お酒好きの彼氏とのデートはバーで飲み明かすのが楽しいものです。
楽しい気分で過ごした翌日に、「二日酔いで頭が痛いし吐き気もする」なんていう状態は避けたいですよね。

今回は、彼氏にも教えたくなる、簡単にできる二日酔いの対処法について解説いたします。

二日酔いの効果的な対処法①頭痛・筋肉痛がある場合は、糖分を摂取する


アルコールは、肝臓で分解されています。アルコールを摂取した場合、肝臓はアルコールの分解に必死になってしまって本来肝臓が行うべき他の業務がおろそかになってしまう場合があります。

通常であれば、肝臓は糖分を蓄えていて、必要に応じて供給していますが、アルコールの分解で手一杯の肝臓は、糖分の生産まで手が回りません。そのため、低血糖状態になり、頭痛や筋肉痛といった二日酔いの症状が出てしまっている場合が考えられます。

そういった低血糖状態を正常に戻すために、糖分を補充する必要があります。

低血糖状態の改善に優れている糖分としては、「果物のジュース」や「スポーツドリンク」が挙げられます。


二日酔いの効果的な対処法②吐き気があるときは、つぼを押す


次に、二日酔いに効くツボをご紹介します。

① 内関(ないかん)
内関は手首にあるツボです。手首の下、指三本分くらい下の位置にあります。このツボをぎゅっと押すことにより、二日酔いの吐き気に効果を発揮します。

② 合谷(ごうこく)
合谷は、手の親指と人差し指の付け根にあります。「乗り物酔いによる吐き気をおさえるツボ」としてご存じの方も多い有名なツボです。合谷は、二日酔いによる頭痛や吐き気にも効果があります。

これらのツボを指で強く押してみましょう。

二日酔いの効果的な対処法③だるいときは、アセトアルデヒドの解毒を助ける食材を食べる


肝臓でアルコールを分解する過程で、アセトアルデヒドという物質がでてきます。この物質は頭痛、だるさなどを引き起こす原因ですので、できるだけ早く解毒をする必要があります。

アセトアルデヒドの解毒には、ひまわりの種、しじみ、胡麻、トマトなどの食材が適しています。


二日酔いの効果的な対処法④肝臓の働きを助けるフルーツを食べる


フルーツに含まれる、ビタミンC、ビタミンB、クエン酸、果糖などは、肝臓の働きを助ける効果があります。肝臓の機能が弱りがちな二日酔い時には、積極的にフルーツを取るようにしましょう。

肝臓の働きを助ける成分を含む果物として、りんご、グレープフルーツ、レモンなどが挙げられます。

さいごに


二日酔いの対処法としてもっとも大切なことは、水分補給をこまめにすることです。積極的に水分を摂取し、脱水症状を防ぎましょう。お風呂にゆっくりつかりたい、という場合でも、熱いお湯での長時間の入浴は脱水症状の原因ですので、ペットボトルの水を持ち込むなどの対策を行いましょう。

今来 今/ライター

■飲みすぎたデートの翌日も快調! 二日酔いとサヨナラする方法
■今夜はあの人とデート! どんなデートになる?
■二度目のデートに誘われない。初デートでのNG行動5選

関連キーワード
あるある】の最新記事
  • いい加減にして!ウザい女子あるある
  • 新社会人は辛いよ。「新卒あるある」10選
  • 別れた後の彼の言動に共通点が! 元彼あるある
  • 忘年会、新年会は飲みすぎ注意?二日酔いを防ぐ方法をご紹介
  • 気をつけて! ハロウィンイベントの注意点まとめ
  • バンドマンにガチ恋にしがちな行動4選&ガチ恋を昇華させる方法3つ
  • ヘテロだけど男嫌い!? 女性達の本音と理由
  • 本当は好きなの? 思わせぶりな態度を取る男性の心理