女同士で恋バナをしていると「うちの彼氏って、ほんとダメンズで……」と、ドン引きしてしまう話をブチかましてくる女子っていませんか? 

 

図星でもしっかり受け止めよう!

 

そういう女に限って、友人の忠告は聞かずさらにダメンズにハマっていきます。
そこで、女子会でツッコミが殺到した「ダメンズ好き女の恋バナ」をご紹介します。

「それ、どこまでがネタ?」「まさか、ノロケじゃないよね?」など、ダメンズ好き女の恋バナは理解しがたいものばかりです。みなさんはこの話、まさか共感しませんよね?

●その1:自分は特別だと思っている女

「彼って、女にもお金にもルーズ。そのたびに別れようと思うんだけど、優しくされると『私と彼は特別だから今までとは違う。彼は変わってくれる』と思って許してしまうの。ちょっと危険な匂いのする男に弱いんだよね〜」(A子/27歳/販売員)

こんな夢見心地のA子を、女性陣は「『私なら変えられる』って、それはただのおごり」「ダメな彼を許してるアタシって感じで、自己陶酔しているだけじゃない?」「ダメンズと付き合っている自分も、ダメ女って自覚してる?」と一刀両断!

これを聞いてもA子は「みんなは彼の本当の姿を知らないだけ。私にしか彼を理解できないの。私は彼を信じてる!」と決意を新たにすることに。ダメンズループ脱出への道は、はるか遠いようです。

●その2:自称モテる女

「私って一般的に見たらモテるほうでしょ? いろんな男からアプローチされるんだけど、どこか冷めちゃって長続きしないのよね〜。自分から好きになった男には振り向いてもらえないから、どうしてもラクに付き合える男と付き合って、だから別れてを繰り返しちゃうのかな〜」(B子/30歳/事務)

とんでもない自惚れ発言をするB子に、ガツンと言ってあげたほうが身のためだと気合いを入れたB子の親友。「言い寄ってくる男に『妥協して付き合ってやっている』と思っているヒマがあるなら、自分が好きになった男性を振り向かす努力でもしたら?」「そもそも、それって本当に男にモテてるって言うのかな?」と厳しいツッコミを炸裂!

「険悪なムードになったらどうしよう」とオロオロする筆者をよそに、B子は「ちょっとヤダ! 妬ましいからそんなこと言っているの? 別れても次々と彼氏ができるってのが、イヤミに聞こえたかな?」と、さらに自惚れ発言が爆発! 「ごめん遊ばせ〜」とばかりに高笑いするB子に、誰もがため息をつきました。

●その3:彼氏にがんばって尽くす女

「彼が喜ぶから、いつも掃除や洗濯をがんばってやっているのよ。こんなに彼のためにやっているのに、最近はなんだか彼とうまくいってないの。これからはほどほどにして、駆け引きをしたほうが良いってことは分かっているんだけど……」(C子/34歳/美容部員)

延々と尽くしてるアピールを語るC子に、うっとうしくなった友人が「いやいや、恩着せがましく見返りを求めまくってるように聞こえるけど? それ、本当に彼氏がやってほしいことなの?」「尽くしまくるのも、駆け引きをすることも、結局自分が愛されたい、認められたいだけなんじゃないの?」と、ホンネで切り込む!

するとC子は、「こんなにがんばってるのに私が悪いって言うの?」と、涙しながら悲劇のヒロインに変身。この、“自分はこんなにやってるのに”が間違いだということに C子は気づかないようです。こりゃだめだ……。

●その4:自称ミュージシャンを支える女

「彼は私がいないとダメなひとだから、私のアパートで一緒に暮らすようになったの。彼、音楽活動してるから今は無職だけど、音楽で食べられるようになるまでは私が支えてあげたいのよ」(D子/34歳/商社)

安ドラマのようなこの話を聞いて呆れ果てた友人が、「その男、完全にヒモだよね? で、どんな音楽活動してるのよ? 彼氏、何歳なのよ?」「彼が好きというより、ミュージシャンを応援している自分が好きなんじゃない? 昔、バンドの追っかけしてたもんね」とグサリ!

するとD子は「夢がある男だから好きになったの! 私の夢は、彼の夢なの!」と大声で応戦。酔いが回っているからか、図星を言い当てられたからか、かなりヒートアップ。彼氏の年齢的にプロデビューは難しそうなので、D子の貯金が心配です。

ダメンズと付き合っている彼女たちは、なんとなく彼氏に違和感を感じながらも、必死にいいわけを探し自分さえも騙しているように見えます。

将来性のないダメ男を彼氏にしている暇なんてありません! 数年後に「このままでは結婚できない!」と気づいても、そのときは誰も相手にしてはくれない売れ残り女に。まさに待ったナシの状態なのです。

「わたしの彼って、ダメンズで〜」と言っている女性は、周りの意見に耳を傾けることが大切です。図星な意見は耳に痛いですが、ダメンズループから脱出するには大切な工程です。

まだ、「イイ男がいなくて彼氏ができない、どうしよう!」という女性のほうが、ダメンズループよりも一歩リードしていることを、肝に銘じましょう。

Written by Gow! Magazine編集部
Photo by rottnapples

ダメ男】の最新記事
  • 小さなサインを見逃すな! 結婚前に“マザコン男”を見抜く境界線5つ
  • 日テレ・辻岡義堂アナも!? モラハラ夫になりやすい男性の特徴
  • ダメ男に引っかかって失う一番大きな資産は「友達」です!
  • 無職、虚言癖…読者の意見で決定!本当のダメンズってこんな男!
  • ダメ男ばかり好きになる?それ【ストックホルム症候群】かも!
  • ダメ男はあなたが作っている!いますぐやめるべきこと
  • 今だから言える!彼をダメンズにした原因は私かも
  • 今だから言える!実はこんなダメンズとつきあってました
あなたへのおすすめ