「これ、今日中だから」定時に帰ろうとした途端、仕事をお願いしてくる上司。「どうせおまえは仕事なんて出来ないんだから」と精神的に追い詰めたり、罵声を浴びせる上司……。理不尽な上司は、どこの企業にもいるものです。
 
パワハラ上司は、自分より立場が弱い人を見つけていじめる傾向があります。「おまえなんて、やめちまえ!」など、理不尽な罵声を浴びせる原因が、実は彼本人の仕事のストレスなんてこともあるのです……。今回の記事では、理不尽な上司やパワハラ上司への対処法を紹介します。
 

ボイスレコーダーや携帯で音声を録音する

 
あまりにパワハラがひどい時は、音声を録音しておきましょう。時と場合によっては、労基署や警察、人事に提出できる資料になるかもしれません。残業代が支払われないなどのパワハラは、諦めずに残業時間をメモしておきましょう。
 
タイムカードがあれば、コピーなどしておきましょう。もし、残業時間を忘れてしまったのであれば会社で使用したメールなどでチェックして残業時間を計算しましょう。後で請求できるかもしれません。
 
基本的に、パワハラ被害は証拠がなければ立証しずらいものです。流石にボイスレコーダーに抵抗がある方は、携帯電話で録音するのも良いでしょう。
 

関連キーワード
仕事】の最新記事
  • 生年月日でわかる!あなたが憧れの仕事をできる可能性
  • 「仕事が忙しいから」仕事を理由に振られた! 本当の理由は何?
  • 出世のチャンス!上司からの評価が変わるアピールポイントとは?
  • 仕事の悩みを解消して、充実した毎日を送るには?
  • 仕事を辞めたい!今すぐ転職を決めても大丈夫?
  • 今の仕事、続けるのが正解?転職するべき?
  • 今日の運勢占い|あなたの今日の仕事運は?
  • 理不尽な上司にムカッ! パワハラ上司の対処法