彼氏がいるからといって幸せな恋愛ができるとは限りません。ヤバい彼氏と付き合ってしまうと、当然、ヤバい恋愛体験をしてしまうことに。
 
色々な恋愛をして経験値を上げることは悪いことではないのですが、必要以上に自分を傷つけるような恋愛は即刻捨て去るべき。
 
そこで今回は、20代女性に「ヤバすぎる恋愛エピソード」を教えてもらいました。悲惨な恋愛をすると、後々も引きずってしまうようなトラウマを抱えることになってしまうので要注意。
 

1.さりげなく母親と比べてくる

 

「私が疲れた顔をすると『うちの母親は疲れていても常に笑ってたな~』と言ってきたり、私がソファで寝転んでいると『うちの母親がソファで寝転んでいる姿なんて見たことないな~』と言ってきたり、さりげなく母親と比べてディスってくる」(25歳/美容師)
 
▽これはまさしく「マザコン男」の典型。会話の中で頻繁に母親を出してくる男性は、彼女に母親の姿を求めているので要注意。母親好きとマザコン男は全く別なので気をつけましょう。

2.超絶モラハラ男

 

「『おまえはバカなんだから、俺の言うことを聞いてればいいんだよ』と毎日のように言われ続けた結果、次第に感覚がマヒしてきて、彼の言うことが正しいと思うようになってしまった」(23歳/幼稚園教諭)
 
▽人格を否定してくるモラハラ男は、もっとも危険な彼氏といっても過言ではありません。モラハラ男に洗脳されてしまうと自分がダメな人間だと思い込んでしまい、たとえ別れられたとしても今後の人生に大きく影響がでてしまう可能性もあるため、モラハラ臭を感じたら一刻も早く別れるべき。
 

3.ケンカの途中に本命じゃないと言われた

 

「彼氏とケンカをしていたら、『いちいちうるせぇな。本命じゃないくせに』と言われました。情けないですが、浮気されていることも、自分が2番目だったことも気が付かなかったです……」(28歳/マーケティング)
 
▽一度浮気をされてしまうと、次に付き合った男性に対しても「騙されているかもしれない……」と疑いを持ってしまいますよね。ただ、男性全員が浮気をするわけではありません。この場合は、早めに自白してもらえてよかったとプラスに考えましょう。

4.ストーカー化

 

「会う約束をしていないのに家の前に立っていたり、電話に出られないと『電話に出て』という一言を何十回もLINEに送ってきたり。ストーカー化した元カレが本当に怖かった」(24歳/作業療法士)
 
▽好きという気持ちが強いからこそだとは思いますが、あまりにも自分本位の行動をされては恐怖を感じてしまいますよね。愛情の押し付けはただの自己満足にしかなりません。
 

まとめ

 

パーフェクトな彼氏はいませんが、だからといって、トラウマになりそうなレベルで「ヤバい」と感じる彼氏と我慢して付き合い続ける必要はありません。
 
ヤバい彼氏とヤバい恋愛を続けていても、時間が無駄になるだけです。できる限り早めに別れて新しい彼氏を探しましょう。
 
(遠矢晶子/ライター)
 
■「きっとまた傷つくんだ…」過去の恋愛トラウマのせいで素直に恋できない人へ
■何年経っても忘れられない!みんなの恋愛トラウマ・5選
■女性陣が「トラウマになった恋」と「それを克服した解決策」とは?
 

ダメ男】の最新記事
  • 手近なオンナに走る節操のなさにドン引き!? 「痛男」リスト8選
  • ヤリ目男子の連絡にイライラ……。どう対処したらいいの?
  • 自分大好き!「彼女がいる自分」がほしいだけの男の特徴3選!
  • モラハラ夫になる可能性の高い男性を見抜く方法
  • 危険!女性が喜ぶポイントを知っている男性は実は要注意人物!?
  • これはセフレってこと? 男性が女性をセフレと見なす時の態度
  • 今すぐ別れたほうがいい! 結婚前に気づきたいヤバい男の特徴4選
  • 絶対に恋人にしてはいけない! 「チキン男」の見分け方