見た目は普通なのに、関わってみたら「あれ? もしかしてこの人ヤバくない……?」と怖くなってしまうことってありませんか?
 
うまく逃げられれば良いですが、ロックオンされてしまったがゆえに、イヤな思いをするケースもあります。
 
そこで今回は「女性が出会ったヤバい男性図鑑」についてご紹介します。
 

お金はあるのにやたらケチ

 

・「彼はお給料の高い職場に勤めていたのですが、かなりの節約家だった。カフェは高いからNG。コンビニの飲み物も『高いからダメ』という始末。安いカラオケや満喫を探し、そこでドリンクバーを注文するデートばかりでしたね。つまらなくて別れました」(27歳/経理)
 

何でもお母さん頼み

 

・「実家住みの元カレは、毎朝駅までお母さんに送り迎えしてもらっていた。それだけじゃなく、洋服からマンガ類、ボールペン1本だってお母さんが購入。私が元カレの誕生日にお財布をあげたら『まだおふくろが買ってくれたの使えるから』と拒否られたときは、もう付き合えないと思いました」(33歳/広告)

小さなウソばかりつく

 

・「『俺、芸能人と知り合いなんだよ』『アイドルの誰々っているじゃん? 俺、昔あの子と付き合っていたんだよね』など、しょうもないウソばかりつく男。周りも『アイツはヤバい』と言っていましたね」(30歳/IT)
 

セックスのためなら手段を選ばない

 

・「セックスするためなら女の子を酔わせ、グロッキーになっているところを狙う男。しかもそれを自慢げに話してきてマジで引いた。そこまでしたセックスの何が気持ち良いの?」(31歳/アパレル)
 

突然の逆ギレLINE

 

・「男性から『今度友達連れて行くから、そっちも誰か誘ってよ!』と言われた。『友達に聞いてみます』と保留にし、実際に独身女子を何人か誘ったのですが、都合が合わなかったんです。
 
それを男性に伝えると突然『なんで? 別に既婚者でもいいから声かけてよ』『マジで男舐めてんの?』と豹変。ヤバすぎるし怒られる意味がわからないので、そのままブロックしました」(32歳/BA)

人を蹴落とす発言が度々ある

 
・「お酒を飲むと自分より成績の良い同期のことを『でもあいつのやり方じゃ長く続かないよ』『女はどうせ体使ってるだけだろ!』と言いはじめる男。普段は良い人だからこそ、この二面性がヤバかった」(28歳/営業事務)
 

優しいけれど何もしない

 

・「私が付き合って一番ヤバいなと思ったのは、優しいけれど何もしてくれない男。『今日もかわいいね』と褒めてくれるし、『今度の休みはあそこへ行こうね』と言ってくれるのに、実際は行動してくれない。
 
それでも優しいから、ズルズル付き合い続けてしまったんですよね。彼がただの口だけ男だと気が付いたのは、つい最近のことです……」(29歳/一般事務)
 

さいごに

 

ヤバい男性は自分がヤバいことに気が付いていません。
そしてこの歳までヤバいままだったのですから、今後も改善することはないでしょう。
だからこそ「これはさすがにムリだ……」と思ったら、ヤバいことになる前に縁を切りましょう。
 
(和/ライター)
 
■モラハラ彼氏と付き合う友達。目を覚まさせるにはどうしたらいい?
■20代男性に聞いた「マッチングアプリ で出会ったヤバイ女性」5選
■ダメ男に引っかかって失う一番大きな資産は「友達」です!

ダメ男】の最新記事
  • 彼女をまるで所有物のように扱ってくる「支配欲の強い男性」の特徴
  • クソメンのヒント5選-こんな男はやめておけ!-
  • 全国一斉取り締まり!本当にいた「バカ彼氏事件簿」をご紹介
  • モラハラ注意報発令中!こんな男性には注意が必要
  • 自分は量産型のくせに他人のファッションチェックにうるさい男の特徴
  • 犬系男性を愛でていたつもりが、いつの間にか裏切られていた悲劇
  • 付き合って損した――時間の無駄過ぎるダメ恋エピソード
  • 気づけば全部「俺」の話。私の話を最後まで聞いてもらうには?