仕事の幅を広げるため、または勉強のため、ビジネスパーソン向けの異業種交流会が各地で開催されています。異業種交流会に参加すると、まさに自分とは異なる人々に出会えます。そこで、こんなイタい男性たちを発見したのでご紹介します。

 

観察しがいのある「異業種交流会」の出会い

 

異業種交流会では、実にさまざまな人種と出会うことができます。なかにはこんな、イタいひとたちも。

●その1:コミュ力高いと宣言

「40歳くらいのおじさんが『私コミュニケーション能力高いんですよ。仕事柄、年に500人くらいの女性と話していますから』と開口一番アピール。コミュ力の高さを自称しているわりには、全然話がはずまないんだけど? イベント後半には隅のほうでボッチになってたし……」(26歳/IT)

●その2:名刺交換を求めて割り込む

「4人くらいで集まって自己紹介をしているところに、急に割り込んできた30歳くらいの男。『あのー、名刺交換いいっすか?』と場を壊して、名刺だけ受け取ってどこかへ行った。名刺コレクターか?」(27歳/編集)

●その3:自分の話しかしない

「30代半ばくらいの男につかまって話していたところ、いっこうに自分の話を終わらせる気配がない。今こういった事業をしていて、これからどうしていきたくて……とビジョンを語られた。オマエの面接じゃないんだぞ!」(30歳/コンサル)

●その4:ナンパしてくる

「20代後半の外見がチャラい男を始め、複数の男から『彼氏いるんですか?』と聞かれ、いないと答えると名刺の裏に携帯の連絡先を書いてと執拗にお願いされた。その場でFacebookでつながろうとしてくる輩も……。ここはナンパ野郎の集まりか?」(29歳/エンジニア)

●その5:上から目線で仕事を依頼してくる

「イベント系の会社をしているという30代後半の男から『ライターを探してんだよね。名刺くれたら発注してあげるかも』と言われて、その妙な上から目線にイラッときた。アンタに発注されなくていいよ」(26歳/ライター)

●その6:ネットワークビジネスの勧誘をしてくる

「ごくごく普通の外見で、高級感のあるスーツも嫌みなく着こなしている30代男性から、ネットワークビジネスの勧誘をされた。興味がないと告げるとそそくさと去り、他の人のもとへ近付いていった。友人知人だけではノルマが追いつかなくなったのか……」(30歳/サービス業)

表向きはビジネス上の出会いを求め、意識の高いひとが多い異業種交流会。しかし下心をチラつかせてくるひともいますし、妙な売り込みやアピールをしてくるひともいますから、観察していると非常に面白いものです。

異業種交流会は、傍観者になるのも反面教師で面白いかもしれません。

Written by Gow! Magazine編集部
Photo by Abdullh Al-Attas

あるある】の最新記事
  • やりすぎ注意!気合いの入った女子がクリスマスに注意すべきこと
  • 忙しすぎて…年末のバタバタでやってしまった失敗談4選
  • 乱用はリスキー!?「私たちって…」という言葉を使う女子の特徴
  • ハゲ進行、オラオラ化…フェイスブックで見つけた元カレ残念話
  • 職業柄「プロ目線」でウンチクを語りたがる困った男の言動7選
  • 金持ちだけどウザい!実業家気取り男にありがちな事
  • 男のくせにどうしてそんなにカワイイの!「女子力男子」の特徴
  • 男性に「脈あり?」と勘違いさせてしまった瞬間
あなたへのおすすめ