女性の前でカラオケを披露するなら、少しでも上手に歌いたいと願うのが男心。しかし歌っている最中は、人間性がむき出しになるだけに、歌唱力以外の部分でボロが出ないよう、注意が必要かもしれません。そこで今回は、歌がうまくてもキモいと感じる男性の行動についてご紹介します。

 

速攻でキーを変更する

 

自分十八番の曲なのだろうけれど、細かいこだわりがありすぎると引くなど、こそこそとリモコンをいじる姿はどこか悲哀を感じさせるようです。小細工はグッとこらえて、一生懸命誠実に歌ったほうが好感度はアップするかもしれません。

 

女性の目を見つめながら朗々と歌い上げる

 

見つめてくる意味がわからない。過剰なラブ表現は考えものです。メンバーに意中の女性がいるのだとしても、サビでちらっと目を合わせるくらいにしておきましょう。

 

ビジュアル系気取りでマイクを持つ
  

 

自身のキャパシティを超えたパフォーマンスは、場を白けさせるかもしれません。どうしてもやりたい場合は、ギャグっぽく演出したほうがよさそう。いかがでしたか?
こういう男性は意外とあなたのまわりにいたりしませんか?
逆の場合もあるので注意してください。
Written by Gow! Magazine編集部(Women Issue)

関連キーワード
あるある】の最新記事
  • やりすぎ注意!気合いの入った女子がクリスマスに注意すべきこと
  • 忙しすぎて…年末のバタバタでやってしまった失敗談4選
  • 乱用はリスキー!?「私たちって…」という言葉を使う女子の特徴
  • ハゲ進行、オラオラ化…フェイスブックで見つけた元カレ残念話
  • 職業柄「プロ目線」でウンチクを語りたがる困った男の言動7選
  • 金持ちだけどウザい!実業家気取り男にありがちな事
  • 男のくせにどうしてそんなにカワイイの!「女子力男子」の特徴
  • 男性に「脈あり?」と勘違いさせてしまった瞬間
あなたへのおすすめ