こんにちは、沙木貴咲です。社会人になりたての頃は、とにかく職場に慣れるとか、与えられた仕事を覚えるだけで必死だったかもしれません。でも、就職して一年、二年……と時間が経つにつれて、いかに仕事を充実させるかに意識はシフトしていくでしょう。

 

特に、上司や後輩との人間関係は難しいところ。業務そのものより頭を悩ませている人が少なくないのでは?

 

「自分が気持ちよく仕事する」より「相手を気持ちよくさせる」を大事に

 

どんな仕事も人間関係は必須で、一人きりで成立する仕事はありません。在宅で単独作業をするものであっても、必ず誰かと繋がり、その関係性を良く保つことで仕事は継続・発展していくものです。

 

そのため、自分が気持ちよく仕事したいと思ったら、「相手から求められる存在」になった方が良いですし、「相手が好感を覚える仕事ぶり」を見せるべきでしょう。

自分本位な主張ばかりしても、信頼関係は構築されず、仕事にも広がりが生まれないはずです。

 

実際に、あるIT企業の取締役の方が言っていたことですが、「多少スキルが劣っても良好な人間関係が築ける相手と、高いスキルや実績を持っているけれど付き合いづらい相手であれば、前者と仕事がしたい。何かあった時に『あの人に頼もう』と思い出してもらえることは大事」だそうです。

年齢が若く、職務経験が浅いうちは特に“仕事を与えられる”側にいるため、上司や取引先に好感を持たれることを重視すると良いでしょう。

 


チーム全体、会社全体にとってプラスになること

 

仕事をする時、自分に都合の良い流れがあるとラクだし、うれしいものですが、それを意図的に作ろうとしても周りから「自己中な人」とドン引きされるだけ。

自分がチームや会社から何を求められているのかを正しく把握して、それに応えることが何より大切です。

 

みんなのために動くことを、メリットのない自己犠牲と感じる人もいるかもしれませんが、実は自分にとってプラスが多いんです。

なぜなら、チームメイトとは組織として集められたから成立するわけではなく、自ら働きかけて作り出していくものだから。

 

自分が上司や同僚を信頼すれば相手も同じように信用してくれますし、困っている後輩に手を貸せば、「いつかお返しをしたい」と思われるのが普通です。

また取引先に対して、自分だけが利益を得るような話を持ち掛けると嫌われますが、お互いにwinwinの取引を提案すれば「長く付き合っていける会社」として好意を持ってもらえます。

 

『急がば回れ』というように、うまく仕事を回したいと思うなら、意識は周囲へ向けて「みんなのため」を意識すると良いですよ。

 

苦手な人の対処法

 

職場には意地悪な人もいるし、性格が合わない人もいます。でも、「嫌だ」と言ってもその人が異動・退職をしない限りは、ずっとかかわり合いは続く訳で……。

苦手な人を避けるよりも、いかにうまく付き合っていくかを模索した方が建設的でしょう。

 

そして、どんな出会いであっても必ず意味があります。人間関係はよく鏡に例えられますが、苦手な人との付き合いに「嫌だな」と思うだけでなく、何かしらの気づきが絶対にあるものです。

反面教師にするのか、同族嫌悪を感じるのか、いずれにしても自分を見つめ直して得るものがあるでしょう。

 


さいごに

 

いったん社会に出ると、結婚して専業主婦にならない限り、仕事はずっと続きます。「うまくいかない。人付き合いがイヤ」と言い続ければ、日常生活そのものがツラくなってしまうはず。

 

休日に気分転換したところで、根本解決はしません。自分が気持ち良く働ける環境作りと、仕事が回りやすい考え方を心がけた方が良いんです。

苦しさは根っこから取り除いてスッキリしましょうね。

 

(沙木貴咲/ライター)


■【上司を好きになった人必見】上司に嫌われる部下の特徴とは

■仕事占い|私が今、職場で褒められているのはどんなことですか?

■社内恋愛でトラブルが発生! そのときはどうすればいいの?

関連キーワード
仕事】の最新記事
  • セクハラ気味の上司……正しい対処方法とは?
  • 今の仕事からあなたが得るもの、この先の仕事について占います
  • 今、副業をするなら何がいい?あなたが確実に稼ぐ方法
  • 転職するか迷っているなら、今のあなたの状況を視てみましょう
  • 今の会社に残ることは私にとって良いことですか?
  • なかなか給料が上がらない……収入を増やしたいあなたへのアドバイス
  • 3カ月で変化が起こる?あなたが仕事で活躍するには
  • 仕事が辛い!転職したら悩みは解消しますか?