こんにちは、蓮見ハルです。
 
インスタグラムやTikTokなど、何かしらSNSをやっている人がほとんどだと思います。
その中でも長年人気なのがTwitterです。
Twitterにのめり込むあまり、他のことが手につかなくなってしまう、いわゆるツイ廃と呼ばれる人たちもいるほどです。
 
しかしながらTwitterはアカウント凍結されやすいSNSとしても知られています。
自分は適切に使用しているから大丈夫と思っている人でもいつ運営側から凍結されてしまうかわからないのがTwitterのこわいところです。
 
もしもの場合に備えて、押さえておくべきポイントを早速見ていきましょう。
 

短期間に大量にフォロー&リムーブする

 
一般的によく知られている凍結につながる行為が、短期間に大量のアカウントをフォローしてすぐにフォロー解除をするというものです。
これをすると、運営側からスパム行為だとみなされ、凍結される恐れがあります。

短期間にアカウントを大量に作成する

 
Twitterは何個もアカウントを作ることができます。
アカウントを2~3個持っていることはそれほど珍しいことではありません。
 
個人的なものをツイートするアカウントとビジネス用のアカウントを分けて作成している人は多いと思います。
 
しかし、それが短期間で10個も20個もアカウントを作成すれば、やはり怪しいと思われる可能性は高いでしょう。
アカウント作成が悪質なものであると運営側が判断すれば、アカウント凍結につながります。
 

セキュリティが万全でない

 
乗っ取られているとみなされたアカウントは凍結されるようです。
これは、悪質行為につながる恐れがあるからです。
 
凍結以前に、アカウントを乗っ取られるほうが恐ろしいことです。
乗っ取られないためにもセキュリティ対策は万全に行いたいですね。
 

長期間ログインされていない

 
長期間ログインされていないアカウントは、乗っ取り被害を防ぐという観点から、一時的に凍結されることがあります。
ツイート自体をしなくても残しておきたいアカウントがある場合は、定期的にログインしておくといいかもしれません。

迷惑行為をおこなった場合

 
誹謗中傷するような内容のツイートがあった場合や、見た人が不快に思うような画像を掲載した場合などは、他のユーザーから通報されるなどしてアカウントが凍結されます。
 
最近はニュースでもよく取り上げられていますが、行き過ぎた内容の動画などを載せることにより、いわゆる炎上状態にさせ、多くの人に見てもらうことを狙っている人たちがいるのも事実です。
 
しかしながら、そういった行為で注目を集めても、あくまでそれは一過性のものでしかありません。
また、迷惑行為は凍結につながりますので、絶対に行わないことです。
 

おわりに

 
今回はTwitterアカウントが凍結になってしまう条件について見てきましたが、いかがでしたか。
 
少しでも当てはまりそうな行為は避けておくことがベストかもしれません。
 
正しくTwitterを使って、楽しく続けていけるといいですね♡
 
(蓮見ハル/ライター)
 
■いるいる!Twitterで突然キレる人!敵意帰属バイアスとは
■履歴消去は無意味です!あなたの知らないインターネットの怖い話
■多発!揚げ足をとったつもりがツイッター炎上事件3選
 

関連キーワード
SNS】の最新記事
  • ツイッターの裏垢って何?裏垢男子の目的とは?
  • うっかり凍結の可能性も?Twitterのアカウントを凍結される条件5つ
  • 【実録】怖すぎる‥本当にあったTwitterの表裏人格4選
  • あなたもやっているかも!? ネットで人を叩く心理って?
  • いるいる!Twitterで突然キレる人!敵意帰属バイアスとは
  • SNSで出会うのは危険?会ってもいい人の特徴
  • Twitterで話題の「貢ぎ豚(みつぎぶた)」。素質のある男性とは?
  • 【実録】なぜ「匂わせ」をするの?匂わせ女子のSNS活用術と心理