男性でも女性でも、好きな人には、好きだからこそ、「離したくない」と思ったり、嫉妬したりといった、独占欲を抱くのではないでしょうか?それも、ある程度の束縛だったら、相手も愛されている実感を得られるでしょう。ですが、度を越える束縛や嫉妬だと、今度は息苦しさを感じてしまうでしょう。
 
相手を必要以上に自分の手元に縛り付けることは、お互いのためにもよくありませんよね。
 
今回は、そんな束縛する男性の特徴をピックアップしてみました。好きな人にこんな束縛マンの特徴がないか、チェックの参考にしてみてください。
 

束縛する男性心理

 

心理学的な見地ではありませんが、男性が恋人を束縛してしまう大きな理由として「不安」が挙げられます。実際のところ、彼女が別の男性と話したり連絡を取っていたりするだけでも、嫉妬心が芽生える男性は意外と多いもの。まして他の男と遊びに行くだなんて、きっと考えただけでも気分が悪いのではないでしょうか。
 
これは、自分以外の男性と深い関係をつくられるのが不安なためです。男性は頼られるのが好きです。そして、好きになった女性には、自分を頼ってほしいという思いがあるので、他人にその役目を奪われるのが嫌なのです。
 
ちょっとした相談でも話してもらいたいし、楽しい時間を共有するのも彼氏である自分に優先権があると思っています。それは当たり前のことかもしれませんが、彼女の彼氏は唯一、自分だけなのだから、同じレベルに他の男性が並んでいることに納得がいきません。
 
彼氏が彼女にとって万能であるとは思っていないでしょうが、結果的に「俺がいるのに、まず俺でしょ。」と、すねてしまいます。嫉妬心からくる独占欲はどんな男性にもあるものです。特に、彼女に男友達が多い場合や、会社の同僚や幼馴染の男性など、特定の男性と二人きりで会うような深い関係があることを知っていればなおさら。
 
女性は嫉妬深いなんて言われ方をしますが、男性だって、本当に好きな女性に対しては、ほんの小さなことでも焼きもちを焼いてしまうものなのです。
 
でも、これって、彼氏ならまだわかりますが、付き合う前からこういう態度で接してこられると「束縛する人なのかな」って思ってしまいますよね。束縛マンの可能性がある顕著な例を挙げていきたいと思います。

連絡頻度が異常

 

好きな人がいま何をしているのかって、気になりませんか。誰でも気になることだと思いますが、彼女を束縛してしまう男性は、あまりにも露骨に表面に出しがちです。
 
たとえば、LINEの連絡頻度がそのうちのひとつ。相手と連絡を取る頻度って、人それぞれ心地のいい頻度やリズムがあると思います。それでも、こっちが既読にしないうちに、いくつも連絡が入ったり、電話が入っていたりすると、さすがにちょっとビックリしますよね。たまに、LINEの連絡が下手くそで、ワンセンテンスごとに送信してくる人もいますが、それとは違いこちらの都合を一切気にしていないメッセージ。
 
ほかにも、「どこいるの?」とか「今日何してるの?」「会社、何時に終わるの?」なんて、付き合ってもいないのに、逐一聞いてくる男性も尋問を受けているようでちょっと気持ちが悪いものです。デートに誘いたいならそう言ってくれればよいものですが、女性の行動だけ聞いてきて、自分の用件を伝えてこないのは束縛マンの傾向は強いかもしれません。
 
間違っても、「私のことを気にしてくれている」なんてポジティブに思わないことをおすすめします。これが、お互いに気になっている関係だとしても、そのうち催促してきたり、勝手にいつでも返信できるはずと思われて、数時間に一度の頻度になってきたりします。「〇〇にいるから来て、会おうよ」なんて、女性の都合なんてお構いなしで、自分の思い通りになる図しか頭に描けない男性は、異常な執着心を見せてくる可能性が高いです。
 
男性も女性もお互いに恋をすれば、周りが見えなくなってしまうときはあります。でも、相手の連絡頻度が明らかに高いのなら、もし付き合っても束縛が激しい彼氏になってしまうかもしれません。
 

行動が自分勝手

 

