ストーカーは誰でも巻き込まれる可能性のある犯罪です。
今回は、元カレがストーカー化したときの対策について解説していきます。

ストーカーとは?


ストーカーとは特定の個人を執拗(しつよう)に付け回す人のことです。
つきまといや待ち伏せだけでなく、無言電話や脅迫(きょうはく)、中傷などをともなうこともあり、ストーカー規制法(※1)によって禁じられています。

元カレがストーカー化してしまったら①個人でできる対策


ストーカーは自分に非がなくても巻き込まれてしまう可能性のある犯罪です。
「元カレから監視されている気がする」など被害に合う恐れがある場合は、まずは個人でできる範囲で気を付けましょう。


個人でできるストーカー対策①戸締りをきちんとしよう


戸締りをきちんとしていないと、ストーカーはあなたが気が付かない間に侵入します。家の中を調べられるだけではなく、盗聴器をしかけたりする恐れもあるのです。さらに、あなたが家にいるときに侵入し、危害を加えられる恐れもありますので、戸締りは厳重に行いましょう。付き合っていた当時に合い鍵を渡している場合は、鍵を付け替えるか、引っ越ししましょう。

個人でできるストーカー対策②郵便受けは鍵付きに


ストーカーはあなた宛ての郵便物を無断で開封する可能性があります。郵便受けが誰でも開けられるようになっていませんか? その場合は鍵付きに変えた方がよいでしょう。

個人でできるストーカー対策③SNSはしない


FacebookやTwitterなどで「○○くんと遊んだ」「○○というレストランにきた」など、何気ない投稿をすることがあると思います。そういった行動から、行動パターンを把握され、ストーキングをしやすくなってしまう可能性があります。また、異性と遊んでいることが伝わり、ストーカーを逆上させてしまう恐れがあります。SNSで情報を漏らしすぎることは、危険を伴いますので、ストーカーされている可能性がある場合は、個人情報をネットにあげることは控えましょう。


元カレがストーカー化してしまったら②警察に相談しよう


危害が及ぶ可能性がある場合は、迷わず警察に相談しましょう。
現在、警察ではストーカー被害の拡大防止に力を入れています。

警察では、相談に乗ってくれるだけではなく、ストーカーへの警告や避難場所の提供、加害者の再発防止支援なども行っています。「まだ実害が出てないから警察は何も動いてくれないかもしれない」と思わずに、まずは相談してみましょう。

さいごに


ストーキングは犯罪です。警察による禁止命令に違反した場合、ストーカーは2年以下の懲役、または200万以下の罰金に処せられます。

「昔付き合っていた人だから」「私にも非があったのかもしれない」と警察に駆け込むことを躊躇(ちゅうちょ)することで、より大きな犯罪に巻き込まれてしまう可能性があります。できるだけ早い段階で警察に相談しましょう。

早めの相談が早期解決につながります。

※1 警視庁 ストーカー規制法
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kurashi/higai/dv/kiseho.html

今来 今/ライター

■衝撃!ストーカーの素質アリな血液型は●型男子!?
■今後10年で、あなたにとっての「要注意人物」って?
■※マジでキケン※別れた後にストーカー化する男性の特徴!

関連キーワード
ダメ男】の最新記事
  • 「別にいいけど?俺は知らないけど」気に食わないときに脅しをかけてくる、モラハラ気味彼氏の対処法
  • 全然いい人じゃない!「何かあったら相談乗るよ」が口癖なヤリモク男
  • 「どーせできないんだろ?」優位に立ちたがる男の性根のへし折り方
  • 全国一斉取り締まり!本当にいた「バカ彼氏事件簿」をご紹介
  • だめ男と付き合ってしまう女性の特徴
  • 男性の本音。彼氏が浮気する時に思っていること
  • 女性陣が「トラウマになった恋」と「それを克服した解決策」とは?
  • 付き合うのはダメ!彼女を大切にしない男性の特徴