日本人の3人に1人は近視と言われ、多くの人がメガネやコンタクトを使用しています。筆者もコンタクト愛用者ですし、周囲ではメガネやコンタクトを使用していない人のほうが少ないくらいです。

最近ではレーシック手術を受けて視力を回復させる方もいますが、手術が原因でかえって視力が低下してしまったり、ドライアイや斜視を引き起こしてしまったりという「レーシック難民」が増加していることも事実です。

そのため、手術を躊躇してしまう方も少なくないようです。

そんな近視大国日本ですので、必然的に多くのメガネっ子カップルが存在しています。しかし、メガネをかけていると、お互いの顔を近付けてイチャイチャしているとき、どうしても邪魔になってしまいますよね。

メガネのせいでムードが台無しになった、カップルのイチャイチャハプニングをご紹介いたします。

 

ムードが台無し!メガネっ子カップルエピソード5選

 

● その1:キスのときにガチン
「お互いメガネをかけていることを忘れたままキスしようとしてしまい、メガネ同士がガチン。結構勢いがあったので、彼のメガネのつるが折れてしまいました」(26歳/教育)

● その2:裸眼でのHは手探り!?

「彼も私も瓶底メガネの超近視。普段、Hの際はメガネを外しますが、お互いぼんやりとしか見えないので手探りでの作業です。一度、メガネをかけてHをしたら見え過ぎて恥ずかしく、とても興奮しました。マンネリHを防ぐためにはメガネをかけてのHもアリかもしれません」(30歳/金融)

● その3:目が見えない!

「H中にキスしていると絶対メガネが曇って、お互いの目が見えなくなっちゃいます。メガネの意味がないので取るのですが、そうするとまったく見えなくなるんですよね。まあ、おかげで顔を近づける口実になるのですが」(24歳/製造)

● その4:メガネがズレて…

「お互い気持ちが盛り上がってしまい、彼のメガネを外すこともままならないままHへ。しかし、彼のメガネは汗でだんだんずり落ちていき、まるで老眼のおっさんが新聞を読むような目つきで私を見ていて、思わず吹き出してしまいムードもなにもなかったです」(27歳/小売)

● その5:メガネ粉砕!

「私も彼も自宅ではメガネ。先日、Hの前メガネを外してベッドにポイ。しかし途中、お尻の下に固いものが触れました。見てみると、なんと彼と私のメガネが布団の下敷きになってしまって粉砕していました……翌日は2人でメガネ屋さんデートとなりました」(27歳/保険)

 

メガネは顔の一部なんです!

 

「メガネフェチ」という人種が存在するように、メガネ一つでガラリと顔の印象が変わるため、メガネを外したときのギャップにときめいた経験のあるかたもいるのでは?

メガネは単に視力を矯正するだけではなく、魔法の小道具と言ってもいいかもしれません。

メガネっ子にとっては顔の一部であり、生活に欠かせないメガネ。
メガネっ子同士のカップルのかたも、パートナーがメガネっ子というかたも、メガネの取り扱いには十分に注意してイチャイチャを楽しみたいものです。

 

関連コラム

 

思いもよらない言葉が人生を激変…叶わぬ愛を成就させた方法とは
夏にまだ間に合う!ダイエットの敵「むくみ」を解消する方法
散々です!アラサー女子が彼との初デートでがっかりした体験談
ムードたっぷりのはずが…!? ラブホでの爆笑珍エピソード5選
Written by 姫野ケイ
Photo by S. Diddy

あるある】の最新記事
  • 男が分かっていない女の本音|胎盤JD
  • 年代別にご紹介! 女子高生のトレンドファッションとは?
  • よくいる女図鑑・話題奪い去り女
  • こんな奴には気を付けろ!むっつりスケベな男性の特徴
  • 人ごみは痴漢だらけ!? 人が集まるとマナーが悪くなる理由
  • 「アレなんだったの?」今から考えると謎だった校則いろいろ…
  • 仮説:おしゃれぶった男性ほどダサい説
  • カラオケで盛り上がる曲はコレ!歌うと元気になれる歌をご紹介