社会に出て働くためには、「コミュニケーション能力」が必ず必要だと思われていた時代もありました。
ですが、現代ではコミュニケーション能力が低くてもできる仕事がたくさんあります。
 
今回は、「仕事のために、コミュケーション能力を伸ばしたい」と考えたことがある人向けに、「コミュニケーション能力を伸ばす必要ないのでは?」という問題提起をさせていただきます。
 

「仕事・就職するならコミュニケーション能力が絶対必要」だった時代もある

 
「仕事ではコミュニケーション能力が必要」「能力がなくても、コミュニケーション能力が高い人は出世している」というのは、ある一面において真実です。
 
現代でも接客業や、チームで動く必要のある仕事の調整役などは、高いコミュニケーション能力が即賃金に反映されるでしょう。
 
また、インターネットが普及していなかった時代には、フェイストゥフェイスのコミュニケーションが必須だったため、「対面でどれだけ円滑にコミュニケーションできるか」「職場のメンバーと仲良くできるか」なども一緒に働くにあって重要なファクターでした。

関連キーワード
仕事】の最新記事
  • セクハラ気味の上司……正しい対処方法とは?
  • 「仕事・就職するならコミュニケーション能力が絶対必要」は古い
  • 羨ましい…世界のゆるい働き方紹介
  • 今の仕事からあなたが得るもの、この先の仕事について占います
  • 「ブラック企業を辞めたいけど、辞められない」人に知ってほしい話
  • 今、副業をするなら何がいい?あなたが確実に稼ぐ方法
  • モテも高収入も手に入れる! 仕事ができる女性に近づく5つのヒント
  • 転職するか迷っているなら、今のあなたの状況を視てみましょう