無し・会社に泊まりありの過酷な業務実態に納得がいかず、口論になってしまいます。「1年間ためていた不満が一気に爆発した感じ」で、これまでの思っていたことをぶちまけ、「辞めます!」と会社を飛び出したそうです。
 
「ほんとに勢いだけで、辞めたあとどうするかなんて一切考えていなかった」という彼女ですが、退職後すぐに知人からフリーの編集者としての仕事をオファーされます。
 
「次の就職先が見つかるまで、フリーでちょこっと働いてもいいかなって気軽に始めた」仕事でしたが、理恵子の仕事の丁寧さ・迅速さは口コミで広がり、どんどんクライアントは増えていったそうです。
 
「仕事を辞めて、半年で月収がこれまでの4倍以上になった」という彼女は、一年後に会社を設立。現在では社員を雇い、経営者として手腕をふるっています。
 
「自分で起業するとは思わなかった。雇われているときとは違う苦労もあるけど、今の方が断然やりがいがある。あのとき辞めて本当に良かった。自分が経営者になった今、あのときの社長は本当に良くない社長だったなって思う」

嫌な仕事はすぐ辞めた方がいい?ケース2 大企業に嫌気がさした人の末路

 

瞳(仮名・33歳)は、とある大企業で事務系の仕事を行なっていましたが、ある日唐突に「もっと面白い仕事がしたい」「大企業の歯車になるのは嫌だ」と退職してしまいます。
 
「小さい企業だったら、やりがいがあるかも」と考え、中小企業の面接を受けることに。しかし給料の少なさと福利厚生という概念の無さにうんざりしたそうです。
 
また、「クリエイティブ系の仕事だったら、やりがいがあるかも」と考え、異業種にチャレンジしてみるもののことごとく惨敗。「30代から未経験の仕事にチャレンジすることの難しさ」を思い知ったといいます。
 
「同じような大企業に再就職するんだったら、辞めた意味がない。でも、やりがいがあり、福利厚生がしっかりしている仕事はなさそう」
もうすぐ退職してから1年が経過しますが、未だに就職先は決まりません。「もう派遣とかアルバイトでもいいのかなって思うように。無理せず気楽に働ける場所を見つけたいです」

さいご

 

今回は、退職後の計画を立てずに勢いで退職した人の事例をご紹介しました。
退職後に、会社を設立し成功した人もいれば、就職先が見つからず、やむなく非正規で働こうと考えている人もいます。「辞めたらどうにかなるだろう」という気持ちで辞めて、成功した人の事例ばかりがメディアに取り上げられる傾向にありますが、現実には「辞めてもどうにもならなかった人」「生活レベルが著しく下がってしまった人」がいるということを認識しておきましょう。
 
(今来今/ライター)
 
■「ブラック企業を辞めたいけど、辞められない」人に知ってほしい話
■「本当にこのままでいいのかな?」仕事と結婚に悩むアラサー女性へ
■男女に聞いた! 転職を決意した瞬間 3選
 

仕事】の最新記事
  • あなたを成功に導く!才能と仕事
  • 今の会社を退職したら、この先私の仕事はどうなる?≪姓名判断≫
  • あなたが活躍できる!「本当の天職」
  • 仕事未来鑑定|今の仕事、この先どうなっていく?
  • 今、あなたが抱えている仕事。この先どんな展開が待っている?
  • 誕生日占い|今の仕事、私に向いている?
  • この先どうしたらいい?今の仕事、私に向いてる?
  • 要注意!あなたが仕事で陥りやすい落とし穴とは?