「DV(ドメスティック・バイオレンス)」というと、「夫婦間の暴力」と考えている方が多いと思います。ですが、別々に住んでいる恋人同士の間でも、暴力がふるわれることは実はとても多いのです。これを「デートDV(交際相手暴力)」といいます。
 
平成26年度の内閣府の調査(※1)によると、女性の約4人に1人がパートナーから暴力を受けた経験があり、10人に1人は何度も被害を受けています。
 
DV男に引っかからないためにも、なにがDVに当たるのか? そして、DV男の特徴を予め認識し、そういった兆候のある男性からは速やかに距離をおきましょう。
 

デートDVとは?

 

DV(ドメスティック・バイオレンス)とは、配偶者や恋人など、親密な関係にある、または昔親密だった人から振るわれる暴力のことです。それに対して、デートDV(交際相手暴力)とは、お付き合いをしている段階で行われるDVのことです。
 
「恋人や夫・妻からの暴力なんて痴話喧嘩に過ぎない」という認識が以前はありましたが、最近では、配偶者間・恋人間の暴力によって、死亡者が出ているという事実も明らかになり(※2)、社会的に見過ごせない問題となってきています。

DVの種類

 

DVとは、「殴られる・蹴られる」といった身体的暴力だけではありません。DVの種類は大きく4つに分類されます。
 
・精神的暴力:大声を出したり、けなしたり説教したりする、言葉を使った暴力です。最近では「モラルハラスメント」という言葉でも知られています。
・経済的暴力:給与や生活費を渡さず、そのうえ外で働くことも許さないなどの行為のことです。
・性的暴力:性行為の強要、中絶強要、避妊の拒否などがこの性的暴力にあたります。
・身体的暴力:殴る、蹴る、髪を引っ張る、物を投げつけるなどは身体的暴力に分類されます。
 

DV男を見極める3つの特徴

 

DV被害に遭わないためには、まずは「DVをするような男性をパートナーとして選ばない」ことが大切です。書籍『デートDV 愛か暴力か、見抜く力があなたを救う』(遠藤智子著、ベストセラーズ、2007年)では、DV加害者の特徴として以下の3つを挙げています。
 
・異常に嫉妬深い
・支配欲が強く、他者をコントロールしたがる
・男尊女卑の考えを持っている
 
「彼氏が嫉妬深く、逐一行動を把握してこようとする。私の交友関係を制限しようとしてくる」といった場合は、要注意です。「嫉妬される=愛されている」ではありません。彼氏やパートナーにDV傾向が見られた場合は、距離を置くようにしましょう。

さいごに

 

親しくなる前にDV男だということが分かり、逃げられた場合はいいのですが、中には「結婚してからDV男だということが分かった」など、親密になってからDVが発覚したという事例もあります。
 
自分ひとりで解決することが難しそうな場合は、警察の生活安全課に相談するか、DV相談ナビ(0570-0-55210)(※3)に連絡してみましょう。
 
DVは犯罪です。被害に遭っている女性は「私も何か悪かったんじゃないか」「私さえ我慢すれば」といった思考停止に陥りがちです。少しの勇気を出して相談窓口を利用してみるなど、他者に助けを求めることで、事態は改善する可能性が大いにあります。
 
※1 男女間における暴力に関する調査
http://www.gender.go.jp/policy/no_violence/e-vaw/chousa/h11_top.html
※2 平成26年の調査。年間92人の女性が夫からの暴力で命を落としている
http://www.gender.go.jp/about_danjo/whitepaper/h27/zentai/html/zuhyo/zuhyo01-04-02.html
※3 内閣府男女共同参画局DV相談ナビ
http://www.gender.go.jp/policy/no_violence/dv_navi/index.html
 
(今来 今/ライター)
 
■超危険!DV彼氏の見極め方と対象法
■口癖、束縛…危険な香りがしたら要注意!DVしやすい男性の特徴
■浮気、ヒモ、DV…ダメ恋を経験した女性が陥る「不幸せを選ぶ罠」
 

ダメ男】の最新記事
  • 失礼すぎ! 男性の発言に幻滅した瞬間4選
  • 身も心もボロボロ…。最悪すぎるヒモ彼氏エピソード【まさかの本性編】
  • 身も心もボロボロ…。最悪すぎるヒモ彼氏エピソード【運命の出会い編】
  • 付き合う前に知りたい!「地雷男」の見極め方
  • 「この人自分に自信があるんだな」と思ったチャラ男の特徴とは?
  • ダメな恋愛にハマってしまう女子が、今すぐやめるべきこと
  • ダメな恋愛にハマってしまう女子が、今すぐやめるべきこと
  • 彼氏がネガティブ思考のとき、できる彼女はこう対処する!