性的ないやがらせのセクハラや地位が弱い相手に対するパワハラなど、聞き覚えがあるものからモラハラ、スメハラ、ブラハラなんてものまで幅広く存在するハラスメント。

たくさんある○○ハラスメントの中から、厳選した4つの記事をお届けします。

 

こんなにあった!○○ハラスメント

 

精神的、または肉体的に嫌がらせをする、ハラスメント。

誰もが加害者、被害者になり得る、もっとも身近な犯罪といっても過言ではありません。

今回は、4つの○○ハラスメントをご紹介します。

幼稚なセクハラ男から逃れたい!男性が好きな女性をいじめる心理

会社や飲み会、合コンなど至るところに出没する、セクハラ男。
彼らはなぜ、女性がイヤだと感じることをやってしまうのでしょうか?
そこには、“反動形成”という心理が関係していました。
大人の女性として身に着けておきたい、セクハラ男への対処法をお教えします。

いますぐ別れた方が正解! モラハラ彼氏の実態エピソード4選

DVの一種であり、相手に精神的な苦痛を与えるモラルハラスメント(モラハラ)。
このモラハラが、いまカップルの間に広がっているのだそうです。
モラハラ被害者の女子にその経験を聞いてみました。

口癖、束縛…危険な香りがしたら要注意!DVしやすい男性の特徴

モラハラを含む精神的、肉体的嫌がらせを意味するDV(ドメスティック・バイオレンス)。
内閣府の「男女間における暴力に関する調査」(2011年)によると、「パートナーからDVをされたことがある」と回答した女性は32.9%に上りました。
DV被害者である筆者が、自身の体験、周囲の経験談から、DVをしやすい男性の特徴をご紹介します。

これは「ブラハラ」だ!B型が世間の偏見に物申したいこと6選

耳慣れない言葉の「ブラハラ」。
ブラハラとは、血液型への偏見からくる嫌がらせ、ブラッドハラスメントのこと。
4種類ある血液型の中でも、もっとも性格が悪いと言われているB型で、自身もブラハラ被害者の筆者が、世間の偏見に物申します!

 

困ったら専門の機関に相談!

 

こういったハラスメント被害は年々増加しており、最も相談が多いのはセクハラなのだとか。

しかし、肉体的苦痛を伴わない精神的な嫌がらせは証拠に残りにくいため、非常に立件しにくいのが現状です。

被害に遭ったら、1人で悩まず専門の機関に相談することが解決への第一歩です。

 

関連コラム

 

相手も連絡を待っている?元彼と復縁できた体験談
「恋の告白」を有利に進めるハワイ発の守護石
Written by yummy!編集部
Photo by imagerymajestic

あるある】の最新記事
  • ドン引き!女性が返信に困る既読スルーしたくなる童貞LINE
  • こんなクリスマスは嫌だ!こじらせ女子のトホホなクリスマスエピ
  • 男が分かっていない女の本音|胎盤JD
  • 年代別にご紹介! 女子高生のトレンドファッションとは?
  • よくいる女図鑑・話題奪い去り女
  • こんな奴には気を付けろ!むっつりスケベな男性の特徴
  • 人ごみは痴漢だらけ!? 人が集まるとマナーが悪くなる理由
  • 「アレなんだったの?」今から考えると謎だった校則いろいろ…