身勝手な男性は束縛が強い傾向があります。たとえば、ご飯の行き先も女性の要望を聞くより先に、自分が行きたいところをゴリ押ししてきて、時間も待ち合わせもすべて自分に都合のいいようにするような。
 
「全部決めてくれるからラク」と言う女性も多いかもしれませんが、束縛マンは、好きな人の意見を尊重することができない気質を持っています。つまり、相手のことを考えたり思い遣ったりといった、一番単純でわかりやすい愛情表現が抜け落ちているのです。
 
それでも優しい女性は、自分がいいと思ったものをストレートに推してくる男性に好感を持つことも多いので、束縛する彼氏と付き合ってしまうのでしょう。
 
束縛がきつい男性は、自分がいいと思っているものは、相手もいいと思っている傾向が強いので、「これおもしろくない?いいよね?」「絶対こっちがいいって!そうでしょ?」こういうところは、少々子供っぽくかわいく映ってしまうかもしれませんが、“いいよね?”“そうでしょ?”と、必ず同意を求めてきます。
 
なんでも自分が一番なので、好きな人を楽しませるのも自分、悲しませるのも自分。ですから、好きな人が自分と一緒にいないと、何もしてあげられないのです。何もしてあげられないのは悔しいし、他の人に譲るのも我慢なりません。それが、男性でも女性でも関係ありません。
 
つまりは、自分のことしか考えられない身勝手な男性は、束縛マンの可能性が高いと言えます。

スキンシップ、性欲が強い

 

頻繁にスキンシップをとりたがる、会う度にセックスを求めてくる。そんな性欲が強い男性も、束縛が強い男性と言えそうです。
 
好きな女性とはセックスしたいと思うのは男性として正常でしょう。女性も気になる男性から求められれば悪い気はしないはずです。ですが、初めから距離が近すぎたり、深い関係にならない限りは触れない、手や髪などに頻繁に手を伸ばしたりするようであれば、「自分のもの」として認識したい独占欲や支配欲からかもしれません。
 
当然、束縛が強いからと言って、ただのヤリモクと言うわけではありません。自分に不安を感じさせない女性か判断するために「この女性は嫌がらない」という既成事実で安心が欲しいのです。
 
好きだからセックスしたいのと、セックスしたいからスキンシップで距離を縮めようというのでは大きな違いがあります。ここは間違えたくないところ。ですが、共通するのは女性の意思とは関係なく、自分本位でセックスを求めてくるということです。
 
そのため、付き合う前からスキンシップが激しかったり、付き合う前にエッチしてしまっていたとしても、その求める回数があまりに多かったりするようなら、付き合い始めたら束縛が激しくなるタイプかもしれません。
 

さいごに

 

好きな人には自分だけを見ていてほしい気持ちって、誰しもが持っているものですよね。ですが、強すぎると自分勝手な考えで相手の気持ちが見えなくなることもよくあります。
 
「いいかも」と思う男性がいたら、束縛マンに変身しないか、客観視してみるのも良いかもしれません。束縛が強めの男性を見極める参考にしていただければ何よりです。
 
(柚木深つばさ/yummy!編集部)
 
■あなたの彼は大丈夫? なかなか治らない「浮気症な男性」の特徴
■【実録】危険!束縛する彼氏の異常な行動
■要注意! デキすぎ豹変系彼氏の特徴3選

pickup!
ダメ男】の最新記事
  • 性格以外は完璧なのに…「エリート系クズ男」の実態4選
  • 深みにはまるとちょっと面倒臭い。メンタルが弱い「弱メンタル男子」の特徴と対処法!
  • 地雷男の可能性大⁉︎ 地雷男服装あるある
  • 勘違い男を好きにならないように。こんな男性には要注意!
  • まさか私の彼氏も!?ヤリ部屋をキープしている男性を見抜く3つの特徴
  • お前今更よくそんなこと言えるな? サイコパス元彼からの驚きのセリフ
  • 束縛マンを回避!付き合う前に知っておきたい、束縛する男性の特徴
  • 少しは反省したら!? 悔しすぎた「浮気男」のムカつく言動・4選