DVというと、「夫婦間の暴力」と考えている方が多いと思います。
ですが、恋人同士の間でも暴力がふるわれることは実はとても多いのです。

平成26年度の内閣府の調査(※1)によると、女性の約4人に1人がパートナーから暴力を受けた経験があり、10人に1人は何度も被害を受けています。
DV男に引っかからないためにも、DV男の特徴を認識しておきましょう。

デートDVとは?


DV(ドメスティック・バイオレンス)とは、配偶者や恋人など、親密な関係にある、または昔親密だった人から振るわれる暴力のことです。デートDVとは、お付き合いをしている段階で振るわれるDVのことです。

「恋人や夫・妻からの暴力なんて痴話げんかに過ぎない」という認識が以前はありましたが、最近では、配偶者間・恋人間の暴力によって、死亡者が多数出ているという事実が明らかになり(※2)、社会的に見過ごせない問題だと認識されるようになってきています。


DVの種類


DVとは、「殴られる・蹴られる」といった身体的暴力だけではありません。
DVの種類は大きく4つに分類されます。

DVの種類①精神的暴力
大声を出したり、けなしたり説教したりする、言葉を使った暴力です。最近ではモラルハラスメント、という言葉でも知られています。

DVの種類②経済的暴力
給与や生活費を渡さず、そのうえ外で働くことも許さない、などの行為のことです。

DVの種類③性的暴力
性行為の強要、中絶強要、避妊の拒否、などが性的暴力にあたります。

DVの種類④身体的暴力
殴る・蹴る・髪を引っ張る・モノを投げつける、などは身体的暴力に分類されます。

DV男を見極める3つの特徴


DV被害に合わないためには、まずは「DVをするような男性をパートナーとして選ばない」ことが大切です。

『デートDV 愛か暴力か、見抜く力があなたを救う』(遠藤智子著:ベストセラーズ:2007年)では、DV加害者の特徴として以下の三つを上げています。

DV加害者の特徴①異常に嫉妬深い
DV加害者の特徴②支配欲が強く、他者をコントロールしたがる
DV加害者の特徴③男尊女卑の考えを持っている

「彼氏が嫉妬深く、逐一行動を把握してこようとする。私の交友関係を制限しようとしてくる」といった場合は、要注意です。嫉妬される=愛されている、ではありません。彼氏やパートナーにDV傾向が見られた場合は、距離を置くようにしましょう。


さいごに


親しくなる前にDV男だということが分かり、逃げられた場合はいいのですが、中には「結婚してからDV男だということが分かった」など、親密になってからDVが発覚したという事例もあります。

自分ひとりで解決することが難しそうな場合は、警察の生活安全課に相談するか、DV相談ナビ(0570-0-55210)(※3)に連絡してみましょう。

DVは犯罪です。被害にあっている女性は「私も何か悪かったんじゃないか」「私さえ我慢すれば」といった思考停止に陥りがちです。ですが、少しの勇気を出して相談窓口を利用してみるなど、他者に助けを求めることで、事態は改善する可能性が大いにあります。

※1 男女間における暴力に関する調査
http://www.gender.go.jp/policy/no_violence/e-vaw/chousa/h11_top.html
※2 平成26年の調査。年間92人の女性が夫からの暴力で命を落としている
http://www.gender.go.jp/about_danjo/whitepaper/h27/zentai/html/zuhyo/zuhyo01-04-02.html
※3 内閣府 DV相談ナビ
http://www.gender.go.jp/policy/no_violence/dv_navi/index.html

今来 今/ライター

■デートレイプドラッグとは? 女の子が知っておくべきこと
■もしあなたが『だめんず』にハマるとしたらどんな人?
■口癖、束縛…危険な香りがしたら要注意!DVしやすい男性の特徴

関連キーワード
ダメ男】の最新記事
  • 「別にいいけど?俺は知らないけど」気に食わないときに脅しをかけてくる、モラハラ気味彼氏の対処法
  • 全然いい人じゃない!「何かあったら相談乗るよ」が口癖なヤリモク男
  • 「どーせできないんだろ?」優位に立ちたがる男の性根のへし折り方
  • 全国一斉取り締まり!本当にいた「バカ彼氏事件簿」をご紹介
  • だめ男と付き合ってしまう女性の特徴
  • 男性の本音。彼氏が浮気する時に思っていること
  • 女性陣が「トラウマになった恋」と「それを克服した解決策」とは?
  • 付き合うのはダメ!彼女を大切にしない男性の特徴