世の中には、性格は善良で外見にも気を使っているのに、なぜか女性から気持ち悪がられている可哀想な男性がいます。天使のようなハートを持ったあなただって「なんかわからないけど、あのひとキモい!」と、偏見の目で見てしまう男性の、一人や二人はいるでしょう。
 
でも、彼らは本当に、女性から理由なく気持ち悪がられるほど、深い「業」を背負った男性なのでしょうか?もしかしたら、彼らには彼らの言い分があるのかもしれません。
 
運命に翻弄され、意図せずして気持ち悪くなってしまった男性たちの、「世にも不条理な物語」に耳を傾けてみましょう。
 

決してキモがられたいわけではない悲哀

 

見た目も性格も標準レベルなのに、女性からキモがられてしまった経験を持つ男性たちに、「なぜ自分は女性に嫌われるのか?」という痛々しいテーマで、自己分析をしてもらいました。
 

視線を合わせられない

 

「かわいい女性と目を合わせて話すと『好き』が伝わってしまいそうで恥ずかしいんですよね。だから、うつむいて話をするんですけど、そうすると(やだ、このひと胸ばっかり見てる、変態!)って思われてしまうんですよ。まぁ、結果として胸ばっかり見ているのは確かなんですが……」(30歳/製造)
 

二人でビデオ会議

 
「会社のミーティングでビデオ会議していたんですが、同僚の女性とすり合わせておきたいことがって、会議の終わりがけにちょっと話せる?って言ったんですよ。そしたら明らかに嫌そうな顔されたんで、こっちの話し方も少しぎこちなくなくなって。それが良くなかったのか、『私と何が話したいの?』って変なふうに受け取られてしまいました。キモかったんですかね……」(26歳/映像)
 

デキるひとだと思われたい

 

「40代で派遣社員だと、同期が20歳近く歳の離れた女性ということもザラなんですが、正直、今の若いひとにパソコンのスキルで勝てるわけがない。でも僕だってモテたいから、つい仕事ができるフリをしてしまう。それで思わず、尊大な態度を取ってしまったりするのですが、それが気持ち悪がられる理由なんでしょうね」(45歳/派遣)
 

妹みたいに思ってる

 

「年齢が離れていると、年下の女性ってなんか妹みたいに思えてくる時あるんですよね。自分にも妹がいて、それと重ねてしまうというか。それを何とはなしに口にしたら、それまでは慕ってくれてた感じが一気に距離を取られてしまい、なんだか寂しい気持ちになりましたね(笑)」(29歳/営業)

ゆとり世代がわからない

 

「ゆとり世代の部下たちと飲みに行くと、ノリがまったくわからなくて苦戦する。センシティブな世代なのだろうと思い、まずは理解を示そうと『乃木坂46とか、カワイイよね!』と無理して彼女たちに合わせたのだが、結果として『ロリコン部長』という不名誉なあだ名を頂戴した。ははは、妻も子もおるよ、私は……」(42歳/証券)
 

服装が若作り

 

「普段、洋服はネットで買っているんですよ。そうすると大体、流行のデザインだったり色使いだったりするわけじゃないですか。20代の頃から好きなブランドとか好きなジャンルの服とか買って着ているだけなんですけど、年下の人からは若い世代へのモテを意識したファッションだと言われてどうしたものかと思っています。自分ではそんなに変じゃないと思っているんですが、イタいと思われてしまうのはなんかつらいですね」(39歳/飲食)
 

五月の日差しのせい

 

「普段から清潔感は意識しているほうですが、その日は不意打ちのような夏日で、残念なことに、下半身がムレムレの熱帯雨林気候になってしまいました。他社にプレゼンをしに行ったのですが、パンツの中の不快度数はマックスで、もうかゆいのなんのって! 思いっきりかきむしりたかったのですが、衆目の前ではそれもかなわず、皆様の前でおしっこを我慢しているかのようなモジモジを晒してしまいました。さぞかし気持ち悪かったことでしょうね」(37歳/IT)
 

面倒を見すぎ

 

「後輩の女性社員が困っていて会社のチャットで相談に乗っていたんですが、そのうち個人のチャットでやり取りするようになってなんか微妙な空気になってしまいました。LINEとか個人でつながるツールってプライベートな話も出るじゃないですか、そこまではまだいいんですが、余計な心配をしすぎて相談から飛躍してしまったんですよね。つい個人的な話に立ち入ったときにサッと引かれてしまいました」(28歳/広告)
 

まとめ

 

女性は比較的簡単に「キモい」という言葉を使いますが、それは男性の心のやらかい場所をいつまでもしめつけるようです。寛大な心で男性の面倒臭さに理解を示してあげましょう。
 
基本的に男性は女性と真摯に向き合っている(と思っている)人が多いですが、女性の前でいつも男らしく振る舞わなければいけないというのも、いろいろと大変なのでしょう。人間だもの、そりゃ時には気持ち悪くもなってしまうのでしょう。相手の男性に悪気がないなら、そっとキモ男認定を解除してあげましょう。
 
(yummy!編集部)
 
■こんなギャップ萎えはイヤだ!悪いギャップを持つ男の見分け方
■男性が「キモい」と思う女性からのアプローチ
■こんな男子はヤバい!かわいすぎる「あざとい系男子」の特徴

pickup!
あるある】の最新記事
  • 男性の若作り事情……男女から気味悪がられるパターン集
  • 女性の初体験メモリーズ♡初めてのときに経験しがちなエピソード6選
  • 女性から「キモ男認定」される男子の特徴
  • コレはたまらん♡ 女心をわしづかみにする男性の胸キュンしぐさ
  • その若作り、さすがにイタイ! と言いたい女性の気持ち
  • 男性の恋愛は「名前を付けて保存」型。その理由とは?例外もある!?
  • ドン引き!女性が返信に困る既読スルーしたくなる童貞LINE
  • こんなクリスマスは嫌だ!こじらせ女子のトホホなクリスマスエピ