“デキる女”そう呼ばれることは、働く女性にとっては憧れかもしれません。一生懸命に働く姿にカッコよさを覚え、生き様のようなものも垣間見える女性像です。
 
このようなキャッチコピーが付かないとしても、仕事を頑張っている女性なら誰しも「仕事ができる」存在になりたいと思うものですよね。
 
そこで、今回は実際に仕事ができるか、は置いておいて……「仕事できる女に見える」社内行動を取材してみました。取材で明らかになった「仕事できる女に見える」社内行動5パターンをお届けします。
 

ランチはつるまない

 

「“不穏”の種はだいたいランチにある。余計なことに気を取られず、トラブルに巻き込まれないために、極力ランチはつるまないようにしています。ひとりランチの気楽さは一度味わうとやめられません」(34歳/IT)
 
孤高の女、ここにあり。食事や休憩の時に誰かとつるむことを良しとせず、自分のスタンスを貫く姿が“デキる女”感満載です。
 
実際には仕事ではコミュニケーションが大切なのはどんな仕事でも一緒です。この方の場合も別のタイミングで周囲とのコミュニケーションをはかっていることをお忘れなく。それがなければ、ただの独りよがりですからね。

男に厳しく、同性には甘く

 

「同性の後輩には優しく接するようにしています。『仕事のできる女』というのは女からの目線で、後輩にそう思われて損なことはない。反対に男性には多少きついくらいが丁度良くて、Sっぽい感じで対応したほうが物事はスムーズに進みます」(29歳/メーカー)
 
ドラマにありがちなデキる女のパターンですよね。実際には、キツくあたられる男性社員側が面倒を見てくれていることのほうが多いのですが、同性の後輩から憧れの存在として見てもらえると、仕事がしやすくなるという理屈はごもっとも。
 
この時代に男女の意識を鮮明にすることもないとは思いますが、オンオフを切り替えられるとよいということでしょうか。
 

感情的にならない

 

「感情的になったら負けだと思っています。そこですべてが終わる、くらいの気持ちですね。職場に普通の女として顔を出せるのは20代まで。それに未婚で感情的な性格だったら、周囲になにを言われるかわかりませんから」(33歳/商品開発)
 
感情で乗り越えることも必要でしょうけれど、何かにつけて感情的になることは、余計な敵を作ったり、自分をコントロールできない人だと思われて損することのほうが多そうです。
 

敵・味方を明確に

 

「私は社内で誰が味方で誰が敵なのかをしっかり把握しています。社内での敵は仕事の業績で圧倒して倒していくしかない。だからこそ仕事にも打ち込めるんです」(33歳/広告)
 
敵を作ること自体はあまり好ましいことではありませんが、目標やライバルを設けることに置き換えればわかりやすそうです。自分が業績好調で、他人からねたまれるくらいの存在であれば、次はその相手を仲間に取り込むなどしないと、争いにしんどくなってスランプに陥る可能性も無きにしも非ずでしょう。

他人に余計な関心を持たない

 

「職場の人間に関心を持たなくなってから仕事がはかどること。正確にはどうでもいい人間にまで関心を持つ必要がないって。嫌いな同僚や上司のことを考えるなんて、ほんとうに時間の無駄なんだって気付いたんです。それ以来、サバサバしてるように見えるみたいで、男性社員の受けも良くなった」(35歳/販売)
 
他人を気にしすぎて、自分のことが考えられなくなるのは、まったくもって残念な気持ちになりますよね。時間は有限ですから、この方のおっしゃる通り自分に時間を割けるようになると、周囲からの好感度も増すかもしれませんね。
 

「仕事できる女」に思わせるメリットとは?

 

お仕事系のドラマではすっかり王道となった未婚ヒロインの定番セリフ「仕事と結婚した」を地でいく女たちによる証言の数々。
 
いずれも目の前の仕事に集中するためには実践的だと思える行動ばかりでした。仕事ができるように見える、そのためには合理的な考えで、やや利己的な考えを持つことが重要なのかもしれません。
 
(かぎあな/ライター)
Photo by robert9452
 
■仕事が忙しい女性に対する男性の本音【彼女候補になるorならない】
■「本当にこのままでいいのかな?」仕事と結婚に悩むアラサー女性へ
■理不尽な上司にムカッ! パワハラ上司の対処法

仕事】の最新記事
  • あなたを成功に導く!才能と仕事
  • 今の会社を退職したら、この先私の仕事はどうなる?≪姓名判断≫
  • あなたが活躍できる!「本当の天職」
  • 仕事未来鑑定|今の仕事、この先どうなっていく?
  • 今、あなたが抱えている仕事。この先どんな展開が待っている?
  • 誕生日占い|今の仕事、私に向いている?
  • この先どうしたらいい?今の仕事、私に向いてる?
  • 要注意!あなたが仕事で陥りやすい落とし穴とは?