ネガティブ男子、あなたの身の回りにもいませんか?
いつでもポジティブで機嫌がいい人なんていませんが、あまりにネガティブな言動が多すぎると、一緒にいてもうんざり。嫌な気分になってしまいますよね。
そこで今回は、そんなネガティブ男子に手を焼いている女性たちに、彼氏をネガティブ思考から脱却させる方法をご紹介したいと思います。
 

彼をネガティブ男子から脱却させる方法

 

ネガティブ思考の男子を前向きにさせるにはどうしたらいいのでしょうか? 
彼がネガティブ思考になり始めたら、ネガティブ彼氏をもつ女性たちのエピソードを参考にしてみてください。

その1:安易に悪口に同調しない

 

「仕事で嫌なことがあると、すぐに悪口を言うのが癖の彼。前までは、彼の話に合わせていた私ですが、あるとき私まで悪口を言っていたことに気づいてから彼に同調するのはやめました。本当に彼のことを思うなら、彼のダメなところを指摘してお互い成長していくことが大事だと思うから」(27歳/運輸)
 

その2:直球型の言い方を避ける

 

「私は、彼がネガティブ思考になっているときは、なるべく『なんでそんなこと言うの?』といった直球型の言い方を避けるようにしています。たとえば、仕事でミスして落ち込んでいるとき、彼は決まって『ああ、俺ってダメなやつだなあ……』と自分を責めるんですが、そんな状態でストレートな物言いをすると、余計に相手のネガティブ思考に拍車をかけるだけ。聞いていると、つい反論したくなっちゃいますが、そこは耐えることが大切です」(29歳/IT)
 

その3:ポジティブに言い返してみる

 

「私の彼は必要以上に深く考える癖があるので、ネガティブ思考に陥ったときは疑心暗鬼になりがち。なので、私はなるべく彼がポジティブに考えられるように、『そんなに深く考えなくても大丈夫だよ!』と、彼の肩の力を抜いてあげるようにしています。こう言っても考えることをやめない彼ですが、言ってあげるのとあげないのでは、だいぶ彼のネガティブオーラに差が出ているので(笑)」(31歳/アパレル)
 

その4:愚痴を最後まで聞いてあげる

 

「仕事の鬱憤が溜まっているときの彼は、私を聞き役にして1時間ほど愚痴を延々とこぼします。というのも、ネガティブになりがちな私の彼は、こうして誰かに愚痴を聞いてもらうだけでかなりスッキリするみたいなので。聞く側は、愚痴ばかり聞かされて嫌になると思いますが、お互いにこうした機会を設けるだけでも、追々ふたりの関係にも亀裂が生じなくていいかもしれません」(30歳/保険)

その5:彼のことをとにかく褒める

 

「彼は職場で嫌なことがあると、決まって私に不平不満を口にします。私が思うに彼は、愚痴を誰かに聞いてもらいたい、聞いたことで俺は間違っていないと肯定してほしい、といった感情があるんじゃないかな、と。特にプライドが高い彼のことなので、たとえば『大変だね』とか、『頑張っているんだね』といった言葉で彼の存在を認めてあげると、彼も不満が解消されて、愚痴をこぼすことも少なくなるような気がします」(28歳/金融)
 

その6:偉人の言葉を借りて諭す

 

「私がなにを言っても気分を変えようとしない彼ですが、そういうときは偉人の言葉を借りて諭してあげると、不思議とネガティブ思考から抜け出してくれます。とくに織田信長の言葉はかなり効くみたいで、おかげで私の本棚には“世界の偉人たちの名言集”といった自己啓発本が何十冊と並んでいる始末です……」(26歳/事務)
 

母親のような愛で彼を抱きしめてあげよう!

 

気が弱い、プライドが高い、わがままで自分勝手……そんな彼らは一度、ネガティブ思考に陥ると、あれやこれやと不安を抱え込んでしまいがちです。
 
そんなときは「ダメな男!」と片付けるのではなく、母親のような優しい気持ちで見守ってあげると、彼もおのずとネガティブ男子を卒業し、今よりもさらに頼りがいのある男に成長を遂げるのではないでしょうか。
 
(柚木深つばさ/ライター)
 
■彼の自尊心を爆上げする方法|エマちゃん
■うまく扱えば女性もラクになる!彼の自尊心を高める簡単な方法とは?
■「お互い成長できる彼氏」と「一緒にいると堕落する彼氏」の違いとは
 

ダメ男】の最新記事
  • 彼女をまるで所有物のように扱ってくる「支配欲の強い男性」の特徴
  • クソメンのヒント5選-こんな男はやめておけ!-
  • 全国一斉取り締まり!本当にいた「バカ彼氏事件簿」をご紹介
  • モラハラ注意報発令中!こんな男性には注意が必要
  • 自分は量産型のくせに他人のファッションチェックにうるさい男の特徴
  • 犬系男性を愛でていたつもりが、いつの間にか裏切られていた悲劇
  • 付き合って損した――時間の無駄過ぎるダメ恋エピソード
  • 気づけば全部「俺」の話。私の話を最後まで聞いてもらうには?